餅がくっつかない!クッキングシートの使い方。オーブンやフライパン

スポンサーリンク

お正月はもちろん、そうでない時もお餅を食べることがありますよね。

お餅は日持ちしますから、買い物に行けなかったり、

炊飯器のスイッチを押し忘れたりしたときに便利です。

しかし、お餅を焼くとオーブンやフライパンにくっついてしまうのが困りもの。

くっついたお餅を洗い落とすのがとても大変なんですよね・・・。

 

実は、クッキングシートを使うとお餅がくっつかないのです!

 

オーブンやフライパンでお餅を焼く時に、

下にクッキングシートを敷いておくとお餅がくっつかないで焼けます。

 

ここでは、お餅がくっつかない方法と

クッキングシートでお餅を焼くときの注意点

について詳しく説明しますね。

 

スポンサーリンク

餅をオーブンレンジで焼く、クッキングシート使って大丈夫?トースターは?

 

クッキーやケーキ作りで使うクッキングシート。

表面がツルツルしていて、クッキーやケーキの生地がくっつかなくて、

キレイに剥がれる便利なアイテムです。

そのクッキングシートがお餅を焼く時にも便利です!

 

お餅をオーブンレンジで焼く時は、天板の上にクッキングシートを敷きます。

 

天板からクッキングシートがはみ出ていると、

燃える恐れがありますので注意が必要です。

 

その上にお餅をのせ、美味しいそうな焼き目が付くまで焼きましょう。

お餅が焦げるほど焼いてしまうと、クッキングシートに燃え移ることがあります。

調理中は目を離さないようにしてくださいね。

 

お餅をトースターで焼くのも、おすすめです。

しかし、トースターはオーブンレンジよりも火力が強く、

お餅が焦げやすいので気を付けましょう。

 

トースターの熱源に、クッキングシートが触れると燃えることがあります。

トースターでお餅を焼く時も、

必ず、天板の上にクッキングシートを敷くようにしましょう。

 

餅がくっつかない方法2選!電子レンジやフライパン、アルミホイル

お餅を簡単に柔らかくして美味しく食べたいですよね。

クッキングシートを使う方法以外で、お餅がくっつかない方法を紹介します。

 

電子レンジを使う

焼き目はつかないですが、あっという間にお餅が柔らかくなります。

くっつかないようにするコツは、お餅を水にくぐらせること!

お餅が濡れていると、お皿にくっつきません。

 

さらに、やわらかいお餅にしたい時は、

お餅を水に浸した状態で電子レンジで加熱しましょう。

柔らかくなったお餅にきなこをまぶしたり、磯辺巻きにしたりするだけで、

美味しく食べられます。

 

くっつかないアルミホイルを使う

トースターやフライパンでお餅を焼く時は、

くっつかないアルミホイルを使いましょう。

テフロン加工のフライパンなら、

油をひかなくてもお餅がくっつきにくくなりますが、

鉄やステンレス製のフライパンでお餅を焼く時は、

油をひかないと、お餅がくっついてしまいます。

 

実は、普通のアルミホイルを敷いても、お餅がくっついてしまうことがあります。

そこで、おすすめなのが「くっつかないアルミホイル」です。

 

最近では、100円ショップなどでもくっつかないアルミホイルが販売されており、

とても便利なアイテムです。

油を敷かなくても、お餅がくっつかないアルミホイルは、

クッキングシートよりも耐熱性が高いのも魅力です。

お餅を焼く時以外にも、ピザや焼きおにぎりを作る時にも重宝します。

 

まとめ

お餅がくっつかないように焼く時は、

クッキングシートを使うのがおすすめです。

ただし、オーブンレンジやトースターでお餅を焼く時は、

クッキングシートが熱源に触れないように気を付けましょう。

 

お餅がくっつかないようにするには、水に浸してレンジ加熱したり、

くっつかないアルミホイルを使って

オーブンやトースターで焼いたりする方法もあります。

お餅がくっつかない方法を知っておくと、

もっとお餅を気軽に調理できそうですね。

 

タイトルとURLをコピーしました