メルカリ同人グッズ【通報OK】二次創作NGだが同人誌は野放し

スポンサーリンク

メルカリでは様々なジャンルのグッズや商品が取り扱われていますが、多くの商品が存在するあまり、同人グッズなどの取り扱いが問題視されています。

メルカリ 同人 グッズ 通報

同人グッズとは、原作のアニメや漫画を元に二次創作したグッズのことをいいます。

 

また、同人誌は、同じ趣味を持つ人などが集まり、執筆や編集などの創作活動をおこない、できた冊子のことを指します。

 

これらの商品は、メルカリでの出品が禁止されており、見つけた場合は通報することが可能です。

 

しかし、同人誌に関しては禁止物に該当するのに実際はカテゴリ上では「同人誌」が存在し、野放し状態となっているのが現状です。

 

そこで、今回はメルカリでの同人グッズや同人誌の取り扱いについて詳しくご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

知的財産権侵害!メルカリ同人グッズ禁止も「同人誌」カテゴリは健在

メルカリ 同人 グッズ 通報

メルカリでは、2020年9月から知的財産権を侵害するような同人グッズの出品を禁止するというガイド改定がおこなわれました。

 

知的財産権とは、知的活動により作り出されたアイデアや創作物には財産的な価値があるとされ、その知的財産は法の下で守られるという権利のことです。

 

つまり、著作権侵害とは、人が作り出したアイデアを勝手に奪ってはいけないということなんですね。

 

では、具体的にどのような物が違反になるかというと、権利侵害に該当する恐れのあるキャラクターの素材や記事を使用した商品などとされています。

 

商品名や説明にキャラクターを連想させるような記載(○○系、○○風など)があった場合も違反に該当する可能性があります。

 

また、許可なくキャラクターを使用しハンドメイド品や同人誌などを出品していた場合なども違反行為に当たるとのことです。

 

しかし、規約があるにも関わらず、同人誌などは「本・音楽・ゲーム」のカテゴリの中にも存在するため、出品者や購入者が混乱してしまっている状態でもあります。

 

商品が多数存在するため、明確な違反物の判断ができていないようにも感じます。

 

私もメルカリで子供が好きなキャラクターグッズなどを探していた時に、明らかに公式グッズではなさそうな商品やイラストなどが出品されているのを目にしたことがあります。

 

漫画やアニメなどは、作家にとって自分が作り上げた大切な財産です。

 

それを第三者が侵害することは許されませんよね。

 

メルカリ側も知的財産権に関してルールを設けていますが、実際は知的財産権を侵害していると疑われるような商品が出回ってしまっている現状です。

 

 

メルカリは二次創作禁止!作家によりOKも「著作権利用許諾申請書」

メルカリ 同人 グッズ 通報

メルカリでは、二次創作など元の漫画やアニメ、キャラクターなどを利用して独自で創作した物の出品自体を禁止しています。

 

漫画やアニメのキャラクターが大好きで、他の人にも良さを知ってもらいたいという思いから、独自で創作した物を出品したとしても、著作権侵害に該当します。

 

まずはその著作物が日本の法律で保護されているのかを確認し、著作権者からの許可が必要な場合は、「著作権利用許諾申請書」を取り付ける必要があります。

 

漫画やアニメなどの作家の中には、許可なく利用してもいいとしている方もいますし、利用してほしくないけど、二次創作物の全てをチェックすること自体が不可能で、読者に非難されることを恐れている人もいるとのことです。

 

 

まとめ

 

メルカリでは同人グッズや同人誌などの出品が禁止されているということがわかりました。

 

しかし、同人誌などは禁止されているにも関わらず、現状はカテゴリの中にも「同人誌」というジャンルが存在し、野放し状態になっています。

 

同人グッズや同人誌などの二次創作物は著作権を侵害する恐れがあるため、使用前に著作物が保護されている物なのかを確認する必要があります。

 

そもそもメルカリでは二次創作物の出品も禁止されていますが、アニメや漫画の作家によっては無断での利用をOKとしている人もいるので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

メルカリで、他の出品者が同人グッズを出品しているから自分も出品しようとすると、後になってトラブルになる可能性もあるため十分に注意する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました