簡単加湿器タオル&バケツ作り方とコツ。加湿器代用 効果の程は?

スポンサーリンク

部屋の乾燥が気になるけど加湿器は意外と高価ですし、できるなら簡単に代用できるものがあると嬉しいですよね。

そんな時はご自宅にあるタオルバケツを使って簡単な加湿器を作ってみましょう!

 

よく濡らしたタオルを部屋に干しておくと加湿効果があると言いますが、すぐに乾いてしまうのがデメリットなんです。

 

バケツを活用することで加湿効果がアップします。

 

バケツに水を入れた状態で、バケツの上に棒などを置きます。

その棒にタオルをかけます。この時にタオルは水に浸るようにかけてください。

 

そうすることでタオルが乾いても、水を吸ってタオルが濡れた状態を持続することができます。

濡れた状態が続くことで、常に加湿した状態を保つことができるのでとてもおすすめです。

 

スポンサーリンク

加湿器代用 効果の程は?タオル、霧吹き、ペットボトル、洗濯物室内干し

加湿器の代用には色々な方法がありますが、効果が気になりますよね。

 

先ほどもお伝えしましたが、濡れたタオルを干すだけでは意外とすぐに乾いてしまうことがあります。

わが家も濡らしたタオルを干す方法は試したことがあり、寝る前に干したものが朝になると乾いてしまっていたことがあります。

タオルを干すともちろん加湿効果は期待できますが、長時間の加湿には不向きな面もあります。

 

また、霧吹きなどを使用するのも加湿効果がありますが、カーテンやソファなどの布製品を程よく湿らせる必要があり、カビなどの発生が心配なのと、やはりすぐに乾燥してしまいます。

 

最近では、ペットボトルを使った加湿器などもありますよね。

このようなタイプは部屋全体を加湿するのは難しく、置いた周辺のみに加湿効果が高いとされています。

 

洗濯物などを室内に干すと湿度を上げる面積が広くなるため、部屋全体の湿度を上げることができ加湿効果を得ることができます。

 

加湿器 掃除しやすい・お手入れ簡単おすすめは?

加湿器はとても便利なアイテムですが、お手入れが大変だったりめんどくさかったりしますよね。

 

しかし、お手入れを怠ってしまうと雑菌が繁殖する原因にもなり、体に悪影響を与えてしまいます。

 

加湿器を選ぶ際のポイントは、もちろんしっかり湿度を上げてくれることですが、それに加えて「お手入れが簡単で掃除しやすい」ということです。

 

加湿器にも超音波式を始め、スチーム式、気化式、ハイブリット式など様々な種類があります。

 

その中でもおすすめなのが、スチーム式の加湿器です。スチーム式は加熱をおこない水蒸気が出てくるので、清潔です。

 

 

こちらの加湿器は、フィルターも無くしっかりと奥まで手が届き掃除しやすく、お手入れも簡単です。

 

しかし、スチーム式はお子様がいるご家庭では心配ですよね。

 

 

こちらは、チャイルドロック機能や倒れても水がこぼれない設定にもなっているので安心して使用することができます。

 

わが家では、ハイブリット式の加湿器を使用しているのですが、本当に掃除が面倒で毎回掃除するのがストレスになっています。

 

なかなか奥までキレイに洗えないし、フィルターの交換などもあってとにかく大変です。

 

次に加湿器を購入する機会があったら、機能性もあって、お手入れも簡単な加湿器にしようと思います。

 

まとめ

ご自宅に加湿器が無くてもバケツやタオルを用いて簡単に加湿器を作ることができます。

 

部屋全体を加湿するのは難しいですが、限られたスペースを加湿するのは最適です。

水を張っているので転倒させてしまわないように十分注意が必要です。

 

その他にもペットボトルを使ったり、洗濯物を室内干したりする方法などもあるので使う部屋の広さなどに合わせて試してみてくださいね。

 

また、加湿器を選ぶ際は掃除しやすくてお手入れしやすいのもポイントになります。

 

スチーム式の加湿器などは、他のタイプに比べて清潔でお手入れもしやすいのでぜひ参考にしてみてください。

 

ご自宅に合った加湿器を見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました