5分で作れるエコバッグ!新聞紙で親子一緒に楽しめる!

スポンサーリンク

今日は、新聞紙で作る

エコバックの作り方をご紹介します。

引用元:ピンタレスト

 

気軽に時間をかけずに

子供と一緒に作れるくらい

エコバックを作れたら嬉しいですね。

 

夏休みの自由課題にも使えそうですよね。

 

新聞でできるので

環境にも優しいですしね。

 

そこで、今回は

エコバッグは作り方次第で子供でも簡単にできる!

エコバッグの作り方・たためるバッグ編

についてご紹介します。

スポンサーリンク

エコバッグは作り方次第で子供でも簡単にできちゃうんです。

手作りエコバックは、

新聞を用意するだけ。

子供でも簡単に作れます!

 

オシャレな広告面を魅せるのも素敵ですね!

 

まず、作り方をご紹介します。

用意するもの

  • 新聞紙1枚
  • 持ち手(新聞紙の4分の1を2枚分)
  • のり or ボンド
  • はさみ
  • クリップ or 洗濯ばさみ

持ち手の台紙用として

16分の1の新聞紙を2枚分用意しましょう。

新聞紙エコバックの作り方「本体」

きれいに作るためのポイント

  • 折り目はきちんと折ること
  • のりのつけすぎに気を付ける

 

新聞紙エコバック

「本体」の作り方を説明します。

 

バッグの外側にしたい面を

「裏側」にして広げます。

 

上の、日付けの線で「谷折り」にします。

 

谷折り部分に合わせるように

新聞を二つ折りにしてのりつけします。

 

そして、右側を10センチ折り

反対側も同じようにおります。

 

筒状になっているので

10センチの右側を

左側の口に差し込みます。

 

そして、重なる部分を糊付けします。

 

そのまま、下から上に半分折り

「底」を作りましょう。

 

折った部分に手を入れて

右と左に「三角」ができるように開きましょう。

新聞紙エコバックの作り方「持ち手」

持ち手は「カラフルな色」を選ぶと映えますよ!

 

持ち手は、4分の1の新聞紙の

角10センチ10センチで三角をおります。

 

それを、くるくる巻き付けて接着しましょう。

 

同じものを2本作ります。

 

2つにおり

それにカーブを付けます。

 

16分の1の新聞紙を半分におり

その上に先ほどのものをつけましょう。

 

こちらを、本体に取り付けて完成です。

 

新聞紙でエコバックの作り方を

ネットで調べるとたくさん動画が出てきます。

 

「手作りはやっぱり面倒だな」と思った方は

こちらも参考にしてみてください。

レジ袋有料化!ママ向けエコバック折りたたみ式おすすめ3選!
レジ袋の有料化は、 最近ニュースでも話題ですが 我が家の住んでいる町でも、 もう8年ほど前からスーパーなどで 有料化しています。 引用元:CDS-Rマリメッコオンラインショップ楽天市場 主婦ならエ...

エコバッグの作り方・たためるバッグ編

エコバッグの作り方で

「たためるバッグ」には

どのようなものがあるのでしょうか。

 

引用元:nunocoto

たためるエコバッグの作り方は

布で簡単に作れます。

 

たたんだ時に、かさばらないような

薄めで丈夫な生地を選びましょう。

たためる布エコバックの作り方

本体用に

「縦49センチ横40センチ」の布

これを2枚用意しましょう。

 

ポケット用は

「縦26センチ横15センチ」です。

 

バッグの紐用は

「縦60センチ横6センチ」を2枚です。

 

nunokotoというホームページで

詳しい作り方が紹介されています。

 

ハンドメイド初心者でも

簡単に作れそうでした。

しっかり丈夫なのに、たためる

ということが大切ですね。

 

急な買い物ができた際には

このようなエコバッグがあるとよいですね。

 

布をおしゃれなものにすると

簡単でも自分好みの

おしゃなエコバッグになりますね。

まとめ

今回は、

エコバッグは作り方次第で子供でも簡単にできちゃうんです。

エコバッグの作り方・たためるバッグ編

についてご紹介してきました。

 

エコバッグが、簡単に新聞でも

作れることは大変興味深いことでした。

 

ぜひ、作ってみたいなと感じました。

子供と一緒に作ることもできますね。

 

子供とエコについて

考えながらも作ることができるので

大変お勧めできます。

 

他にも、布で作れるエコバッグも

親子で一緒に楽しめそうです。

 

子供が、エコバッグに

関心を持ってくれるでしょうし

子供と環境について考えるようになるでしょう。

 

エコバッグにも、いろんな種類で

できているものがあるのだなと調べて思いました。

タイトルとURLをコピーしました