鏡に映った顔が暗い…化粧してもダメ、鏡が悪い?お肌のくすみ?

スポンサーリンク

朝になり目を覚まし、鏡を見ると

「顔が暗い?肌のくすみ?超ヤバい~ッ!!!」

ということ、毎朝続いたら

いっぺんにテンションは落ちますよね。

 

お化粧をしても効果なし。

鏡の中の私は

暗い暗いひどい顔。

 

どうしよう?!なに?!なに?!

と思ったら

鏡の向きを変えちゃいましょう!

スポンサーリンク

「鏡の向き」が大事だった!ただし北向きは風水的にNG

まず、鏡にうつる「自分の顔」

鏡に当たる光の明るさ、暗さで

見え方がかなり違うのです!

 

白に近い光か?

黄色っぽい光か?

光の違いは顔色の違いにつながるのです!!!

 

そして光の当たり方。

後ろ側や斜めから光があたると

どうなると思いますか?

 

なんと

かなりの老け顔になって自分に見えてしまうのです!

 

目元にはクマ。

そして、しわがやたら多いように見えるのです!

 

なんと光の当たり方だけで

顔の凹凸部分に影が出来て

強調されて見えてくるのです!

 

そして実際の顔より老けて見えてしまう!

 

夜のガラス窓に映った自分の顔

余計に老けて見えませんか?

 

光の当たり具合で

顔の様子がずいぶん違って見えてしまうのです!

 

私は夜の飲み会で

ガラスに映った自分を見て、

酔っていながらも、何度、ギョッとしたことか。

 

厚化粧防止テク!メイクするときも自然光の下がベスト!

お化粧するときはぜひ、

自然な明かりや光の下でお化粧してください!

 

光が偏った方向から入っていると

クマやしわなどに見えてきて、

 

厚化粧をしちゃうことが

あり得るからです!

 

私も何度、明るさが違う場所で

自分のお化粧顔に愕然としたことか。

 

風水では「鏡の北向き」はNG!

手鏡ではない時は

特に鏡の置き場所には要注意です!

 

なんと風水的に

北向きに置き鏡をすると

いい運気が逃げてしまう!

と言われているのです。

 

また、玄関・入り口のドアが

鏡に映ってしまう向きに置くと

これもまた良い運気が逃げる!といわれています。

 

鏡は風水でいうと

気を跳ね返すぐらいの強力なパワーを持つ!

と考えられているのです。

 

なので、窓や玄関から入ってくる

「良い気」の流れをはね返してしまわないよう

鏡の置き場所には気をつけてくださいね。

 

鏡の顔、写真と全然違う!どれが本当の自分?

私はいつも

写真で自分の顔を見ると、

 

あまりのブサイクさにがっかりしますが…

 

確かに美人だとは可愛いとは思っていない。

でも、

こんなに?こんなにひどい?と。

 

鏡はもうちょっとマシなはずなのにッ!と。

 

写真や鏡の顔は自分のイメージとおなじですか?

違うなぁと感じますか?

 

実はこれも

光の当たり具合はもちろんのこと

顔が緊張して力が入るので、

 

顎を引きすぎていたり、

顎をあげすぎていたり。

 

その時、その時で

表情がいつもと変わってしまうので

きちんとうつらないことがある!のだとか。

 

では、なぜ

鏡の中の顔と写真の中の顔は

違うのでしょう?

 

表情が硬いことは

原因の一つではありますが、

 

実は鏡の顔。

誰かが自分の顔を見た時の顔とは

ちょっぴり、いや、かなり違うのです!

 

鏡で右手を上げる自分を見ると

自分の側から見れば右手ですが、

鏡の側からみると左手をあげています!

 

つまり

左右が逆に映っているのです!

 

右目が左側に

左目が右側にあるものを

自分の顔のように見てしまっている訳です!!!

 

ですから、カメラの顔と鏡の顔が

違って見えても仕方ないのです!

不思議ですね!

 

まとめ

「鏡に映る自分の顔」について紹介しました。

 

「鏡に映る自分の顔」が

いつも暗くてどんより顔のとき

 

ぜひ、鏡の置き場所

光の当たり方

を要チェックです!

 

そして写真を撮る時は

顔をリラックスです!

硬くない表情でいてくださいね!

 

写真家や絵を描く人は

「美しいもの」を見つけるのが得意です!

 

人はそれぞれ

その人にしかないとてもいい表情をもっています!

 

自分で思うよりも

可愛かったり美人だったり

特に、リラックスしているときほど

あなたらしい良い表情で過ごしていること絶対あります!

 

もともと人は

気持ちが含まれたかたちで

物事を見たり、聞いたりしがちだと言われてます。

 

なので

ちょっぴり前向きな気持ちで

ぜひ自分にしかないステキな笑顔だと

どこか心の片隅に思いながら

 

写真を撮ったり

鏡をのぞいてみてください!

 

私もげんなりしてばかりも寂しいので

そんな気持ちでのぞいてみます!

タイトルとURLをコピーしました