【3人目を諦める年齢】3人目出産年齢の平均と3人目で後悔の声

スポンサーリンク
AD

子供が生まれると、

兄弟姉妹もいたら楽しいよねと、

2人目も望むママも多いでしょう。

そして、さらに忙しくても、

3人目も欲しいママもいますよね。

 

しかし、気になるのがママ自身の年齢です。

一般的に年齢が上がるにつれて、

妊娠できる確率が下がると言われています。

3人目を諦める年齢って、

一体、何歳ぐらいなのでしょうか?

 

出産を諦める年齢は個人差があります。

統計によると、37歳から妊娠確率が下がりますが、

40代でも出産している人も多くいます。

 

出産だけなら40代でも不可能ではありませんが、

家族のライフプランを見極め判断するのがおすすめです。

 

40歳で3人目【後悔した理由】はこちらをどうぞ。

40歳で3人目【後悔した理由4選】3人目産めば良かったの声も
40歳はまだまだ子供を産める年齢です。 しかし、さすがに3人目を産むのはキツイでしょうか。 40歳で3人目を産んで後悔する理由としては、 体力面 経済面 年齢差 仕事 が挙げられます。 そこで今回は、 40歳で3人目を産んで後悔した理由やリ...

 

ここでは、3人目を出産について詳しく説明します。

3人目の子供を望んでいる人は

参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

3人目の出産年齢の平均は?30代で3人目出産が約7割

最近の統計によると、

第1子の出産年齢の平均は30.9歳です。

そして、30代で3人目を出産する人が

約7割います。

 

30代で数年おきに出産する人が多いようですね。

年齢の近い3人兄弟はさぞかし可愛いでしょう。

子育ては大変になりそうですが、

若い30代のうちにやりきりたいママも

多いのではないでしょうか。

 

日本産科婦人科学会では

35歳以上の出産を高齢出産としています。

第3子はどうしてもリスクが高まる出産になるのが現状です

 

高齢出産のリスクには、

ダウン症などの障害児が生まれたり、

流産したりすることがあります。

確率は低いものの、覚悟を持つことが大切です。

 

最近では出生前診断という選択肢もあるため、

胎児の異常を出産前に知る方法もあります。

気持ちを整理したり、リスクに備えたりするのに、

有効活用できそうですね。

 

また、妊娠中も糖尿病や高血圧になりやすく、

前置胎盤による帝王切開での出産になることも多いです。

 

体力・気力・経済力に合わせて、

周囲のサポートもフル活用して、

3人目の出産に望むのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

3 人目「産まなきゃよかった・産んで良かった」子育て中ママや子育て終えた女性の声まとめ

3人目の出産には1人目・2人目とは違う、

並々ならぬ覚悟が必要になりそうです。

 

ここからは、実際に3人目を出産して

現在子育て中のママの声を紹介します。

既に3人の子育てを終えたママの声も

紹介していきましょう。

 

〇現在3兄弟の子育て中のママ

3人目の出産は不安が大きかったけれど、

いざ生まれてみると、

思いがけないメリットがたくさんありました

上の子たちは小さくても、

自分に弟や妹ができたのがうれしくて、

とてもかわいがってくれます。

上の子たちが大きくなると、

家事の手伝いもしてくれて、

高齢での子育てで体力も衰え気味だったので、

ものすごく助かっています。

 

〇3人の子育てを終えたママ

結婚当初から子供は3人と考えていたので、

前々から貯蓄をしっかりとしておきました。

子供が少なければ

ママ自身が働きながら子育てもできますが、

3人の子供となると他人に預けると、

保育料などの費用がかさみます。

うちの場合は、自分が働かないで家で子育てしたほうが

ローコストでした

自分の仕事が続けられないのは残念でしたが、

3人の子供に恵まれたことは感謝しかありません。

子供たちの受験や進学の時期が重なると、

まとまったお金が必要なるので、

貯蓄があって本当に助かりました。

 

まとめ

3人目を生みたいけれど、心配な気持ちもありますよね。

よく家族や周囲と相談し、計画することが大切です。

3人目を30代のうちに出産する人は多く、

35歳以上の高齢出産でリスクも高まります。

しっかりと情報を集め、

自分の人生ですから後悔することないよう、

よく検討してみましょう。

あなたの覚悟が決まれば、周囲のサポートもあるはずです

3兄弟を子育てする夢に向けてチャレンジしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました