メルカリ【食器・ネックレス箱付き梱包】潰さずお得に送るコツ注意点

スポンサーリンク

メルカリでは、購入した時の外箱付きで出品すると印象が良く、出品価格(売値)も高くできたりしますよね。

わたしが購入者だったら、高価なものほど、ちゃんと箱付きで売ってほしいと感じてしまいます。

ブランドものは箱だけでも価値があったりしますものね。

購入者の立場にたつと、梱包が丁寧で心くばりされていると、自然と評価も高くなりますよね。

反対に、梱包が雑だと商品の破損にもつながるだけでなく、印象が悪いために評価が下がることも考えられます。

梱包の仕方で、商品の善し悪しが左右されるのですね。

断然、出品するときは箱付きで売りたいものです。

しかし、箱に厚みが出ると送料が高くなるんじゃないかという不安もあります。

なるべく印象のよい、しっかりした梱包で、なおかつ送料が安い方法をご紹介したいと思います。

それでは、ネックレスなどのアクセサリー類、腕時計、食器、靴などを例にあげて、メルカリで箱付き商品を送るときの【梱包・発送】についていっしょに勉強していきましょう。

スポンサーリンク

メルカリ時計・ネックレスを箱付きで出品「送り方・梱包」コツと注意点

まず、ネックレスです。

箱入りのネックレスを出品するときは、
タイトルや商品説明に「化粧箱付き」であることを明記しておくとよいでしょう。

化粧箱は、梱包資材で直接くるんでしまってOKです。

ここで使う梱包資材は、【エアークッション(通称プチプチ)】がよいでしょう。

箱入りの腕時計の場合も、購入時の箱を直接プチプチでしっかりと包みましょう。

メルカリ食器を包む梱包資材おすすめは?

ここでちょっぴり、梱包資材についてお話します。

梱包資材は、たいていのものは100均で手に入ります。

なかでも【プチプチ】は大変使い勝手がよいので、私はロール買いしています。

食器を包むときには【ミラーマット】(白い薄手のウレタンシート)。

箱や、透明の袋のなかの小物を可愛く守るには【ペーパークッション】(細裂きの紙資材)。

用途にあわせて、さまざまな緩衝材、梱包資材が100均で手に入ります。

大きいサイズが必要なときは、ホームセンターの梱包資材のコーナーで、「袋売り・切り売り」などで販売しています。大きな商品を送る時は、探してみてください。

もちろん楽天市場やAmazonなどのネットショップでも購入できます。

メルカリ箱付き商品を発送するには?メルカリ便がおすすめ

さて、箱をプチプチで包み終わりました。

つぎは、角形2号(A4サイズが入る)封筒に入る場合は、角形2号封筒に入れましょう。

念を入れて、封筒の内側にもプチプチがついているクッション封筒にすると、評価アップです。

クッション封筒は100均などで簡単に手に入りますよ。

封筒に入れたときに、厚みが3cm以内におさまっていたら、

一番安く送れるのは、『らくらくメルカリ便・ネコポス』配送サービス料一律175円 です。

クロネコヤマトが配送して、ポストに入れてくれる配送方法ですね。

 

次に安いのは、『ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケット』 配送サービス料一律 200円 です。

これは日本郵便が配送して、同じくポストにいれてくれる配送方法です。

しかし化粧箱がそもそも3cm以上の高さがある場合は200円以内で送るのは厳しそうです。

もし、厚みが3cmを越えた場合は、

『ゆうゆうメルカリ便・ゆうパック』 日本郵便

60サイズ →700円 /縦×横×高さの合計が60cm以下

80サイズ →800円 /縦×横×高さの合計が80cm以下

 

『らくらくメルカリ便』 クロネコヤマト

宅急便コンパクト →660円 /専用BOX (縦20cm×横25cm×高さ5cm)\70を使用

60サイズ →700円 /縦×横×高さの合計が60cm以下

80サイズ →800円 /縦×横×高さの合計が80cm以下

郵便でも宅急便でも、値段設定にあまり違いがないようです。

郵便の定形外郵便でも、もっと安く送れますが、万一の破損などの補償ができません。

ブランド品など高価なものは、必ずメルカリ便にすることをおススメします。

メルカリ便は匿名配送ができるだけでなく、万が一配送中に破損などがあった場合の補償がついているからです。

メルカリ 靴・食器の箱付梱包。出品時「包装紙(プチプチ)で箱を包んで伝票貼ります」明記

では、次に靴や食器などを箱で送るときのお話をしましょう。

靴を新規で購入すると、段ボールのシューズボックスが付いてきます。

ロゴが入っているので、そのまま残しておくと、メルカリで送る際も大変便利です。

靴は型崩れ防止のために、靴のなかに、紙・新聞紙をくしゃくしゃに丸めたものを入れましょう。

形を整えたら、きれいにシューズボックスの中におさめます。

もし箱と靴の間に隙間があるようであれば、紙をくしゃくしゃにしたものを隙間に詰めてずれないようにします。

次に、シューズボックス全体をプチプチで包みます。

シューズボックスは配送の段ボールと比べて薄く、さらに通気性のために大きく穴があいている場合があります。

そのまま送ると、箱が弱くて潰れたり、湿気で箱がよれよれになる可能性があります。

それを防止するために、シューズボックス全体を隙間なく、プチプチできれいに包みます。

さらに大きめのビニール製の袋に入れられたら、なお良いです。

袋にいれて、角を箱にそってきれいに折り曲げれば完成です。

これに直接伝票を貼って送ってもOKです。

たいていの靴は60サイズ(700円)で送れます。

 

食器などの割れ物は、破損防止のために必ず箱付きで送りたいですね。

もし、商品自体の箱が残っている場合は、その箱を利用しましょう。

時には、それだけで評価があがりそうな、桐の木箱に入っているものもあります。食器も箱もどちらも状態よく送りたいところです。

まず、食器そのものをミラーマットもしくはプチプチで包みます。

箱の中に入れたときに、隙間があるようであれば、くしゃくしゃにした紙や新聞紙を詰めて隙間をなくします。

食器はちょっとした衝撃で割れやすいので、極力箱の中で動かないように、多めに緩衝材や紙を詰めておくことをおススメします。

箱自体をプチプチで隙間なく包みましょう。

一番外側がプチプチやビニール袋で包まれている状態で送られてくると、受け取ったときに

「段ボール箱に入ってないの?」と違和感を感じる購入者もいます。

取引メッセージのなかで、あらかじめ、

「包装紙(プチプチ)で箱を包んで伝票を貼ります。」

とお伝えしておくとよいでしょう。

まとめ

箱入りの商品を送るときの、梱包の仕方や、お得な配送方法などをみてきました。

とにかくプチプチが大活躍していましたね。

プチプチは、安価なのに緩衝材としての効果が高いので、

受け取った誰もが、「ちゃんと梱包してくれてある」と安心する要素があります。

メルカリで商品を出品する場合には、かならず準備しておきたい一品ですね。

また、のちのちのトラブルを防止するためにも、

梱包の仕方をあらかじめ明記しておくことは重要です。

なによりも購入者のことを考えて、気持ちを込めて、丁寧に梱包するのが一番ですね!

タイトルとURLをコピーしました