ネックレス錆びない素材を紹介!コスパ重視ならステンレス製おすすめ!

スポンサーリンク

ネックレスは、女性のファッションには

欠かせないものですね。

 

しかし、使っているうちに錆びてくるというのが悩みだ

という方も多いのではないでしょうか。

そこで、コスパが重視の場合には、

ステンレス製のネックレスがオススメです。

 

ステンレス製の中でも

サージカルステンレスと呼ばれる素材は、

医療用としても使われています。

 

こちらは、金属アレルギーの人でも使える素材で、

手頃な値段のため、若い女性の間でも人気になっています。

 

▼サージカルステンレスについてくわしくはこちらでもお話ししています。

ステンレスネックレスお風呂や海・温泉で錆びないって本当?注意点は?
ステンレスネックレスは、 錆にも強く黒ずみしづらい お手入れが楽ちんなネックレスですよね。 その上、値段もお手頃で日常使いにピッタリ! そこで今回は、 ステンレスネックレスはなぜ錆びないのか? ...

 

ステンレスの製品は、

鉄に他の金属(ニッケルやクロム)を混ぜて作られている合金鋼という金属です。

 

性質上、錆びないのがこちらの特徴です。

 

私も、ネックレスをいくつか持っていますが、

やはり使わないと錆びてしまったりするので、

手入れのいらないアクセサリーは大変便利です。

 

そこで、今回は

ネックレスをつけっぱなしにできる素材・おすすめブランドは?

ステンレスとシルバーのネックレスの比較・お手入れの違い

についてお話しします!

 

スポンサーリンク

つけっぱなしにできるネックレスの種類、ブランドは?

 

つけっぱなしにできるネックレスは、

調べてみると、楽天でいくつか紹介されています。

 

ペアネックレス つけっぱなし カップル ツイストリング

というものがありました。

 

NAISSANCEというブランドのもののようです。

 

22000円で、値段もなかなかしますが、

シルバーの925という素材で紹介されています。

 

こちらは、ペアで仲良くいつまでもつけられそうですよね。

 

つけっぱなしにできていると、

いつも身に着けられるのでうれしいですよね。

 

また、楽天で紹介されている他のものでも、

金属アレルギーの人も安心できる商品があります。

 

サ―ジカルステンレス製ネックレスチェーンです。

 

楽天でも人気の商品のようですね。

 

 

シルバーとステンレスのネックレスを比較!「黒ずみ出しにくい・手入れ薬」

シルバーのネックレスが黒ずむ原因は、

人体の脂や、空気中に微妙に含まれる硫化水素だといわれています。

 

シルバーの成分と反応した硫化水素が

黒くなった薄い膜になり、表面を覆っています。

 

こちらのことを、硫化と言います。

 

腐食していないので、

ちゃんとお手入れをすると元の輝きを取り戻せます

 

ステンレス製のものは、錆びたり、黒ずみもしにくいので、

気にすることはないようです。

 

シルバーのネックレスの場合には、

重曹アルミホイルを使った方法で

黒ずみを落としていきましょう。

 

まずは、耐熱皿などにアルミホイルを敷きましょう。

 

その中に、錆びてしまったアクセサリーを入れましょう。

 

その上に重曹を小さじ1入れた後、熱湯を入れます。

 

5分ほどつけておきましょう。

 

黒ずみは、すっきりきれいに落ちます。

 

この方法で、きちんと黒ずみを落としておくことが大切ですね。

 

我が家では、シルバーのネックレスを持っているので、

気になる場合には、ぜひこの方法で

黒ずみを落としたいと思います。

 

大切なネックレスですから、

大事に扱っていきたいものですよね。

 

 

まとめ

 

今回は、「ネックレス 錆びない 素材」について考えてみました。

 

ネックレスは、おしゃれとして

身に着ける方が多いようですね。

 

私も、ファッションのアクセントに使うことが多いです。

 

今のところは、使っていて大きなトラブルはありません。

 

しかし、これから使っていて

何かトラブルがあった場合には。

今回調べて分かったことをぜひ試してみたいなと思いました。

 

特に、ステンレスネックレスは、

医療用にも使われていて、金属アレルギー対応でもある

ということは、初めて知りました。

 

アレルギーがあってもネックレスをしたい

という気持ちは、大切ですね。

 

金属アレルギーを持っていても、

いつでも身に着けていられるネックレス

見つけることができて、大変関心を持ちました。

 

また、黒ずんだ場合にはどのように対処するのか

ということも、調べる中で対処法が分かりました。

 

私も、もしもの時にはそのネックレスに

最も良い方法で対処していきたいなと思います。

 

思い出も詰まっているアクセサリーを

大切に扱っていきたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました