犬がストレスで捨てたい【3つの選択肢】里親・殺処分・しつけ教室

スポンサーリンク

コロナ渦で世界的にペットを飼う人が増えたそうですね。

外国では中途半端な気持ちで犬や猫を飼いはじめた結果、手放してしまう人が多いことから、新しい法律まで制定された国もあるようです。

犬 ストレス 捨てたい

確かにかわいい愛犬で家族同様に暮らしていても、時には手放したいと思う時もあるでしょう。

赤ちゃんの頃は小さくて可愛かったけれど、大きくなりすぎて手に負えなくなったり、

噛み癖や吠え癖などで精神的にストレスを抱えている飼い主もたくさんいますよね。

また、どうしても住宅事情や環境の変化から、ペットを手放さなくてはならなくなる場合もあります。

 

このように、犬を手放したいな、と思ったときに、選択肢は3つあります。

  • 里親を探す

誰か代わりに愛情をもって飼育してくれる人を探して譲り渡す方法です。

  • 保健所へ連れて行く

保健所で保護してもらうと、約1週間程度で殺処分となります。

  • 飼育を継続できる方法を相談する

もし噛み癖や吠え癖などで悩んでいる場合は、ドッグトレーナーに相談したり、しつけ教室でトレーニングすることで飼育しやすい犬に変えていくことができます。

これらの3つの選択肢について、くわしく調べてみました。 

スポンサーリンク

犬の里親探しサイト「ペットのおうち・ジモティー・いつでも里親募集中」特徴と違いは?

犬 ストレス 捨てたい

まず犬の里親はどうやって探したらよいでしょうか。

一番手っ取り早いのは、犬の里親探しサイトに登録して掲載することです。

ペットを手放したい人と、里親として新しいペットを迎え入れたい人をマッチングしてくれる

里親情報サイトが何種類もあるんですよ。

そのなかでも、代表的な3つのサイトをご紹介したいと思います。

「ペットのおうち」

このサイトは、全国の犬や猫だけでなく、ウサギやハムスター、インコなど他の動物の里親も募集しています。

まず、営利目的での利用ではないことなどに同意したうえで会員登録を行います。

すると里親を申込むことができ、サイト上で応募してきた里親候補者とメッセージのやりとりをすることができます。

このサイトの一番の特徴は、いま現在、保健所に収容されている犬の情報も掲載されているところです。

つまり募集期間が終了してしまうと、殺処分されてしまう犬たちなのです。

このように時間に猶予のない犬たちの情報は、情報更新されると通知される機能がついており、迅速なやりとりができるようです。

ジモティー

ジモティーというと、要らなくなった家電を近隣に住んでいる人に譲ったり、フリマのようなイメージがあると思いますが、

実はジモティーには里親募集のカテゴリがあります。

 

こちらも、犬猫の譲渡に関しては身分証明書の提示が義務づけられていたり、譲渡した後も必要に応じて飼育状況の確認をおこなうなど

営利目的での利用を防止するためにさまざまな規約が設けられています

ジモティーでは犬や猫だけでなく、他の小動物や熱帯魚や爬虫類なども里親募集ができます。

ジモティー里親募集ってどう?里親詐欺を防ぐコツ。犬・猫・病気・障害は?
今なお、年間数十万の犬猫が 保健所で殺処分されている中 ネット上で里親を募集しているサイトはいくつかあります。 やむを得なくペットを 飼い続けることが困難になった場合、 保健所にいくのではなく ...

いつでも里親募集中

こちらのサイトは犬と猫のみ、譲渡を行っています。

こちらも、利用するにはまず会員登録が必要です。

利用規約のなかには、他と同じく営利目的の利用はしない事や、

ワクチン接種や避妊手術・去勢手術の義務など、多くの規約に同意が必要です。

登録が完了すると、他のサイトと同じく、応募してきた里親候補者とサイト上でメッセージがのやりとりができます。

譲渡に際しては、必ず手渡しでおこない、誓約書を書いたり、何度もヒアリングをおこなったり、きめ細かく丁寧な譲渡を行っているようです。

犬を保健所どうなる?7日で殺処分・・・しつけ教室・預かり訓練で改善も

犬 ストレス 捨てたい

保健所は、迷い犬などを一時的に保護する機関ですが、飼育が困難になった犬を保健所に連れて行っても、すぐに引き取るわけではありません。

詳しいヒアリングを行い、なぜ飼育が困難なのか原因を探ったり、アドバイスを行います。

もし、しょっちゅう吠えて近隣に迷惑をかけている、噛み癖があり家族をむやみに噛むなど

しつけに関して問題がある犬に関しては、ドッグトレーナーに相談してアドバイスを行っていきます。

しつけ教室で、再度正しいしつけをし直したり、預かり訓練で改善することも多いです。

なんとか飼い主が飼育を継続できる方法をいっしょに探してくれます。

 

なぜなら、保健所で引き取るということは、その先に殺処分が待っているからです。

保健所の収容期間は、土日祝日をのぞいておおむね7日間です。

7日間のあいだに、愛護団体などの協力で里親が見つかる場合はよいですが、

里親が見つからない場合は、各都道府県の動物愛護センターに移送されます。最終的にはガスで殺処分されてしまうのです。

 

まとめ

堺雅人さん主演の「ひまわりと子犬の7日間」という映画をご存じでしょうか。

保健所の職員である堺雅人さんがなんとか里親を探してあげようと奔走する映画ですが、

保健所に預けられた犬たちの末路などが鮮明に描かれていて、非常に胸につきささる作品です。

もし、犬を飼育しつづけることにストレスを感じて、保健所に預けようかな、という気持ちになった場合は、是非この作品もご覧になってみてください。

最初に挙げた3つの選択肢のうち、

なるべく ①里親を探す ③飼育を継続できる方法を相談する

を選べるとよいですね。

里親さがしのサイトも数多くありますので、一度のぞいてみることをおススメします。

あなたに代わって大切に育ててくれる人を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました