大量の小銭や1円玉を使い切る方法。入出金・両替手数料の節約に

スポンサーリンク

最近、両替手数料ATMの硬貨入金など銀行の手数料値上げが続いていますよね。
大量の小銭 銀行

1円玉が500枚あっても
両替手数料を引いたら0円とか意味不明の状況。

お釣りで受け取った端数でもコツコツ貯めれば、千円、1万円、10万円になります。

でも、現金決済できるコンビニやスーパーのレジで大量の小銭を出すのは迷惑だし…。

ただでさえ、キャッシュレスの普及で現金支払いが減っていて、小銭の行き場がないですよね。

そこで今日は、

大量の小銭や1円玉を楽に使い切る方法
大量の小銭を1円たりとも無駄にせず

楽にきっちり使い切る(貯める)方法を教えます。

スポンサーリンク

大量の小銭を1円も無駄にせず、楽にきっちり使い切る方法

店員さんに迷惑を掛けることなく
大量の小銭を1円も無駄にせずキッチリ使い切るには

セルフレジ 小銭
セルフレジで小銭を使うのがおすすめです!

 

もちろん、あなたも
レジの会計で端数をキリ良く支払いたいときなど
お札より先に小銭を投入していると思います。

大量の小銭を使い切る方法
大量の小銭を使い切りたいときは
セルフレジに行くたび財布の中の小銭をまとめてザバッと投入すれば良いのです!

 

スーパー セルフレジ 小銭
セルフレジで小銭を計算してくれますから
店員さんや後ろに並んだお客様に迷惑をかけることなく
1円も無駄にせず楽に小銭を使い切ることができ節約になります。

 

セルフレジ お釣り 硬貨 最小単位
さらに、セルフレジでお釣りが出た場合は
「硬貨の最小単位」で戻ってくるので、お財布も軽くなりますよ。

 

セルフレジで小銭を使い切る注意点

セルフレジで小銭を使い切る注意点としては
何枚まで硬貨が入れられるか機械によって異なる点。

最大硬貨枚数を確認してからお金を入れましょう。

銀行 ATM 硬貨 手数料
また、ATMや銀行で
硬貨の取り扱い(両替・入出金)に手数料がかかるということは、
店舗においても硬貨取り扱いの負担が増している、ということです。

セルフレジだからと言って
ここぞとばかり1円玉を大量投入するなど、非常識な使い方は控えましょう。

 

お釣りに500円玉が入っていたら「10万円貯める貯金箱・本」に投入!

500円玉貯金
また、お釣りに500円玉が入っていたときは
10万円貯まる貯金箱で貯金するといいですね!

旅行やブランド品の購入など「貯まったら何を買おうかな」と目的を決めて貯金するのが続くコツです。

 

また、楽しみながら500円玉貯金するなら
10万円貯まるを使うのもおすすめです。

500円玉が貯まっていく様子が目に見えるだけでなく
500円を入れるたびお楽しみがあるので、飽きずに続けられますよ。

 

▼こちらも合わせてどうぞ!

500円玉貯金本を売ってる場所は本屋?10万円貯まる本おすすめ紹介
500円玉貯金といえば、一度は実践したことがある方も多いと思います。 しかし、なかなか継続できなかったり、すぐに使ってしまったりすることも多いと思います。 そこで活躍するのが500円玉貯金ができる本です。 貯金箱で...

まとめ

キャッシュレスの推進で行き場を失った
大量の小銭を1円も無駄なく使い切るには
セルフレジでまとめて小銭を投入するのがおすすめです。

とはいえ、100円の支払いで1円玉を100枚入れるなど非常識な使い方はお店にも迷惑を掛けるので控えましょう。

また、500円玉を見つけた時は
10万円貯める貯金箱や500円玉貯金本で
コツコツお金を貯めるのも楽しみがあって良いですね。

タイトルとURLをコピーしました