チャイルドシートで保冷剤 冷えすぎや凍傷は大丈夫?安全な使い方!

スポンサーリンク

夏に赤ちゃんと一緒にお出かけする際に気になるのが、チャイルドシートの暑さです。

汗びっしょりでグズッている姿を見ると「早く冷やしてあげないと!」って思いますよね。

特に赤ちゃんは体温調整が苦手なため汗をかきやすいです。

 

保冷剤など使って体を冷やしてあげることも大事ですが、実は使い方によっては冷えすぎてしまっていることもあります。

 

まだ自分の意思を伝えられない赤ちゃんが、チャイルドシートで安全で快適に過ごせる方法をご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

チャイルドシートの保冷剤・冷却シートのおすすめは?100均にも

夏場の車内ってクーラーが効くまでは、暑すぎて地獄ですよね。

 

チャイルドシートも熱くなるので、保冷剤や冷却シートなどを上手に使って快適に過ごせるようにしてあげる必要があります。

 

チャイルドシートはずっと座っているため、背中など同じ部分に保冷剤があたって冷えすぎる場合もあるんです。

 

最近では、冷えすぎないようなものなど様々な種類の保冷剤や冷却シートがあります。

 

そこで、おすすめポイントをいくつかご紹介します。

 

マルチに使用できる

チャイルドシートだけではなく、抱っこ紐やベビーカーに使用できるタイプもおすすめです。

 

 

背中部分のポケットがアルミ素材になっていて、そこに保冷剤を入れてチャイルドシートや抱っこ紐につけることができます。

 

実際に私はこのタイプを息子に使用していました。

楽ちんだし、とても便利でした。

 

冷えすぎない冷却シート

保冷剤は、冷えすぎる心配がありますよね。

そんな時は冷却シートを使ってみるといいですよ。

 

冷却シートは保冷剤が入っておらず、接触冷感の素材を使用しているものやメッシュ素材を使っているものが多く、冷えすぎてしまう心配もありません。

メッシュ素材だと通気性も良く、サラサラです。

100均グッズ

100均では、ひんやりジェルマットなどがあったり、種類豊富な保冷剤もあったりします。

 

保冷剤はお弁当箱に使うタイプの小さいものだと、冷えすぎないのでおすすめです。

とっても可愛い柄のものなど数多く揃っていて、最近の100均の品揃えの良さに驚きました。

 

息子が赤ちゃんの時は、このような情報を全く知らずに育児に追われていました。

便利なものを上手く活用しながら、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

 

 

チャイルドシートの汗対策・暑さ対策に「送風ファン」1番安全で確実

チャイルドシートの暑さ対策には、保冷剤や冷却シート以外にも「送風ファン」というものがあります。

 

 

これは、ベビーカーやチャイルドシートに装着して使用できるファン付きのシートです

 

ファンは子どもが簡単に触れることがないようにバッグに収納されており、安全性も高いものとなっています。

 

ファンが付いているので赤ちゃんとシートの間に空気を送ることができ、効率的にお尻や背中に風がいきわたって快適に過ごすことができます。

 

なんと車内のエアコン起動前と後では、20度近くシートの表面温度が変わるとのこと。

 

赤ちゃんは、お尻や背中に特に汗をかきやすく、オムツがむれてお尻がかぶれてしまったり、あせもができてしまったり、

デリケートな赤ちゃんには暑さは大敵です。

 

私の息子も肌が弱かったこともあり、オムツかぶれやあせもに本当に悩まされました。

 

送風ファンはメッシュ素材なので通気性も高く、このようなオムツかぶれやあせもなども防いでくれます。

 

保冷剤などでも、もちろんチャイルドシートの暑さ対策をすることができますが、逆に冷えすぎてしまうということもあります。

 

送風ファンは、体全体に確実に風を送ってくれて安全も高く、快適に過ごすことができます。

 

私は保冷剤タイプを使っていたとお伝えしましたが、いつも冷えすぎていないか、溶けてぬるくなってないかなどを確認していました。

 

それが地味にめんどくさかったことを覚えています。

送風ファンならそんな悩みも一蹴りですよね。

 

息子が赤ちゃんの頃に、この送風ファンの存在を知っていれば確実に購入していたと思います。

 

 

まとめ

チャイルドシートの暑さ対策には、保冷剤や冷却シート送風ファンなど様々なタイプがあります。

 

保冷剤などは冷えすぎてしまう可能性もあるため、安全で快適に過ごすなら送風ファンが良さそうですね。

 

夏の暑い時期、このような快適グッズを上手に使って赤ちゃんと一緒におでかけを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました