友達から「ありがとう」お礼メール・LINEの返信、素敵な返し方

スポンサーリンク

ちょっとした事だったのに、「本当にありがとう!」とあらためて感謝のメールをもらうと、

悪い気はしないのに、なんて返してよいかわからない・・・。

そんな経験ありませんか?

英語には「Thank you!」「You‘re  Welcome.」

のような定番のやりとりがありますし

 

日本語にも「どういたしまして」という言葉があるけれど、

 

実際のところ

「どういたしまして。」を使っている人は少ないのではないでしょうか。

 

「どういたしまして。」という言葉は、なんだか上から目線のような感覚があって、

私はLINEスタンプですらうまく使いこなせません。

 

どういたしまして」に代わる、なにか良い言い方はないでしょうか

 

さらに、「返信は不要だよ。」なんて書かれていると、ほんとに返信しなくてよいのかな、

既読スルーのように受け取られないかな、と不安になったりもしますよね。

 

友達からの感謝のメールやLINEがきたときに、

気の利いた素敵な返し方の文例を、いろいろとご紹介します。

 

スポンサーリンク

友達からお礼メール・LINEに返信の例文。気の利いた言い回し

日本人はよく、「いえいえ、とんでもない。」とか「恐縮です」などと、

謙遜した言い方をよく使用しますが、友達同士ではあまり使わない方が印象は良いです。

 

友達同士なら、もっとストレートでシンプルな気持ちのやり取りでじゅうぶんなはずです。

 

たとえば、ちょっと想像してみてください。

 

小さな子供がたどたどしい言葉づかいで、幼稚園の先生に、

「せんせー、ありがとう♡」 と言ってペコリと頭をさげます。

 

すると、先生はなんて返すと思いますか?

 

「わあ、〇〇ちゃんにありがとうって言われて、先生も嬉しい~♪どうもありがとう。」

幼稚園の先生たちは、たいていこんなふうに返しますよね。

 

これですよ、これ!!

あなたにありがとうって言われたから、私も嬉しい気持ちになったよ

 

友達とのやり取りでも

これをストレートに伝えたらいいんです。

 

こんな簡単なことなのに、大人になると、なんだか照れくさくて伝えられなくなりますよね、

人間って不思議です(笑)

 

この素直な気持ちをそのままLINEでも伝えてみましょう。

例文をご紹介しますね。

 

「お役にたてたようで、私もうれしいです。またいつでも言ってくださいね。」

力になれて嬉しいよ。困ったときはお互い様だから気にしないでね。」

「そうやって言ってもらえると私もまた頑張れるよ。こちらこそありがとう。」

「喜んでもらえて良かったです。返信不要って書いてあったけど、〇〇からの連絡が嬉しかったから、ついついお返事しちゃいました。」

 

気軽に冗談の言い合える仲であれば、

「この貸しは大きいよ!な~んてね。またいつでもどうぞ。」

などもよいでしょう。

 

ただ、メールやLINEはあなたの表情まで伝えられません

 

冗談めいたことを返す場合は、LINEスタンプを追加するなどして、あなたの気持ちが間違った

受け止められ方をしないようにフォローが大切ですね。

 

素直な気持ちをそのまま表現しただけなのに、なんだか気の利いた言い回しになったと思いませんか?

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

▼もし、友人から「お礼がしたい」と言われたら…こちらを参考にどうぞ。

「お礼がしたい」と言われたら【本心・社交辞令】を見極め返事しよう
ちょっと親切にしただけで、別にお礼や見返りを求めてないのに、 相手から丁寧なお手紙やメールが届いて「お礼がしたい」と言われて、困った経験ありませんか? 私は逆に、「お礼をさせてください」と申し出た経験があります。...

 

友達から、プレゼントのお礼メール・LINEが届いた。返信の例

では、誕生日プレゼントなどを贈った友達から

お礼のメールやLINEが届いたとき

どんなふうに返信するとよいでしょうか。

 

なにげない行動や親切心とはまた異なり、プレゼントとなると、相手のことを考えながら選んだりしますよね。

そのプレゼントを喜んでもらえると

お礼を言われたあなたも嬉しくなるのではないでしょうか。

 

そこで、このような返信はどうでしょう。

 

「気にいってもらえたみたいで、私も嬉しいです。すごくおススメだから、ぜひ使ってみてね。」

〇〇が以前これが欲しいって言っていたから選んでみました。気に入ってもらえたら嬉しいです。」

〇〇なら絶対これが似合うと思って選びました。ぜひ使ってみてください。」

「私も以前食べてみてすごく美味しかったから、スイーツ好きの〇〇ならきっと喜んでくれると思って選びました。また今度感想を聞かせてね。」

 

お礼のメールになんて返信しようか迷ったら、とりあえず贈り物についてのコメントを添えると良いですね。

 

なぜオススメなのか

どうしてそれを選んだのか

 

などを添えて返信することで

友達のことを思い選んだあなたの気持ちが、相手にもしっかりと伝わりますよ。

 

まとめ

お礼のメールやLINEが届いたときは、相手が友達でも「返信不要です」と書かれていても、

一言返信するのが好ましいです。

 

そのときは、素直な自分の気持ちを付け加えるだけで、ちょっと気の利いた言い回しにすることができます。

また、プレゼントに対するお礼のメールに返信する際も、選んだ贈り物についてのおススメポイントや選んだ理由などを添えて、返信すると好印象です。

 

単なる社交辞令とは異なる、素敵なお礼メールのやりとりになるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました