ラミネートの上からラミネート出来る?上手に成功するポイント!

スポンサーリンク

ポップを作る際、ホコリなどの汚れから守る為にラミネート加工をすることはよくあると思います。

しかし、一度ラミネートしただけではなんとなく頼りない…

そんな時、もう一度ラミネートすればとっても丈夫になるってご存知でしたか?

しっかり厚めにラミネートしたポップで、お客さんの目線を集めましょう!

上手に成功する方法を、以下で詳しく解説しますね!

スポンサーリンク

ラミネート2枚重ねしたい!2回通す際はしっかり冷ましてから

ラミネート加工を重ねる上で重要なのは「温度」「厚み」です!

まずは「温度」についてお話しします。

2回目のラミネートをする場合は、
熱でふやけたフィルムが機械に絡んでしまう可能性があります。

必ず、しっかり冷ましてから行いましょう!

ラミネートフィルムは2枚重ねより超厚口!おすすめは?

販売している会社によって素材は違ってきますが、

3層構造のラミネートフィルムの方が、波打ちやシワが入るなどの失敗は少なくなります。

ポップにするなら、断然3層構造がオススメです!

▼超厚口のラミネートフィルム

厚手の場合、フィルム1枚あたりの単価は高くなりますが、

2枚重ねで失敗&やり直しするリスクや手間を考えると、最初っから専用フィルムを使うほうがストレスフリーですね。

ラミネート2枚重ねのポイント「厚み」

続いて、フィルムの「厚み」についてお話ししますね。

ここで少し、ラミネートフィルムの構造についても触れておきます。

ラミネート加工に用いられるフィルムは、安価なものは2層構造、高品質なものになると、上記の2層の間にもう1つ素材が挟まれている3層構造のものがあります。

どの商品も、一番外側の素材が最も融解温度が高く、ラミネートしたい面にある素材は、低めの温度で融解する仕組みとなっています。

外から熱を加えたときに全てのフィルムが溶けることなく、きれいにラミネート加工を施せるのには、こんなカラクリがあったのですね。

ラミネートを重ねる場合、ラミネーターに入る厚さまではフィルムを重ねることができます。

余白が残っている場合は、切り落としてから2度目のラミネートをすることできれいに仕上がりますよ。

▼こちらの記事も合わせてどうぞ!

ラミネート加工失敗したらはがせる?波・シワ、綺麗に剥がすコツは?
秋も深まってくるとイベント日和♪ でも、いざイベントに向けてラミネート加工をしたら失敗してしまった! そんなことありますよね。 ご安心ください! ラミネートは温めればきれいにはがすことができるのです! ...

ラミネート適温はフィルム厚で異なり厚手だと高め必要

ラミネートフィルムが厚くなればなるほど、熱も満遍なく伝わりません。

その場合、それなりの高温が必要になってきますが、一気に温度を上げてしまうと波打つ原因となります。

まずは低温(約100度)からスタートし、様子を見てください。

温度が適温にならずムラができてしまった場合は、すぐに温度を上げて、もう一度ラミネーターに通してみましょう。

これできっとうまくいきます!

(万が一失敗した時用に、原紙のコピーを多めに用意しておいてくださいね!)

ちなみに…

重ねたラミネートが綺麗にできた場合でも、「まだ厚さが全然足りない!」と感じたら、フィルム自体の厚さを変えてみるのも手段の1つです。

一般的に、ラミネートフィルムの厚さはμ(ミクロン)で表記されています。

100ミクロン=0.1㎜相当となっており、以下の順で厚みが増していきます。

・ 100ミクロン(0.1㎜)
・ 150ミクロン(0.15㎜)
・ 250ミクロン(0.25㎜)
・ 350ミクロン(0.35㎜)

数字だけでは想像が難しいかと思いますが、250ミクロンまでいくとプラスチックほどの固さになりますので、ポップなどではなく、看板に使われたりしています。

フィルムの厚さと比例し、硬く・重く・丈夫になっていくのですね。

一般的なポップに使用されるものは、最初に登場した100ミクロンです。

100ミクロンの次に丈夫な150ミクロンにすれば、100ミクロンのものよりしっかりしていますし、反りにくいのも嬉しいポイントです!

それよりも厚い250ミクロンになると専用ラミネーターが必要になってきますので、手近に試せるのは150ミクロンまでですが…

たった50ミクロン、されど50ミクロンといった差が生まれます!

「ポップの厚みが足りない!」と感じられたら是非お試しください♪

まとめ

いかがでしたか?

ラミネートする上で大事な「温度」と「厚さ」についてしっかり理解することで、丈夫で素敵なポップを作成できます!

販売促進につながる、大事なポップ…!

お客さんが思わず「おっ」と言いたくなるものを目指して頑張ってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました