ステンレスネックレスお風呂や海・温泉で錆びないって本当?注意点は?

スポンサーリンク

ステンレスネックレスは、

錆にも強く黒ずみしづらい

お手入れが楽ちんなネックレスですよね。

 

その上、値段もお手頃で日常使いにピッタリ!

ステンレス,ネックレス,お風呂

そこで今回は、

ステンレスネックレスはなぜ錆びないのか?

ステンレスネックレスをつけっぱなしにするときの注意点

海水・温泉・お風呂でステンレスを身につけても大丈夫か?

お手入れのコツについてお話します。

スポンサーリンク

ステンレスネックレスが錆びない理由とは?長持ちさせるならコレ!

ステンレスネックレスは、

  • ニッケル
  • クロムなど

金属を混ぜた素材です。

 

鉄だけだとスグに錆びますが

金属を混合することで(合金)

水や汗に強いネックレスができます。

 

これが、ステンレスネックレスが錆びにくい理由です。

 

お手頃な価格で購入する事もでき

金属アレルギーの方でもつけられる素材のため

若い女性に人気があります。

 

ただし、絶対に錆びないと言う訳ではありませんのでご注意を!

 

特に、安物のステンレスネックレスは、傷・変色・錆びやすいです。

 

次に、ステンレスネックレスを

長持ちさせるお手入れのコツ

海・温泉・お風呂でステンレスは錆びる?

についてお話します。

ステンレスネックレスのお手入れ2つのポイント!

ステンレス製ネックレスの、お手入れのポイントは2つあります。

メガネ拭き・お手入れクロスで磨く

1つ目は、指輪などで使用する

やわらかい素材の布(クロス)で磨くことです。

定期的に磨くことで「くすみ」が取れ、輝きを維持できます。

手洗い・お風呂に入った後は、水滴を拭き取る

2つ目は、水に濡れたらしっかりと拭くことです。

錆びづらいとはいえ、金属は水には弱いのです。

 

マメに水滴を拭きとることで、アクセサリーの輝きも増しますよ!

温泉・海水は「サージカルステンレス」がオススメ!

また、海水浴や温泉に行くときは

錆・変色に注意が必要です。

 

ステンレスは塩分に弱い性質があるため

使用後は、真水でよくキレイに洗いましょう。

 

また、海水や温泉に強いネックレスとしては

サージカルステンレス製のネックレスがオススメです。

 

サージカルステンレスとは

医療用のメス・ハサミにも使われる金属で

金やシルバー、一般のステンレスと比べても、

非常に硬く丈夫で錆びづらい素材なのです。

 

ゴールドやプラチナも

海水(塩分)や温泉の成分には強いですが

万一、失くしてしまったらと思うと

高価なアクセサリーつけていくのは躊躇しますよね。

 

その点、サージカルステンレスなら

価格も安いので安心して身につけられます。

 

それでは最後に、

ステンレスネックレスをつけっぱなし

にするときの注意点についてお話しします。

 

ステンレスネックレスつけっぱなしでも錆びにくいが「汗」に注意

ステンレスネックレスで

1番注意する事は「汗」です。

 

汗には塩分も含まれているため、

ネックレスをつけっぱなしで

そのまま放置しておくと錆びてしまいます。

 

先ほどもお話したように

ステンレスは、塩分に弱い素材のため

汗には注意が必要です。

 

汗や海水で塩分が

ネックレスに付いてしまった場合は放置せず

前述でお伝えしたように、

しっかりとネックレスのお手入れをしましょう。

 

▼こちらも合わせてどうぞ!

ネックレス錆びない素材を紹介!コスパ重視ならステンレス製おすすめ!
ネックレスは、女性のファッションには 欠かせないものですね。 しかし、使っているうちに錆びてくるというのが悩みだ という方も多いのではないでしょうか。 そこで、コスパが重視の場合には、 ステンレ...

 

まとめ

ネックレスには、シルバーやゴールド、ステンレスやプラチナなど色々な種類がありますよね。

 

それぞれの素材には特徴があり、価格も安い物から高いものまであります。私も10代の頃からネックレスを自分のバイト代から出して購入していました。

 

しかし、安い物はすぐに水や汗で錆びてしまい、黒ずみがひどくなって輝きも無くなり何度も失敗した経験があります。

 

そこで汗や水に強く、しかも安く購入する事が出来るネックレスの素材はないか調べたところ、ステンレスネックレスにたどり着きました。

 

しかし絶対に錆びないというわけではありません。

しっかりお手入れして長持ちさせることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました