ホワイトゴールドの変色はどれくらい?錆びにくい?お手入れのコツ

スポンサーリンク

シルバーやプラチナよりも柔らかい印象のホワイトゴールド。

付け心地も軽く、性別やファッションに

とらわれずにつけられるのが特徴です。

 

そんなホワイトゴールドのアクセサリー、

実は変色するって聞いたことありませんか?

 

錆びにくいけど、変色しやすい?

普段使いしない方がいいのかな…。

 

その答えはNOです!

しかし、注意が必要な素材でもあります。

 

ホワイトゴールドは金属にパラジウムを

混ぜて加工する金属ですが、基本的には

錆びに強く、変色もしにくい素材です。

 

しかし、長い間白い輝きを楽しむためには

日ごろからお手入れを心がけることが大切です。

 

また、温泉の成分でまれに変色することが

あるので、いくつか注意点もあります。

 

そこをしっかりおさえておけば、

変色することなく愛用できる素材です。

 

そこで、今回は、

・ホワイトゴールドは錆びるって本当?変色~錆の原因。劣化・コーティング・温泉NG・使用後のメンテナンス

・ホワイトゴールドの手入れ方法。コーティングを傷つけない布・専門家に頼む。

 

この2つについて、お話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ホワイトゴールドは錆びるって本当?変色~錆の原因。劣化・コーティング・温泉NG・使用後のメンテナンス

ホワイトゴールドは基本的に錆びに強い素材です。

しかし、まれに温泉の成分で変色することがあります。

 

温泉の硫黄や硫化ナトリウムに反応することで

表面のメッキがはがれ変色する可能性があります。

 

ホワイトゴールドのアクセサリーをつけたまま

温泉に入るのはやめておきましょう!

 

必ず外すようにしてください。

 

 

もし、温泉や海でもネックレスを付けて入りたい場合は

サージカルステンレスネックレスを選ぶのがおすすめです。

ステンレスネックレスお風呂や海・温泉で錆びないって本当?注意点は?
ステンレスネックレスは、錆にも強く黒ずみしづらく、お手入れが楽ちんなネックレスですよね。 その上、値段もお手頃で日常使いにピッタリ! そこで今回は、 ステンレスネックレスはなぜ錆びないのか? ステンレスネック...

 

 

また、ホワイトゴールドは白色のパラジウムを

コーティングしている金属です。

 

普段使いによって、皮脂や汗などによる劣化で

コーティングがはがれ

黄ばんだような色味になることがあります。

 

これは、パラジウムの含有量の多さによって

劣化のしやすさは変わってきます。

 

アクセサリーの値段や品質によって

変わってくるということです。

 

使用後のメンテナンスをしっかり行えば、

長く白い輝きを保つことも可能です。

 

 

ホワイトゴールドの手入れ方法。コーティングを傷つけない布・専門家に頼む。

ホワイトゴールドのお手入れ方法は、

柔らかい布で拭く」ことです。

 

柔らかい布を使用することで

コーティングを傷つけずにお手入れができます。

 

また、普段使いしているものは皮脂や汚れが

多く付着しますので、毎日拭くことが大切です。

 

アクセサリー専用の布を使用するか、

めがね拭きなどで代用することができます。

 

目の粗い布はアクセサリーを傷つけ、

コーティングがはがれる原因になりますので

絶対使用しないでください。

 

もし、お手入れをしていても

変色が気になるようであれば

専門家に一度頼むのがおすすめです。

 

変色やくすみが起きてしまったら、

それを自力できれいにするのはなかなか難しいです。

 

そんなときは専門家にクリーニングを

依頼してみましょう。

 

購入したアクセサリーショップによっては

無料でメンテナンスをしてくれるお店もあります。

 

元通りのきれいな輝きにしてくれますよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回はホワイトゴールドのお手入れ方法や

使用時の注意点などについてお話しました。

 

仕事など場面を選ばないホワイトゴールドの

アクセサリーは普段使いしやすいですよね。

 

色味も優しく、人気の色でもあります。

 

でも、せっかく気に入って買った

ホワイトゴールドのアクセサリーが、

変色やくすんでしまうと残念ですよね。

 

色の変化は、安っぽくも見えてしまいます。

 

私もホワイトゴールドのネックレスを持っていますが

お手入れを怠ると黒ずんできてしまいます。

 

そんな時は、アクセサリー専用の布で

磨くようにしていますが、

やはり使うたびに拭くことが大事ですね。

 

毎日の終わりに柔らかい布で拭くだけで

長く愛用することができます。

 

お手入れは忘れずにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました