食費3万何食べてるの?4人家族でありえない!実家の支援ありき?

スポンサーリンク

ネットや雑誌で「食費3万」のフレーズをよく見るけれど、あれってどういうこと?

贅沢しているつもりはないけれど

子供がいれば1ヶ月の食費は6~7万円ぐらいって当たり前じゃないの?

食費3万の家庭って一体どんなものを食べているの?

 

食費3万で足りる家計のカラクリとしては

お米は実家から送ってもらえたり、

外食や嗜好品は食費に含めていないなど

節約レシピを駆使できる家庭の場合に限られる、

というのが実際のところです。

 

ぶっちゃけ誰でもできる方法というわけではないけれど、

食費削減のヒントにはなりますよ。

 

ここでは食費3万の家庭の実態と節約レシピについて紹介します。

 

スポンサーリンク

4人家族で食費3万ありえない実態は?お米は実家、外食・嗜好品なし

最近、特に物価が上がり、

食費も当然影響を受けていますよね?

テレビで雑誌でも節約術の紹介が増えていて、

「食費3万」のフレーズに注目が集まっています。

 

しかし、4人家族で食費3万はあり得ないのが実際のところです。

 

単純計算で、4人家族の1日3食30日分の食費を考えると、

3食×30日×4人=360食を3万円でまかなうわけです。

3万円÷360食=約83円となります。

 

毎食ご飯1杯と卵1個か、漬物程度でないと、

食費3万ではおさまりません。

家族4人で食費3万では

おかずも調味料も準備できませんよね。

 

でも、食費3万の家庭があるのも嘘ではありません。

よく聞くと、お米は実家から送ってもらうとか、

外食やお酒、スイーツは食費に含めてなかったりします。

 

裕福な実家から食品を送ってもらう話はよく聞きますよね。

旦那さんのお昼ご飯は、安価な社員食堂で済ませていたり、

子どもは学校の給食を食べていたりする場合もあります。

食費3万といっても、厳密にはそうでなないことも多いようです。

 

実家からお米が送られてくることもなく、

外食代や給食代などもしっかりと含めて計算すると、

最低でも、家族4人の1ヶ月の食費は6~7万円かかるのが

リアルな現実です。

 

4人家族で食費3万の献立3選。節約レシピのコツ

4人家族で食費3万って、一体何を食べているの?

気になりますよね。

どんな献立なのか紹介しましょう。

 

  • 節約料理を動画サイトで紹介している「まめこ」さんの場合

サラダ・きゅうりの中華和え・オクラのごまあえ・チキンフライ・味噌汁・ご飯

 

  • 「ちーほの暮らし」さんの場合

ホウレン草のスープ・大根サラダ・ブロッコリーと胸肉のチリソース

 

  • 「きりんごはん」さんの場合

ニンジンの白和え・大根のそぼろあんかけ

 

「まめこ」さんの場合は、おかずが多いのに

材料費300円以内におさまっているそうです。

1ヶ月食費3万ということは、

ざっくりと1週間で7000円です。

・・・ということは、1日の食費は約1000円になります。

「まめこ」さんの献立は大人2人分で材料費が300円以内らしいので、

4人家族なら600円以内ということになります。

朝食は軽く済ませ、昼食は外食、夕飯だけ自宅でということであれば、

専業主婦が買い物する1日1000円の食費から十分にまかなえますね。

 

どの献立でも共通していえるのは、

旬の野菜や卵、もやしなど安い食品を多く使っている点です。

 

あと、1つの食材をいろいろな料理に使いまわしているのも、

節約レシピのコツです。

最近ではレシピアプリも充実しているので、

食材名で検索すれば、サッといろいろなレシピが出てきます。

料理上手でない人も、レシピアプリを使えば、

いろいろな料理が作れるでしょう。

 

まとめ

4人家族で食費3万は現実的ではないけれど、

外食や給食などを省いた、

専業主婦が準備する家での食事代を

3万でやりくりしようとしている家庭は多いようです。

コツは安く売られている旬の野菜や卵を組み合わせて、

いろいろな料理を作ること!

同じ食材でも、料理が違えば、品数も増えますし、

まとめ買いのほうがお得ですからね。

ネットでいろいろなレシピを検索して、

料理してみましょう。

自炊こそが節約に欠かせないことです。

家族の満足度を下げることなく、

食費を節約してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました