盲点!出産退院時の【自分の服】は?体型どうなる?オシャレ必要?

スポンサーリンク

赤ちゃんを出産する際、

退院の時には赤ちゃんにどんな服装を着せようかな

という思いばかりありますね。

しかし、一緒に退院する自分の服

用意しないといけないことを忘れがち!

 

私も、出産経験がありますので分かりますが、

 

ママの体型は

入院する前と退院する時で

だいぶ変わっています…特に『お腹』(恐)

 

でも、出産ビフォー・アフター体型には

『個人差』もあります。

 

基本的には、妊娠時に着ていた

マタニティ服でOKですよ。

 

私の場合には、退院時は

上の洋服(トップス)には

授乳服を用意しました。

 

下(ボトムス)は、

まだ産後だったので

マタニティーのズボン

ウエストを調節できるものを用意しました。

 

出産後も、お腹は産後で

子宮が戻り切っていないので

ゆったりした洋服の方がお勧めです。

 

体も、ゆっくりと休めてあげたいところ。

 

ピタッとしたパンツなどは、

避けた方がよいでしょう。

 

そこで今日は、

出産退院する時、ママも『おめかしコーデ』する?

赤ちゃんとママの服装ポイント【春夏・秋冬編】

についてお伝えします!

スポンサーリンク

出産後退院する時、ママも『おめかしコーデ』する?

オシャレの面は、どうでしょう?

 

赤ちゃんにベビードレスなど着せて

ママもおそろいで

おめかしコーデ』する方もいますよね。

 

私自身は、赤ちゃんで手一杯で

考える余裕はありませんでした。

 

長男の時には、9月だったので、

授乳服の上に自分のお気に入りの

グリーンのカーディガンを羽織って

退院したのを覚えています。

 

産後ですから、

オシャレせずとも普段着でOK。

体のことを気遣った服装をすれば十分です。

 

出産入院中〜退院時のお化粧・メイクについてはこちらを参考にどうぞ!

教えて!出産の退院時にメイクする余裕ってある?薄化粧?すっぴん?
出産で退院する時にメイクする余裕ある? やっぱり化粧は無理?すっぴんかな? 出産は人生の一大イベントだし 生まれてくる赤ちゃんと記念写真も撮りたい。 お化粧は女性の身だしなみ、というか ...

出産退院時の赤ちゃん&自分の服装【春夏編】

出産退院時の赤ちゃんの服装は、

セレモニードレスを着させることが多いでしょう。

 

我が家も、赤ちゃんには

毎回そのようにして退院しました。

 

用意をして行ったら、あとは退院の際に

病院の方でドレスに着替えさせてくれました。

 

記念撮影もできますし、良い記念になります。

 

春夏でしたら、その上から

薄手のおくるみで包んであげましょう。

 

自分の服装としては、やはり上は前開きで授乳しやすい洋服

ウエストがゴムのものを選びましょう。

 

靴はスニーカーなどの動きやすいものにしましょう。

 

 

出産退院時の赤ちゃん&自分の服装【秋冬編】

秋冬の場合には、赤ちゃんの退院時の服装は

上でもご紹介したセレモニードレスや

新生児ベビードレスなどの上に、

寒いでしょうから、体が冷えないようにミトンやおくるみ、

靴下なども用意しましょう。

 

帽子もあると、寒さから身を守ってくれます。

 

秋冬の自分の服装としては、

授乳服のチュニックなどもお勧めです。

 

ボトムスやレギンスとの相性も良いので、

アレンジしやすいのです。

 

体型が戻るにも時間がかかるので、

妊娠中と同じようなふんわりした服装でいましょう。

 

冬場は寒いので、ニット帽や手袋

用意しておくとよいでしょう。

 

そして、歩きやすい靴をはきましょう。

 

春は気候が良いので、

少し羽織るものがあればよいですね。

 

夏は暑いですから、病院の中から外に出るときには

赤ちゃんのことをよく考えてあげましょう

 

秋も、肌寒い際には羽織るものを用意しましょう。

 

冬は、しっかりと暖かくして

風邪などを引かないように

十分に用意していきましょう。

 

出産退院する際には、焦らないように

事前から自分の服装も考えおきましょうね。

まとめ

 

今回は、出産退院の際の

自分の服と赤ちゃんの服についてご紹介してきました。

 

退院は嬉しいですが、服装のことまで考えていなかった

という人も中にはいるでしょうね。

 

基本的には、まだまだ体型も普通ではないので、

入院するときと同じ格好でも大丈夫です

 

しかし、少しカーディガンなどで

お洒落に決めるのもよいでしょう。

 

きつめのズボンやジーパンは、

体のためにも良くないので、

体調が落ち着いてから着る方が良いでしょう。

 

無理はせずに、ゆったりとした服装

過ごした方が良いでしょう。

 

赤ちゃんに着せるものと同様に大切なので、

きちんと考えて服装を決めましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました