マンションで自転車盗難された!管理会社の責任問える?補償はある?

スポンサーリンク

マンションなどの駐輪場で自転車盗難の被害に遭うケースは、意外と多く私の友人も被害に遭ったことがあります。

マンションの敷地内だし、盗難されても管理会社に責任を問えると思われているあなた。

実は管理会社には盗難防止の義務などもなく、多くの場合は保有者の自己責任となり管理会社に責任を問うことは難しいとされています。

しかし、保険に加入していれば内容によって補償の対象となるケースもあるので確認しておく必要があります。

 

こちらでは、自転車を盗難された場合の管理会社の責任について保険の対象などについて詳しくご紹介していきます。

 

▼こちらも合わせてどうぞ

【結論】au自転車サポートいらない!勝手に契約←解約できる?
毎月KDDIから届くau利用料金のご案内に auかんたん決済/サービス/税込 550円 という明細が載るようになった。 クレジットカードの請求書にも、この550円分だけわざわざ「別明細」で載っている。 ...
スポンサーリンク

自転車盗難された!防犯カメラ見せてもらえる?設置無しの責任は?

マンションなどで自転車が盗難された際に、設置されている防犯カメラを確認させてもらって、一刻も早く犯人を見つけたくなりますよね。

しかし、自分で管理会社に連絡をして「防犯カメラを見せてください!」と直談判したとしても、見せてもらうことはできません。

住人のプライバシーの問題などがかかわってくるからです

 

まずは、警察に自転車盗難の被害届を出しましょう

警察が犯罪捜査のために確認する必要がある場合は、防犯カメラの映像を見せてもらえる場合があります。

被害届を出す際は、防犯登録番号が必須となるので事前に防犯登録をおこない、書類をまとめておくとスムーズに進むでしょう。

 

では、マンションに防犯カメラが設置されていなかった場合は、管理会社に責任を問うことはできるのでしょうか?

 

実は、防犯カメラ無しでも管理会社に責任を問うことは難しいんです。

盗難防止のために防犯カメラを設置しないといけないという責任や義務もありません。

 

私は、マンションではなくアパートに住んでいて駐輪場はあるのですが、防犯カメラなどは無いです。

屋根はありますが、ほぼ野ざらしの状態で「簡単に盗まれそうだな~」といつも心配です。

かといって「防犯カメラを設置してほしい」という勇気もなく、そのままの状態です。

 

防犯カメラが設置されているだけでも抑止力につながりそうですよね。

 

マンション敷地内で自転車盗難された責任どこか?保険が下りる場合も

マンションの敷地内で自転車盗難された場合は、自己責任という形になってしまいます。

多くの場合、入居時などの規約に盗難された際は自己責任という記載がされています。

ちゃんと敷地内に駐輪していたのに、自己責任といわれるとなかなか納得できませんよね。

 

しかし、マンションなどは火災保険の加入が必須がほとんどなので、保険の内容によっては補償が下りる場合もあります。

 

マンションの敷地内指定の駐輪場などで自転車盗難の被害に遭った場合は、対象となることが多いようです。

敷地外や外出先で盗難にあった場合は、対象とならないケースもあるので注意してください。

 

施錠の有無でも対象となるかが異なる保険もあるようなので、加入している保険内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ

マンションでの自転車盗難は、管理会社に責任を問うことは難しくほとんどの場合、自己責任ということになります。

盗難被害に遭ったらまず警察に被害届を出し、防犯カメラが設置されている場合は確認できるようにしましょう。

防犯カメラが設置されていない場合も責任を問うことが難しいですが、管理会社や大家さんに設置をお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

 

また、加入している保険によっては補償がうけられる可能性もあるので、保険内容を確認しておくことも大切です。

 

大切にしていた自転車を盗難されるのは悲しいですが、正しい知識を身につけておくことで、犯人が見つけられたり補償がおりたりするかもしれません。

ぜひ、一度ご自身の加入されている保険の内容を確認してみてくださいね。

私も加入している保険内容を知らないのでこの機会に確認してみようと思います。

また、防犯グッズなどを使って自分でできる限りの防犯対策もおこなってみるのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました