ハンカチが水を吸わない。素材のせい?洗濯で吸水性変わる?

スポンサーリンク

手を洗う機会も多く、おでかけには必須のハンカチ。

暑い時期にも大活躍してくれるアイテムですよね。

最近のハンカチは種類も豊富で機能性も高く、とても便利です。

しかし、そんなハンカチがなかなか水を吸わなくてイライラしたことはありませんか?

 

水を吸わない理由は、素材の関係ももちろんありますが、実はハンカチの製造過程での作業が関係しているんです。

洗濯することで改善されることがほとんどなので、水を吸わないと思ったら洗濯機で洗ってみましょう。

 

今回は、ハンカチが水を吸わない原因おすすめのハンカチなどについてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

新しいタオル・ハンカチが水を吸わない理由は「糊(のり)」落とし方は?

タオルやハンカチってプレゼントされる機会も多く、機能性に優れていたり、可愛かったりして重宝しますよね。

しかし、新しいタオルやハンカチをいざ使ってみると全然水を吸わないこともあります

 

私も友人からもらったブランド物の可愛いハンカチを使ってみたところ、吸水力が弱くてがっかりしたことがあります。

 

新しいタオルやハンカチが、水を吸わない原因として挙げられるのはタオルやハンカチの製造過程での作業が関係しています。

 

タオルなどを製造する際に糸が切れるのを防ぐために、「糊(のり)」を吹きかける工程があります。

この工程をおこなうことでタオルの強度を高めてくれます

 

一般的には、吹きかけた後は落とされますが、落とし切れていない糊(のり)が残っているとタオルの吸水性が悪くなってしまいます

 

糊(のり)を落とす方法として最適なのは、洗濯することです。

洗濯することで付着しているほとんどの糊(のり)を落とすことができますよ。

 

重曹を使用して洗うとさらに吸水力もアップするようなので、ぜひお試しください!

 

私の洗濯好きの夫は、この吸水力のアップする方法を知っていたようでいつも新品のタオルやハンカチなどを使う際は必ず使用前に洗濯しています。

夫は、タオルやハンカチ以外にも新品の衣服なども必ず洗濯します。

 

衣服などにも糊(のり)がコーティングされていることが多いらしく、洗濯することで吸汗性をアップしてくれるとのことです。

主婦の私より洗濯に関しては物知りです…(笑)

 

ハンカチ吸水性・速乾性◎おすすめ紹介

ハンカチは日常的に使用するものなので、やはり吸水性や速乾性がある物の方が助かりますよね。

そこで、吸水性も速乾性も優れたおすすめのハンカチをいくつかご紹介していきます。

 

まず、おすすめなのはマイクロファイバーを使用したハンカチです。

マイクロファイバーは、ナイロンとポリエステルを使用した合成繊維で細かい繊維が水分をしっかりと吸収してくれます。

また、速乾性もあるので濡れたままのハンカチを使わなくてすみます。

しかし、私は肌が弱いこともあり、マイクロファイバーの手に引っかかる感じが少し苦手です。

 

そんなマイクロファイバーの素材感が苦手な方におすすめなのが綿100%のパイル生地のハンカチです。

柔らかくて触り心地も良く、吸水性や速乾性も高いので小さなお子さんにもおすすめです。

 

我が家の子供たちも肌が弱いため、基本的に使用する素材はほとんど綿100%のものばかりです。

肌の弱いお子さんでも安心して使用できるのでぜひ使ってみてくださいね。

 

まとめ

暑い時期や手洗いのときに大活躍してくれるハンカチですが、吸水性が悪いと地味にストレスですよね…

 

そんな時は洗濯をしてみて付着している糊(のり)を洗い流してみましょう。

干すときにしっかりパンパンと振って干すのも効果的なようなので試してみてくださいね。

吸水性がアップしてくれるはずです。

 

機能性に優れたタオルやハンカチは様々ありますが、特に吸水性や速乾性に優れているのはマイクロファイバーや綿100%のパイル生地などがおすすめです。

 

ご自身に合ったものを選んで使用してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました