【対策】一粒ダイヤネックレスずれる・ブレスレットが回る原因は?

スポンサーリンク

女性ならおしゃれな一粒ダイヤのネックレスやブレスレットに憧れを抱きますよね。

一粒ダイヤは美しく華やかで私たちを輝かせて見せてくれますが、たまに留め具やダイヤ部分がずれてしまって残念な見た目になりがちですよね。

私もよく後ろにあるはずの留め具が前にきていて、何度も位置を戻した経験があります。

ところが何度直してもまたずれてイライラしてしまうんですよね。

 

ネックレスがずれる原因としては留め具の重さや体のゆがみが大きく関係しています。

 

そこで、こちらの記事では、一粒ダイヤなどのネックレスがずれる原因や対策方法について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ネックレス留め具が前に来る。原因は「トップと留め具」重さバランス

ネックレスの留め具が前に来る原因は、留め具部分とトップ部分の重さのバランスが取れていないからです。

 

留め具が軽いと少し歩いたり、走ったりするだけでも、ネックレスがずれて留め具がどんどん前にきてしまいます。

特に一粒ダイヤなどはトップが軽いので、ずれやすくなりがちです。

仕事中やデートの時などしっかり身なりを整えている時に、このようにネックレスがくるくる回って、ずれてしまうと気分が下がってしまいますよね。

ネックレスは特に目につきやすい部分に身に着けるので、なおさら気になります。

 

また、重みのバランス以外にも体のゆがみが原因で、ネックレスがずれてしまうこともあります。

日ごろから足を組む癖があったり、長時間パソコンを使ったりしていると癖がついてしまい、体のゆがみへとつながってしまいます。

私もスマホの使い過ぎからなのか、先日ストレートネックと診断され、体にゆがみがあることがわかりました。

小さな癖がゆがみにつながり、肩の位置などがずれて左右非対称となりネックレスがずれてしまうことも考えられます。

 

ズレ防止対策はネックレス用アジャスターをおもりに!オススメは?

ネックレスのずれを防止するための対策についてご紹介していきます。

 

ネックレスがずれてしまう度に、位置を調整することもめんどくさいですし、常にずれないように意識するのもストレスが溜まってしまいます。

ネックレスを付けるだけなのにストレスは感じたくありませんよね…(笑)

 

そこで、おすすめなのがネックレス用のアジャスターやブレスレットを活用する方法です。

アジャスターを留め具部分に装着すると、「おもり」になります。

留め具部分がトップ部分より重くなります。

留め具が重くなったことで、バランスが安定してネックレスがずれなくなります。

ブレスレットは長さがあるので、気になる方はネックレス用のアジャスターを使ってみると良いでしょう。

 

 

こちらのアジャスターは、留め具に装着しても目立ちすぎず、さりげなくハートのデザインになっているのも可愛いですよね。

アジャスターも様々な種類があり、おしゃれにもなるのでぜひ使ってみてくださいね。

 

体のゆがみなどが原因で、ネックレスがずれてしまう場合は、整体などに行き体のゆがみを改善してもらうと良いでしょう。

ゆがみ改善でネックレスがずれるのを防止できるのはもちろん、腰痛や肩こり改善などにもつながりますよ。

 

まとめ

ネックレスがずれてしまう原因は、トップと留め具の重さのバランスや体のゆがみであることがわかりました。

重さのバランスが取れていない場合は、留め具にアジャスターなどを付けておもり代わりにしてみましょう。

そうすると留め具が重くなり、バランスが安定してネックレスがずれるのを防止してくれます。

体のゆがみが原因でネックレスがずれていると感じた時は、整体などに通い根本から体のゆがみをとってあげましょう。

おしゃれを楽しむのに欠かせないネックレスを快適に素敵に付けられるように、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました