中高生の君へ!部活がテーマの作文【書き方・コツを伝授】しよう!

スポンサーリンク

中学生・高校生の時期には、

多くの人が部活に汗を流すことでしょう。

一生懸命に何かに取り組む姿勢は、素晴らしいです

 

私も、中学・高校と部活に一生懸命

時間を使った思い出があります。

 

部活は、大人になっても思い出す素敵なことですよね。

 

そこで、中高生で部活がテーマの作文を書く時には

書き方コツが分かっていると嬉しいですね。

 

今回は、

・部活の作文【題名選び】テーマが伝わる「キーワード」を探す!

・部活の作文【書き出し】が肝心!「メンバーとの会話」を入れよ!

についてご紹介いたします。 

 

 

スポンサーリンク

部活の作文【題名選び】テーマが伝わる「キーワード」を探す!

部活の作文として、

文章を書く時には大切なのはテーマです。

 

題名からテーマが伝わるキーワードを探してみましょう。

 

部活動が終わる時期の頃に書く作文ならば、

題名を「最後の大会」などとしがちです。

 

しかし、そうするとあまり話に

奥行きが感じられなくなります

 

ですので、題名を思い出

もっと感じられるようなものにしましょう。

 

その大会の内容だけを書くのではなくて、

その大会にかけた自分たちの熱い思いや練習などについて

起承転結で話に奥行きが出ますね。

 

このような文章ならば、だれが読んでも

部活動での努力が読んでとれる内容となること

間違いなしでしょう。

 

 

部活の作文【書き出し】が肝心!「メンバーとの会話」を入れよ!

作文を書く時には、書き出しが大切になります。

 

なぜならば、それは書き出しが

読む人を引き付ける、読む人の心を掴むものだからです。

 

例えば、部活のその場の雰囲気を

そこにいるかにように伝える会話

書き出しに入れると伝わりやすくなります。

 

会話があると、その時の状況がダイレクトに伝わるので

読み手を文章の中に引き込む効果もあるのです。

 

例えば、

 

「頑張ろうね」試合前にお互いに私たちは、励まし合いました。

 

このような、言葉で始まると

ああ、この人たちは協力してチームで試合をしているのだな

ということがすぐに分かりますね。

 

そして、試合の緊迫感も伝わってきそうですね。

 

会話から始まることで、

文章の中にも臨場感が出てきますよね。

 

作文では、やはり何か

インパクトのあることをすることが大切ですね。

 

確かに、私も学生の頃に会話から始まる作文を

いくつか書いた思い出があります。

 

言葉には、人を自分の文章の中に引き込む効果があるのですね。

 

ぜひ、使うことをお勧めしたいです。

 

そして、部活の試合であった練習風景を作文に書く場合には

そこでの会話を文章に取り入れてみましょう。

 

いつもの作文とは一味も二味も違った、

自分だけのオリジナルの素敵な作文になります

 

良い部活の思い出として、残り続けることでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、

・部活の作文【題名選び】テーマが伝わる「キーワード」を探す!

・部活の作文【書き出し】が肝心!「メンバーとの会話」を入れよ!

についてご紹介してきました。

 

部活の作文は、いざ作ろうと思うと

なかなかまとまりそうにないですね。

 

しかし、題名を大きなくくりで考えると

話の中にも奥行きのある作文が出来上がります。

 

人に読んでもらって、

楽しんでもらえる作文を目指したいですね。

 

その一つの方法として、

会話から始まる文章を書いてみましょう

 

そうすることで、作文の中に

読み手が入りやすい状況ができます。

 

読んでいる人も、自分の作文の中に引き込みましょう。

 

そして、読み手に自分の世界を楽しんでもらいましょう。

 

会話が少し入るだけで、

読み手も自分がその場にいたような気分になるので

とても分かりやすくなりますね。

 

このような文章の作り方で、

楽しく部活の文章を書いてみましょう。

 

私も、自分が学生の頃に書いた作文を思い出しました。

 

タイトルとURLをコピーしました