風鈴うるさいご近所にイライラMax!外してもらう戦略あれこれ!

スポンサーリンク

夏の暑さを少しでも和らげてくれる風鈴の音色は、

とても心地よく古くから日本人に愛されています。

 

私も風鈴が好きで、子供の頃は

母が夏になると家の軒下に吊るしてくれていました。

しかしこの風鈴ですが、

夏だけでなく一年中ずっと外さず付けていると

美しい音色も嫌気がさすときがありませんか?

 

特に家に一日中居る方や

静寂・無音を好む方にとっては、

騒音にもなりかねません。

 

風が吹くたびに鳴って、一日中イライラする。

 

でも、他人の家の風鈴だと

自分で外すわけにもいかないし…

 

悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、

他人の家の軒下で一年中鳴っている風鈴の騒音問題

イライラした時に風鈴を外してもらうための戦略

について記事にまとめます。

 

 

スポンサーリンク

風鈴が騒音だと気付かせる手紙!BAD文例・GOOD文例

 

騒音問題自体は

よくあるご近所トラブルですが

 

騒音を発生させている住人自身が

それに気がついていないケースがほとんどです

 

 

そのため、相手に

「これは騒音だよ」と気付かせる必要があります。

 

 

相手に苦情を伝える手段として

もっとも使えるのが、手紙です。

 

しかし一歩間違えれば更にトラブルになるため、

手紙の書き方はとても重要です。

 

そこで、風鈴が騒音だと気付いてもらうための

手紙の良い例と悪い例をご紹介します。

 

 

手紙の文例「うるさい風鈴を外してもらいたい」

 

風鈴を外してもらいたい場合の良い文例です。

名前は書かず匿名にします。

 

「○○様 申し訳ありませんが、

風鈴の音が深夜もずっと鳴っているため、祖母が眠れず悩んでおります。

家の外に吊るすことを控えて頂けないでしょうか?

お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。」

 

このように丁寧かつ謙虚な口調で

お願いすることをオススメします。

 

 

悪い手紙の例

 

悪い例としては

 

「風鈴の音がうるさくてとてもイライラします!

これ以上うるさい音が続けば警察に通報しますよ。」

といった威圧的な態度です。

 

相手の感情を逆なでするだけで、何も解決しません

 

 

あくまでもこちらはお願いする側ですから

低姿勢で手紙を丁寧に書くことでトラブル解決に繋がります。

 

この方法でお手紙を出されることをオススメします。

 

 

それでは次に、

風鈴がうるさく手紙を出しても解決しない場合、

最終手段として「警察を呼ぶ前に」気をつける手順をご紹介します。

 

 

風鈴うるさいから警察呼ぶ!?まずは手順を踏もう

 

騒音に悩まされ続けると

「警察に通報しよう!」と思考が飛躍しがちですが、

 

風鈴の騒音問題程度では、警察も動いてくれません

(110番は緊急かつ深刻な事態に対応する最終手段です)

 

そのため、警察に通報したくなるほど

深刻に悩まされているのでしたら

手順を踏んで解決を模索しましょう。

 

それが、隣近所や町内会などのコミュニティを使う方法です

 

 

例えば、自分が住んでいる町内会の回覧板や掲示板を使って、

騒音問題についてとりあげてもらい

風鈴も騒音になることを示してもらう方法です。

 

班長・自治会長などに相談することで

「じゃ、私からそれとなく伝えておくよ」

近所の顔見知りから直接言ってもらえるかもしれませんよね。

 

他には、騒音問題に対して対応してくれる

民間業者を手配するという方法もありますが

お金がかかる上に大事になるため、慎重に選ばれることをオススメします。

 

 

まとめ

 

風鈴は美しい音色ですが、

一度気になり始めると

神経質に感じてしまうこともありますよね。

 

特に一日中家に居る方や

無音の静寂が好きな方にとっては

悩ましい問題でもあるでしょう。

 

今回お話したように

風鈴を外してもらいたい場合は

まずは、手紙を相手に出すという方法がオススメです。

 

良い例文と悪い例文を参考にしながら

活用されることをオススメします。

 

最終手段として警察に相談するより

町内会や地域のコミュニティを活用して

段階を踏んで問題を解決していくこともオススメします。

 

ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました