メルカリ普通郵便の危険性 住所バレる・遅配・汚損 万一届かない時

スポンサーリンク

当たり前のように、らくらくメルカリ便に慣れていたりすると、普通郵便で発送される商品に

一瞬身構えてしまうことはありませんか?

大丈夫だとは思うけれど、出品者に住所を知られてしまう不安や、もし万が一商品が届かなかったらどうしよう・・・。商品がもし壊れていたりしたらどうしたらいいのだろう・・・。

いろいろと心配になってきました。

メルカリを普通郵便で出品したり受け取ったりする場合に

注意しなければいけない点や、トラブルへの対処方法などをまとめてみました。

 

まず、メルカリを普通郵便で送る場合は、出品者は送り先住所・氏名などを書く必要があります。よって、購入者の住所は出品者に知られてしまうことになりますよね。

基本的に、取引終了とともに閲覧することはできなくなりますので、いつまでも自分の住所が公開されてしまう、ということはありません。

 

反対に、出品者の住所も購入者に知られてしまいます。

メルカリのルールとして、普通郵便を利用する際は、

送り主である出品者の住所・氏名もきちんと本名で記載すること、と規定しています。

 

また、配達が遅くなったり、商品が汚れたり破損してしまった場合も、

メルカリ便に設定していない場合はメルカリで対応することはできません。

万一のときの補償がありませんので、高額な商品などは普通郵便で送らないのが基本です。

万が一商品が郵送中に紛失していまっても、

メルカリ事務局としてもメルカリの手を離れたものはサポートすることができないのです。

 

 

スポンサーリンク

メルカリ普通郵便は住所バレるが基本問題なし。嫌なら「匿名配送」メルカリ便

メルカリでの取引の方法として、普通郵便は認められています。

カードやステッカーなど薄くて小さなものを送る場合に、送料が安くて全国一律なのが

最大のメリットですよね。

 

しかし、出品者の住所も購入者の住所もお互いにバレてしまうという点ではトラブルの原因になることがあります。

自分の身元を隠しておきたい場合は、必ずメルカリ便の「匿名配送」の設定を行いましょう。

もし、あなたが購入者で、買いたい商品がメルカリ便に設定されていない場合は、

コメント欄をつかって出品者に、メルカリ便に変更してもらえないかどうかを

事前に交渉することをオススメします。

購入後では匿名配送に変更することはできないのでご注意くださいね。

 

普通郵便で商品を送る際に気を付けたいのは、次の2点です。

  • 自分の氏名・住所をきちんと明記すること

虚偽の住所やニックネーム、無記名であると、万が一送り先住所に不備があって郵便が届けられなかった場合に、送り主に戻すこともできないからです。

商品受け取り後に悪い評価をつけられる可能性もありますので、正しい住所・氏名を記入しましょう。

 

  • せめて簡易書留にしておくこと。

メルカリ便にしない場合は、書留にして郵便局が追跡できるようにしておくと、

万が一の場合も安心です。

 

 

一番安全なのは、メルカリ便にすることですよね。

日本郵便で匿名配送に設定したい場合は、「ゆうゆうメルカリ便」を選びます。

大きさや重さによって、ゆうパックとゆうパケットの二種類が選べます。

依頼主である出品者の住所も暗号化されて都道府県しかわからないように印字されているので安心ですね。

また、商品が壊れたり紛失した場合、メルカリが補償してくれるので、高額な商品やブランド物などは、必ずメルカリ便にしておくことをおススメします。

 

ゆうゆうメルカリ便のサイズや重さ、料金などを調べたいときは、こちらをご参照ください。

https://www.mercari.com/jp/yuyu-mercari/

 

 

メルカリで普通郵便 万一届かない時は?出品者から日本郵便へ調査依頼

では、普通郵便で発送したメルカリの商品が届かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

メルカリ便の場合、発送してから5日たっても荷物が届かない場合、メルカリ事務局に連絡をすると対応してくれます。

しかし、普通郵便の場合はメルカリに連絡しても対応することができません。

いつまで待っても商品が届かない、というときは取引メッセージを使って出品者に連絡をいれましょう。

出品者は、日本郵便に連絡をして郵便物が現在どこにあるか調査を依頼することになります。

書留にしていない普通郵便は簡単に追跡することができないからです。

その際の手順をご紹介します。(書留にしていない場合です)

 

  • 日本郵便のホームページの「郵便物等が届かないなどの調査のお申し出」ページを開く。

https://yubin-chousa.jpi.post.japanpost.jp/omoushide/top.do

  • 調査に関する内容入力に差出人や受取人の情報を入力する。
  • 入力後に送られてくる調査受付番号とパスワードをメモする
  • 購入者に受付番号とパスワードを伝える。
  • 取引メッセージでやりとりしながら、郵便局の調査結果を待つ。

 

これでもし郵便物が見つかれば、きちんと購入者に配達されるのを待ちます。

もし紛失が確定した場合は、取引メッセージ内で出品者と購入者が相談し、場合によっては取引キャンセルの手続きをする。

この際、メルカリでは何も補償することはできません。

 

メルカリガイドにも、メルカリ便以外の配送方法でのトラブル対処方法が掲載されています。

参考にされてください。

https://www.mercari.com/jp/help_center/article/751/

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

普通郵便で配送トラブルが起きたときの対処が非常に面倒くさいことがわかりました。

最悪のケースで、その郵便物が紛失してしまった場合は誰からも補償してもらえません。

これが「ゆうゆうメルカリ便」だったら、

支払い方法に応じて購入者に代金が返金され、出品者も販売手数料が発生しないことになっています。

 

メルカリのシステムは、出品者も購入者も安全に、気持ちよく取引をするための素晴らしいシステムだということが非常によくわかります。

安全に安心して取引するためにメルカリ便の匿名配送は、なくてはならない存在ですね。

タイトルとURLをコピーしました