クッションフロアの傷・凹み・えぐれ「賃貸」どこまで負担?原状回復

スポンサーリンク

賃貸物件に住んでいると気になるのが家の傷。

「クッションフロアを椅子で傷つけてしまった」

「ものを落として凹んでしまった」

「家具を移動した際にえぐれてしまった」

住んでいたら1度や2度はあったりしますよね。

 

今回はそんな賃貸物件のクッションフロアを傷つけてしまった場合

「原状回復とは?」

「傷って補修できるの?をご紹介します。

 

スポンサーリンク

クッションフロア賃貸の原状回復。通常損耗・経年劣化は「0円」も!

賃貸の原状回復

 

これだけを聞くと「最初に借りた時の状態に戻すこと」と思う方も多いと思います。

 

実際2020年の法改正以前は原状回復について明確なルールがなかったので、

貸主と借主との間でトラブルになりやすかったりもしたようです。

 

2020年の4月に法改正され、原状回復の義務の対象にならない

通常損耗経年変化にあたる例が明確化されました。

 

どうなったかというと、

借りた部屋に住んだ後に生じた損傷については

原状回復の義務を負うことが必要。

 

ただし、通常の損耗経年変化については

義務の対象にならないと明記されています。

 

つまり家具の設置による床の凹みだったり壁紙の日焼けだったり

借りた人の過失や故意によるものではないものは

責任を負う必要はないということです。

 

住んでいる間に自然とできてしまったものについて

対象にならないのですね!

 

逆に借りている人の過失や故意による損耗は特別損耗と判断され、

原状回復の義務の対象になります。

 

ですので、タバコのヤニ汚れや、誤って傷つけてしまったものに関しては

こちらで直すかもしくは修繕費を支払う必要があります。

 

クッションフロアは柔らかいので、ちょっとしたことで傷がつきやすいです。

 

例え小さい傷でも、職人さんが来て直す場合は人件費もかかってしまうので

それなりに金額が発生してしまうようです。

 

ちょっとした傷なのに修繕費が発生してしまうのはできれば避けたいですよね。

修理が大丈夫であれば、できるだけ自分で直して費用を抑えたいところです。

 

そこで次は、小さい傷を自分で補修する方法をご紹介します。

 

クッションフロア傷・えぐれ補修「フローリング補修用のクレヨン」

クッションフロアの傷の補修には

「フローリング補修用のクレヨン」がおすすめです。

 

傷を補修するのに必要なものは

  • フローリング補修用のクレヨン
  • ドライヤー

この2点です。

 

仕上げ用に雑巾も準備してください。

フローリング補修用のクレヨンはホームセンターなどで購入できますよ。

 

クッションフロアを直す際は、

“ビニール素材にも使える”と記載のあるものを選んでくださいね。

 

補修方法は、まずクレヨンをドライヤーで温めて柔らかくします。

次に傷の部分にクレヨンを塗りこみます。

使用するクレヨンはフローリングに近い色を選んでくださいね。

塗ったら付属のへらなどでならします。

最後に雑巾などでこすって全体をなじませたら完了です。

 

ドライヤーで温めて塗るだけなので、とっても手軽ですね!

 

小さい傷程度ならこの方法でもいけそうです。

 

ただし、大きい傷や傷の種類によっては

この補修用クレヨンだけでは直せないものもありますので注意してくださいね。

 

まとめ

賃貸の原状回復と、小さい傷の補修方法についてご紹介しました。

 

重い家具の凹みなんかはこちらで直す必要がないことがわかったり、

少しくらいの傷なら自分でも補修できたりなんてことがわかると少し安心しますね。

 

補修用のクレヨンなら保管するのにも邪魔にならないので、

もしもの時の場合にすぐ使える様に準備しておいてもいいかもしれません。

 

ただし賃貸物件によっては自分で修理することを禁止している物件もあるそうなので、

直す前に確認だけはした方がよさそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました