教えて!出産の退院時にメイクする余裕ってある?薄化粧?すっぴん?

スポンサーリンク

出産で退院する時にメイクする余裕ある?

やっぱり化粧は無理?すっぴんかな?

 

出産は人生の一大イベントだし

生まれてくる赤ちゃんと記念写真も撮りたい。

 

お化粧は女性の身だしなみ、というか

そもそも、とても人前ですっぴんを見せられない…泣

 

実態はどうなんでしょう?

病院によっては

「入院中はメイクもマニキュアも禁止」

と事前に言われるところもあります。

 

また、育児雑誌でも「化粧はあまりおすすめしない」と書かれています。

 

そもそも、産後の疲れでメイクする時間もないし

「赤ちゃんのお世話でそんなことにかまっていられないよ?」

という出産経験者の話も聞きます。

 

そこで今日は、産後のメイク事情

入院時退院時に分けて、

もう少し掘り下げて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

出産入院中のお見舞い。お化粧必要?メイク禁止の理由とは?

実際に出産した経験からお話すると

入院生活中には、別のママさんにも会うし、

家族や親戚、友人のお見舞いもあったりします。

 

人に会うのに「すっぴんじゃ恥ずかしい」という方も多くいると思います。

 

しかし上記したとおり、

病院でのメイクが禁止されているところもあります。

それはなぜかご存知でしょうか?

産婦人科でママのメイクを禁止される理由とは?

産後は、産科医や看護師さんが、

出産後のママさんの体調を管理するために顔色の確認をします。

 

このときメイクをしていると、

元気がなくても顔色がよく見えてしまうことがあるため

メイクをご遠慮いただくよう決められているのですね。

 

同じ理由からマニキュアも禁止のところが多いです。

 

ほっぺスリスリしたいけど・・・

また、化粧品は化学成分ですから

ママがメイクすると、生まれたての赤ちゃんと

ほっぺ・肌を合わせてスリスリするのも躊躇してしまいますよね。

 

また出産してからは

赤ちゃんのリズムに合わせて生活しなければならない。

 

泣いたら泣き止むまで抱っこしたり授乳したり延々と付き合うし

授乳やおむつ替えのタイミングもすべて赤ちゃん次第。

 

ほかにも、

赤ちゃんの沐浴の練習をする、

スキマ時間を見つけてシャワーを浴びるなど、

意外と、出産後の入院生活って、忙しい。

 

ママが化粧したり顔を洗ったりする

時間・余裕がないのです。

 

参考記事出産入院中のスキンケア妊婦さんに人気ベスト3

 

そして、何より

産後で疲れ切っているママさんにとっては、

スキがあれば寝ていたいのが本音だったりもします。

 

というわけで、

出産入院中のメイク事情は

化粧したくても、がっつりメイクは出来ないのが、たいていのところ。

 

面会は、家族や仲の良い友人のみに限定するか

どうしても気になるようなら

眉毛だけ描いたり、メガネやマスクなど小物を活用してみてはいかがでしょうか。

 

しかし、実際のところ

お見舞いに来る家族・友人はベビーに夢中で

「産まれてしまえばママなんてオマケみたいなものね…」

なんて感じだったりもします(^^;

家族以外の面会は禁止のケースも

余談ですが、産婦人科の面会は

相手を限定されていることも多いです。

 

私は2人出産していますが、

入院中は家族以外の面会は禁止だったので

メイクすることなど全く考えてませんでした。

 

下の子を出産したときは、

ちょうどインフルエンザの季節だったこともあり、

事前に妊婦さんが面会に来てもよい人の名簿を病院側に提出し、

そこに載っている人以外の面会は禁止でした。

出産退院時に「記念写真を撮りたい!」メイク道具は持参しておこう

生まれたばかりの赤ちゃんと記念写真を撮りたい。

しかし産後のママは疲れきっていて

見た目になんてかまっていられないかもしれません。

 

また無事に出産を終えた安堵感や達成感で

いっぱいになっていることでしょう。

 

女心としては、すっぴん顔は

記念に残したい1枚ではないかもしれません。

 

でも、出産という一大イベントを終えたママの顔は

化粧をしてもしていなくても、

とても清々しく誇りに感じるものでもあります。

家族にとっても、最高の記念になりますよ。

 

入院生活も終え、赤ちゃんと退院の日がやってくると

退院の日は医療費の支払いや退院の準備などでなにかと忙しいです。

 

その一方で

退院後に実家や義実家などでお祝いをしてもらったり、

病院でも写真を撮ったりするので

メイク道具自体は、持参しておくと良いです。

 

退院の朝、余裕があれば

赤ちゃんと一緒におめかしして。

 

こちらの記事も参考にどうぞ!

盲点!出産退院時の【自分の服】は?体型どうなる?オシャレ必要?
赤ちゃんを出産する際、 退院の時には赤ちゃんにどんな服装を着せようかな という思いばかりありますね。 しかし、一緒に退院する自分の服も 用意しないといけないことを忘れがち! 私も、出産経験があり...

 

それどころじゃなければ、

頑張った自分を、自分で褒めて、いたわって、

 

一大イベントを終え

これから始まる新しい暮らしに想いを馳せる

ひとときの余韻に浸るのも良いものですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

出産は人生の一大イベント。

わからないこともいっぱいだけど

楽しみなこともいっぱいですよね。

 

テレビで芸能人の出産報告を見ると、

出産後スグのはずなのに、相変わらずすっごく細いし

 

ばっちりメイクをしてる…

というわけでもない感じだけど

「どうしてあんなにきれいなんだろう」

ナゾもいっぱいだったりします(笑)

 

出産後は、

ママの体力の回復と

赤ちゃんのお世話が最優先。

 

余力があれば、退院時には

ベビーとおめかしコーデを楽しんで!

 

思い出に残る、ステキな時間をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました