ヴィトンを分割は恥ずかしい…「あとから分割・リボ払い」は救世主?

スポンサーリンク

高級ブランドのルイヴィトンの製品を購入するときってどんなときでしょう?

自分を鼓舞したいときとか、大切な人への贈り物とか。

背伸びをして、いつもとは違う非日常を楽しむときなのではないでしょうか。

だって、何十万もする財布やバッグなど、なかなか普段買いできないですよね。

 

しかし、ヴィトンを一括でパっと支払える人など、ごくわずかです。

それでも、高級感あふれる正規直営店の店員さんに、「〇回払いで・・・・。」なんて言うのは

少し恥ずかしいですよね。

 

そういうときに便利なのが、「あとから分割あとからリボです。

これは、一括払いなどで決済した分の支払い方法を、後日、別の支払い方法に変更できるサービスです。

後から変更できるのであれば、店頭では堂々と「一回払いで。」と言えますよね。

 

変更の仕方は、カード会員向けのWEBサービスか、電話での変更か、

いずれかで行うことになっています。

カード会社によってシステムが違うので、WEBでしか変更できない場合もありますのでご注意ください。

 

ここからは

ヴィトンを「あとから分割」お店にわかる?注意点とデメリット

「リボ払いはやばい」ってなぜ?分割と何が違う?

についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

ヴィトンを「あとから分割」お店にわかる?あとから分割 注意点とデメリット

「あとから分割」をした場合に、それがヴィトンのお店の人にもわかるようになってるのかしら。

見栄はってるのがバレてめちゃくちゃ恥ずかしい・・・・・。」

 

そんな心配は無用です!!

 

どんな支払い方法をするかは、あなたクレジット会社の間の問題です。

あなたが、どんな支払い方法をしようとも、ヴィトンのお店には、クレジット会社から一括でお金が支払われます。

お店の人はあなたが「あとから分割」に変更しても、一切わかりません

 

しかし、便利な「あとから分割」ですが、利用するときには注意点が3つあります。

 

  • 決められた期日までに変更手続きをしなければならない。

変更期日までに「あとから分割」の申し込みを済ませないと、当初のとおり一回払いで支払わなければなりません。

締め切りを確認しておきましょう。

 

  • 手数料がかかる。

これは、分割払いやリボ払いにおける最大のデメリットでもあります。

通常、クレジットカードで一回払いでは手数料が発生しませんが、分割払いでは必ず手数料が発生します。

各カード会社で設定されている年利が違いますが、平均的に利用額の15%の手数料をとられると思っておくと間違いないでしょう。

ルイヴィトンの20万の財布をあとから分割にすると3万円の手数料ということになります。

手数料だけで3万円は、けっこう痛い出費ですよね・・・。

 

  • 分割払いから分割払いへの変更はできない。

見落としがちな注意点として、原則支払い回数の変更はできないがあげられます。

変更できるのは、最初の設定が「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」の三つです。

「10回払いにしていたけれど、その月に出費が重なったので、24回払いに変更したい」ということはできないのです。

支払い回数の設定は慎重におこなう必要がありますね。

 

「リボ払いはやばい」ってなぜ?分割と何が違う?

では、「あとから分割」と「あとからリボ」の違いはなんでしょうか。

リボ払いの仕組みが難しいと思っている人が多いようです。

しかし、金額を一定にするか回数を一定にするか、の違いだけなんです。

 

・支払い回数を厳守。→分割払い

・毎月の支払い金額を厳守。→リボ払い

分割払いは、6回払いや10回払い、など支払い回数を決めて、総額と金利を返済します。

したがって、最初の月や最後の月の金額が違ってきたりしますよね。

 

それに比べてリボ払いは、月々の支払金額を一定に固定します。

したがって、分割払いと比べて支払い期間が長期化する傾向があります。

 

この【支払い期間の長期化】が「リボ払いがやばい」と言われる最大の原因です。

なぜなら、支払い回数が増えれば増えるほど利息が大きくなるからです。

リボ払いは、毎月の支払額を抑えられるメリットがある反面、利息がふくらむデメリットがあるのです。

 

リボ払いの設定には大きくわけて2種類あります。

①定額方式 ②残高スライド方式の2つです。

 

定額方式とは

毎月あらかじめ設定した支払い金額を支払うしくみです。

 

残高スライド方式とは

利用残高によって毎月の支払金額が変動するしくみです。

例えば、利用残高は10万円以下の場合は毎月1万円の支払い・10万~20万の利用残高の場合は毎月2万円。などと設定されていた場合です。

この場合、3万円のお買い物をした月も、3万と7万の計10万のお買い物をした月も、同じく

1万円ずつしか支払わないことになります。

 

例えば、5月に3万円のお買い物をしたとします。

翌月6月にさらに5万円のお買い物をしたとします。

これを毎月1万円ずつ支払うリボ払いにしていた場合、5月に1万円支払い、残額が2万残っています。

6月には、残額2万+5万=7万の支払いがあるにも関わらず、1万円しか支払われません。

月々の支払いは楽になりますが、それをきちんと把握せずにお買い物をすると、支払い期間がどんどん長期化する事がおわかりいただけると思います。

すると、利息が何倍にも膨れあがり、支払い総額が増えるというわけです。

 

リボ払いを利用するときには、支払い残高がいくらあるのかを常に把握して、計画的に買い物をする必要があるのです。

 

まとめ

思いきってルイヴィトンで高額なお買い物をする際に、どのような支払い方法をしていくか、

検討できたでしょうか?

 

店頭では、見栄をはって「一回払い」にしても、あとから分割やあとからリボ払いに変更することができました。

ヴィトンの店員さんに「あとから分割」の利用などはまったくわからないので心配ないですが、

手数料が発生するので注意しましょう。

 

また、リボ払いのメリット・デメリットをよく理解しないと、支払い期間が長期化して利息に苦しめられることになります。

基本はいつでも「ご利用は計画的に。」なんです!

素敵な買い物ができるとよいですね。

タイトルとURLをコピーしました