メルカリとジモティー【誘導・同時出品NG!】どっちを選べばいい?

スポンサーリンク

おうち時間が増加したことで、断捨離を始める方も増えてきています。自宅から出てきた不要品たちを売る時に便利なのがフリマアプリです。

利用者の多くて女性に人気のメルカリ
地元の方とのやり取りに特化したジモティー

どちらを利用したらいいのか迷いますよね。

メルカリ ジモティー 誘導

 

メルカリのメリットは、利用者が多く手軽に使えて売れやすい、名前や住所を知らせなくていい匿名配送を使える安心感があるところ。
ジモティーのメリットは、手数料なしで取引できるお得さ、地元の方と直接取引するため送料・配送の心配がいらないことなど。

 

ここで注意です。

メルカリでは同時出品外部サイトに誘導する行為は禁止されています。

 

たとえば、

メルカリとジモティーで同時期に同じ商品を出品したり、
メルカリで集客して→ジモティーに誘導するのはNGです。

もし、そのような行為が確認された場合は、利用制限・ペナルティなどの措置を受けることとなります。

▼くわしくはこちら。

メルカリで直接取引バレる?ペナルティ 手渡しOK/現金・外部決済NG
メルカリで非常にわかりにくい、そして誤解を招くのが【直接取引】というワードです。 メルカリのユーザーさんの中には 直接商品を手渡しする=【直接取引】 という意味で使っている方もいるかもしれませんが、 正確には...

しっかりとルールを守って利用しましょう。

 

では、メルカリとジモティーは
どちらを利用した方が良いのでしょう。どう使い分けたら良いでしょう。

売りたい品物によって、取引の流れによって
メルカリ、ジモティーどちらがいいか異なってくるので、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

メルカリとジモティーの違い。直接取引・手数料・匿名配送・事務局

メルカリ ジモティー 誘導

メルカリとジモティーの違いはいくつかあるので、それぞれ見ていきましょう。

メルカリ

匿名配送が可能

・利用者が多い

・事務局を介して取引できる

・手数料10%

メルカリはアプリを使用して取引をおこない、購入者に商品を送るという仕組みです。お互いの住所などを開示することなく、やり取りができる匿名配送などもあります。

出品者と購入者の間に事務局が入ってくれるので、トラブルになった時など事務局を介して対応してもらうことができます。

その関係もあり、販売手数料が10%かかってしまうという点もあります。

千円で売れたら100円がメルカリに支払われます。10%は結構大きいですよね。

 

ジモティー

・地元の方と直接取引

0円出品で「あげます、譲ります」の取引

・配送の心配なし

・手数料なし

・物以外の広告の掲載も可能

 

ジモティーの場合は、地元の掲示板ということで自分と近い地域の方と直接取引をするということになります。

ですので、メルカリのように配送の手間などはなく、物を直接引き取りに来てもらうことになります。

大型家具や梱包が難しい家電などは、手間なく引き渡すことができます。

しかし、出品者と購入者が直接やり取りをおこなうことから、トラブルにならないかの不安要素もあります。

メルカリとジモティーどっちがいい?大型家具や難あり→ジモティー

メルカリ ジモティー 誘導

出品する物によって、メルカリかジモティーどっちがいいのかを判断するようにしましょう。

例えば、

簡単に梱包できる小物やブランド品など売れやすい物→メルカリ
大型家具や傷、汚れなどが気になる物→ジモティー

判断基準を設定すると迷うことなく出品することができます。

 

大型家具ってそもそも運ぶのも大変ですし、どのように配送したらいいのか悩みますよね。

わが家にも使わなくなったベッドがあるのですが、売るのも捨てるのも大変だと思い、放置したままになっています。

大型家具は、直接引き取りに来てもらえるジモティーの方がおすすめです。

また、ジモティーでは無料で譲ることもできます。

少々難ありの商品でも「無料ならほしい」という人もいるので引き取ってもらえる可能性が高くなります。

 

手軽に取引がしたくて相手に住所などを知られたくないという方は、匿名配送ができるメルカリの方が良いですし、手数料なしがいいという方であればジモティーということになります。

どの部分に重点を置くかでどちらがいいかも変わってくるので、参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メルカリとジモティーそれぞれ、メリットやデメリットもありますが、自分が出品するものによって使い分けると良いということがわかりました。

大型家具など配送が難しい物などは、ジモティーを利用して直接引き取ってもらった方がよさそうですね。

直接、取引をするのが心配な方はトラブルを避けるためにもメルカリを利用した方が良いでしょう。

最適な方法で不要品を上手に処分してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました