陰口を言う人に仕返ししたい!スッキリ仕返しアイディア3選

スポンサーリンク

口を開けば人の陰口ばかり言う人、というのはどこへ行っても一定数いるものです。

そんなの放っておけばいい、関わらなければいい。

わかってはいるものの、自分のいないところであれこれ言われるのは気分が悪いですよね。

 

ここでは、いつも陰口を叩く人の深層心理や、なぜあなたが陰口を言われるのか

それから悪口を言い続ける人に起きる結果などをお話します。

 

そして、それらをもとに、あなたがスッキリする適切な仕返しの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

嫌がらせする人の末路・・・悪口を言う人に100%起きる因果応報

一世を風靡したドラマ「半沢直樹」シリーズの名ゼリフ、覚えていますか?

「やられたらやり返す。倍返しだ!!」でしたよね。

 

これ、心理学では返報性の法則といいます。

人間は、親切にされると、された相手に同じように親切にしてあげたくなります。

反対に、嫌がらせをされるとされた相手に同じように嫌な思いをさせたくなってしまうのです。

好意にも悪意にもおなじように「返報性の法則」が成り立ちます。

 

ですから、

いつも人の嫌がらせをする人は必ず自分に返ってきます

 

それは、された相手から返ってくるとは限りません。

いつも悪口を言っている人、というのは、悪口の相手だけでなく、周囲の人にも不快な思いをさせていますから、自然と人が離れていきます。

 

「Aさんっていつも人の悪口言っているからあまり関わりたくないな。」

「Aさんって、BさんがいないとBさんの悪口を言うし、CさんがいないとCさんの悪口を言ってる。きっと私がいないところでは私の悪口も言ってるんだろうな。」

と、周囲の信頼をどんどん失っていきます。

 

結果的に、孤立してしまい誰にも助けてもらえなくなる、というわけです。

 

さらに

いつも悪口を言っている人はどんどんストレスがたまっていきます。

 

悪口を言い合っているときは、なんとなく高揚して楽しい気持ちになるものです。

実際に快感ホルモンである「ドーパミン」が分泌されていることが科学的にわかっています。

 

しかし一度悪口を言って「ドーパミン」で快感を得られると、さらにもっと大きな刺激を求めるようになります。

一種の依存のような状態になってしまうと、

こんどは大量のストレスホルモンである「コルチゾール」が分泌されることが、最近の研究からわかってきました。

 

最初は楽しいはずの悪口。

しかし、言えば言うほどストレスホルモンどんどんたまっていくことがわかったのです

これでは、幸せになれるはずありませんよね。

 

陰口を言われたら、あなたの勝ち!

例えばあなたの知人のAさんが、あなたの陰口をたたいていた場合、

Aさんはあなたのことを本当はどのように思っているのでしょうか。

価値観が合わないなとか、鼻につく相手だななどと思っているかもしれません。

 

しかし、その深層心理は複雑で興味深いものなのです。

Aさんは本当は次の①~④のような気持ちを持っているのです。

 

①あなたの方が優れていると認めざるを得ない。

②でも、あなたに負けたくない

③あなたに認められたい。みんなにも認められたい

④本当は好かれたい嫌われたくない

 

Aさんは、人一倍劣等感不安が強く自分に自信がもてません

(=自己肯定感が低い という心理学用語で表すことがあります)

そこで、①~④のような自分の弱さを必死で隠そうとします。

なんとか自分の劣等感を払拭しようとするのですが、残念ながらその手段を持ち合わせていないのです。

 

そこで、あなたを自分より下におとしめることで自分を優位にあげようとします。

これは、精神的に自分を守ろうとする防衛本能から起こるものなんですね。

 

さらに、あなたをおとしめる、という目的を他の人にも共有させることで、Aさんは自分の味方を作ろうとします。

つまり、陰口が、自分の仲間をつくるコミュニケーション手段と化してしまうのです。

 

反対に、自己肯定感の強い人というのは、自分自身を評価できるので、劣等感にさいなまれることがありません。

ですから、価値観のちがう相手の存在や意見を尊重できたり、主体的に行動することができるのです。

 

Aさんは最初から、あなたにかなわないということを認めているから陰口をたたくのです。

簡単にいうと、「嫉妬」や「ひがみ」です。

でもAさんは、陰口をたたくことでしか、それらに立ち向かう手段を知らないのです。

もう、最初から勝負はついているのですから、あなたが応戦する必要なんてありませんよね。

 

悪口に仕返ししたい…大人の3つの切り返し!

 

もし、それでもなにか仕返しをしてスッキリしたい!!と思う場合は、

次の3つをおススメします。

 

  • 「わたしの言動になにか問題があったなら、直接わたしに指摘してね。」と直接言う。

あなたにはっきりとした問題があるなら、Aさんは直接あなたに言えるはずです。

でも実際はそうではなくてAさんの気持ちの問題なので、直接言わずに陰口を言っているだけなのです。

それをAさんに、わからせてあげる一言です。

Aさんは十中八九言い返せないでしょう。

 

  • まるで気にしていないように、笑顔で親切に接する。

Aさんはあなたにダメージを与えるために陰口を言っているので、

「そんな攻撃、ちっとも効いていませんよ。そんなのやっても無駄ですよ」

ということを気づかせてあげましょう。

 

  • 「見返してやる」という気持ちで、自分は自分でもっと幸せになる。

「仕返し」というと、ネガティブなイメージがありますが、「見返す」というとポジティブなイメージがありませんか?

そうです、見返してあげればいいのです。

 

Aさんを見返す一番の方法は、あなたがもっとキラキラと輝いて幸せになることです。

 

まとめ

SNSの発達で、誹謗中傷など人の悪口が目にみえやすくなった、と感じますが、

そんなのず~っと大昔からあります。

「ねたみ」「そねみ」は、人間なら誰しも持っている感情だからです。

 

大事なのは、それらの感情をどのように「消化」していくか、のようですね。

あなたのまわりに、それを上手に消化できなくて、あなたの悪口ばかり言う人がいたら、

仕返しするのではなくて、あなたがもっと幸せになって、見返してあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました