ジモティー里親募集ってどう?里親詐欺を防ぐコツ。犬・猫・病気・障害は?

スポンサーリンク

今なお、年間数十万の犬猫が

保健所で殺処分されている中

ネット上で里親を募集しているサイトはいくつかあります。

ジモティー,里親,犬

やむを得なくペットを

飼い続けることが困難になった場合、

 

保健所にいくのではなく

このようなサイトで譲渡することで、

一つの命が生き続けることができます。

 

今日は、ジモティー里親募集について

  • 犬猫はどのような流れで譲渡するのか?
  • この里親先は大丈夫?やめたほうがいい?ジモティ里親詐欺見極めポイント!
  • ジモティーの里親募集ルール・注意点とは?
  • 小動物も里親探せる?(小鳥・鶏・うさぎ・ハムスター・フェレット等)
  • 里親候補を増やすなら「話題のキーワード」をチェック!
  • 障害病気持ちのペットは譲渡できる?バードアニマルレスキューとは?

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ジモティーの里親募集(犬・猫・小動物)どんな流れ?

大切にしていたペットは、

次の飼い主さんにも愛情を持って

可愛がってもらいたいものです。

 

里親を選ぶ際には、候補の方と

できるだけたくさんコミュニケーションをとりましょう。

 

投稿者(譲渡元)に

問い合わせる際の記入事項としては

 

・どのような飼育環境になるか

・家族構成や年齢層

・投稿者による自宅訪問は可能か

・今までのペット飼育経験

・質問など

 

本当に愛情を持って引き取りたい方なら

「自分のことを知ってもらおう」

沢山の事を書いてくるはずです。

 

ただの文字列の中にも

「熱意・想い」が伝わってくるものです。

譲渡先の見極めポイントは、後ほどお話します。

 

ジモティ里親は詐欺が心配…身分証提示!譲渡・引取は原則1回まで

 

ジモティでは、

里親募集のトラブルを防止するために

いくつかルールがあります。

 

・責任をもって一生飼う

・利用には身分証提示が必要

・生体売買、転売、繁殖目的での取引は禁止

・避妊去勢手術、狂犬病予防接種は必須

・譲渡後30日以内に市区町村に届けでる

・引き渡しの譲渡契約を結ぶ

・無断キャンセルの場合は利用停止になることがある

・譲渡、引き取りは原則1回まで

・複数の里親に応募するのはダメ

・譲渡後も必要に応じて飼育状況の確認を行う

 

投稿者とのやりとりは

サイト内の取引メッセージでできるので

必要以上に個人情報が漏れる心配はありません。

 

この里親先は大丈夫?やめたほうがいい?見極めポイント!

ただし、先程もお話したとおり

 

あなたの大切な犬・猫を、

これまで同様に愛情のもと

しあわせに過ごしてもらいたいなら

 

譲渡先(里親先)の見極めはとても大事です。

 

「吠えグセあったら返却できますか?」非常識なメールは「ガン無視」で!

里親の詐欺やトラブルを

心配する人も多いかと思いますが

 

もっとも現実的な注意点として

常識・熱意の欠ける人は相手にしないことです。

 

自己紹介・挨拶もろくになしに

ジモティーの記入必須項目を、

ただ「穴埋め」だけして送ってくる人

 

「病気や噛み癖、吠えぐせがあったら

返却できますか?」など

目を疑うような非常識なメールをよこす人。

 

なかなか里親候補が見つからないと

焦る気持ちもあると思いますが

 

「詐欺」以前の問題で

非常識さを感じる方に譲渡するのは

ペットにとって、とても不幸なこと。

 

理想的な飼い主さんが見つかるまで

もうしばらく待ってみましょう。

 

ジモティーで、自分の里親募集ページをたくさんの人にチェックしてもらい、里親候補者を増やすには「話題のキーワード」を活用すると良いですよ!記事後半でお話します

 

【ジモティ里親詐欺】の対策は「自宅訪問」が必須!

また、ごく稀にですが、里親に譲ったペットが虐待・殺傷に遭ってしまう、悲しい事件も起きています。

虐待目的のユーザーは、非常に巧妙に近寄ってきます。

取引メッセージでは、非常に丁寧でペットへの愛情も感じられる優しい言葉を送るため、
飼い主側も、安心して譲渡してしまうケースが多いのです。

常習犯ともなると、複数のアカウントを使い分け、場合によっては免許証などの身分証明書を偽造していたりもします。

ジモティに限らず、リアルの保護猫譲渡会などでは、女装してまで繰り返す常習犯もいます。

これらの里親詐欺からペットを守るためには、

かならず、譲渡する前に

直接、あなたが【相手の自宅を訪問する】ことが重要です。

あなたやペットの身の安全をはかるためにも、2人以上でお伺いしてください。

一方で、もし相手が、里親詐欺や虐待常習犯だった場合は、自宅訪問を拒否してきます。

「駅で受け渡したい」
「あなたの自宅に預かりに行きます」など

自宅を見せることを頑なに拒否するようでしたら、譲渡は見送ってください。

ここまで、怖い話をしてきましたが、

虐待など酷いことを企む人間は、ごくわずかです。

ほとんどのユーザーは、新しい家族を迎え入れようと楽しみに出逢いを探している、ごく普通の人たちです。

あなたが必要以上に不安を感じると、逆に、リスクの高い里親を引き寄せます。

あなたの大切なペットが、幸せな未来と家族を得られますように…

本当に大切にしてくれる方が見つかるまで、ていねいに丁寧に進めてみてください。

 

亡くなった愛猫と「うり二つ」です…!

むかし、私の家族も

「捨て猫」を拾ったことがあるのですが

 

猫の里親譲渡会でお会いした

おじいさんに引き取っていただいたことがありました。

 

飼っていた猫が亡くなって落ち込んでいたが

「うり二つの猫」に出会えたと

本当に喜んでくださいました。

 

先方とは、特に契約書などは交わしませんでしたが

毎月のように、手紙と写真を送ってくださいました。

 

こんな飼い主さんに出会えたら、本望ですね!

 

ジモティ里親依頼は「譲渡契約書」を確実に!月イチ写真お願いしてみるのも!

 

ジモティの里親サイト内では

譲渡契約書のダウンロードができます。

 

そこにも細かい契約内容が記載されています。

 

今まで大事にしていた愛犬・愛猫ですから

離れてからの様子も気になりますよね?

 

大事にされているか、元気でいるか…

 

本当は一緒にいたかったのに

やむを得なく手放すことになったんですから…

 

月イチで写真を送ってもらう約束

この契約書を交わしてできます。

小動物(小鳥・鶏・うさぎ・ハムスター・フェレット等)はジモティーで里親探しできる?

ジモティ,里親,うさぎ,小鳥

 

ジモティーの里親探しには

  • セキセイインコ
  • うさぎ
  • ハムスター

などの小動物が集まる

「その他の里親募集」カテゴリもあります。

 

金魚やメダカ、うずらに鶏

亀に爬虫類、ウーパールーパー、ヘラクレス(クワガタ)まで

 

小さなペットショップでは

なかなかお目にかかれない品種まで出ています。

 

ペットショップに行く前に

こういったページをちょこちょこ覗くことで

お互いにハッピーな出会いが待っているかもしれませんね。

 

ジモティーで「里親候補」をたくさん増やす「話題のキーワード」活用法!

小動物の里親募集ページにも

1日10~20件以上の新規投稿がありますが

 

すべてのペットに、新しい貰い手が

見つかるわけでもありません。

 

もし、確実に譲渡先を見つけたいなら

里親募集ページ右側にある

「話題のキーワード」をチェックしてみてください。

 

ジモティー,里親募集,話題のキーワード

 

例えば、先ほどの例のように

あなたが拾った「捨て猫」を

譲渡したいのだとしたら

 

話題のキーワードに出てくる単語

  • 捨て猫
  • 保健所
  • 子猫
  • 三毛猫
  • 生後一ヶ月

のようなキーワードを

投稿画面の「タイトル」に詰め込むのがポイント!

 

取引タイトルは「255文字」まで入れられます。もちろん、譲る仔と関係ないキーワードは入れちゃダメですよ?

 

お目当ての仔・品種を探している人は

 

最新情報だけではなく

「捨て猫+生後一ヶ月」など

「条件検索」して探すこともあるのです。

 

話題のキーワードを活用することで

さらに、多くの人の目に留まり

気にかけてもらいやすくなったり

里親を検討してもらえるチャンスが増えるのですね!

 

病気・障害持ちのペットの里親探し・譲渡するには?

病気・障害持ちのペットほど、

より、愛情深い飼い主さんに出会う必要がありますよね。

 

ジモティーでも、良い飼い主さんに

出会える可能性がないとは言えまえんが

 

病気・障害持ちの小動物

飼えなくなった小鳥・ペット専門の

里親募集を行っている団体が、あるのです。

 

バードアニマルレスキュー

ことりのおうち~触れ合いインコカフェ~

 

小動物・小鳥専門の里親探し・保護団体「バードアニマルレスキュー」とは?

バードアニマルレスキューとは、

 

神奈川県藤沢市のペットショップが運営する

病気・障害持ちの小動物の保護活動

飼えなくなった小鳥等の里親探しを行う

寄付型ペットショップです。

 

病気や障害を持った小動物は

肥料や肉食動物の「餌」になっている現実があります。

 

これを、

見て見ぬふりをするのでもなく

声高に非難したり背景分析するのでもなく

 

「この仔達にも『人間と暮らす幸せ・チャンス』を与えてあげたい」

 

オーナーの想い・熱意に共感した

家族の元に引き取られていく例がたくさんあります。

 

ブリーダー生まれの病気・障害持ちの仔や

保健所に連れて来られた仔を保護しているため

 

個人の里親依頼にどこまで応じられるかわかりません

 

まずは、どんな様子で運営されているのか

一度、覗いてみるのも良いでしょう。

 

こちらのオーナーさんは

 

ショップ運営に保護活動

講演会の出演に地域活動(こども食堂)等

幅広く関わり多忙にされていることが多いため

 

先に、「運営に対する想い・ルール・マナー」等を確認してから

ご連絡を取ることをおすすめします。

 

バードアニマルレスキューでは、募金も受け付けています。

病気,障害,ペット,譲渡,里親,小動物,バードアニマルレスキュー

 

私も、こちらの活動にとても共感しているため

子どもたちと一緒に募金させてもらいました^^

 

まとめ

大切に可愛がっていたペットと

お別れするのはつらいことですね。

 

やむを得ない事情は誰しもあります。

そして、里親としての出会いを探している人も、たくさんいます。

 

今回は、ジモティの里親探しのポイントをお伝えしました。

 

我が仔のように大切な仔を

安心してお願いできますように…

 

また、病気や障害を持った仔も

幸せのチャンスがもらえますように…

 

もし、お友達などで

ペットを飼いたいと検討している方がいたら

 

「ペットショップに行く前に

里親募集のサイトを見るのもいいよ!」

と声をかけるのも良いですね。

 

幸せの輪が広がりますように・・・!

タイトルとURLをコピーしました