保育園に退職内緒はマズい?バレると退園?切り抜けるには?

スポンサーリンク

相変わらず世の中の話題になっている「待機児童」の問題。

いったん退職してしまうと、すぐに保育園を退園させられるのでは?と心配なママも多いはずです。

それならば退職したことを保育所に内緒にしておけばいいかな、と考えてしまうことも仕方のないことです。

けれど退職したことを保育園に内緒にしても大丈夫なものなのでしょうか?

退職したことを黙っていたということで、退園させられることになりかねないのでは?

切り抜けるには何か方法はあるのか?と考えてしまいますよね。

結論から言うと、退職したことを保育園に黙っている、ということはけしてプラスにはなりません。

バレた時に退園、ということになりかねないのです。

むしろ退職したいと考えた時に、きちんと保育園や自治体の担当課に相談する方が退園を避けられるのです!

スポンサーリンク

保育園に退職日バレる理由・経路は?

毎年必ず提出が義務付けられている就労証明書

こちらを毎年提出することで、自治体は保育園の利用を許可します。

緊急連絡先でもある勤務先。

実は急な発熱の際などに保育園から勤務先に連絡がいってしまい、すでにママは退職していることがバレてしまったというケースがあります。

転職、退職は毎年提出する就労証明書で簡単にバレてしまうのが現実です。

また毎年提出するので、次年度提出した際に以前の記載と内容が異なると、かなり細かく調査され、場合によっては退園ということもありえます。

どのみち転職や退職はバレることになるので、退職を考えたときには必ず事前に保育園を担当する自治体の窓口へいきましょう。

かならず再就職まで猶予期間などがあるので、きちんと確認した上で計画的に退職することが一番賢い選択となります。

猶予期間は各自治体によって異なります。
なので、必ず確認が必要です。

保育園【就労証明書】知人・親戚でもOK?

就労証明書に記載する就労先

自営業の人は自営業として、記載しますし、個人でフリーランスをしている場合は自分の名前を事業主として記載します。

もちろん就労先が知人、親戚でも大丈夫です。

大切なのは、きちんと事業者の名前や事業者印、仕事の業種や事業内容などが就労証明書に記載できていることです。

→みずから独立開業して保育園を継続する方法はこちらを参考にしてみてください。

私の友人も実家の両親がやっている電気屋さんを手伝って働いていたので、一人息子くんは保育所に通園していました。

心配な時は担当課に問い合わせて情報収集をしておくと便利です。

自治体によって対応が変わることが多いので、情報収集をしておくと安心です。

保育園の退園回避「職業訓練」もおすすめ!

転職を決めた場合には、必ず退職する前に仕事を見つけておくか、或いは自治体の保育園入所の手続きを行う窓口に猶予期間がどれくらいもらえるのか相談に行きます。

そして計画的に退職→転職を行うのが賢い選択。

退職してから再就職までの1~3か月間は猶予期間として保育園の通所が可能です。(自治体により違う地域もあるため確認が必須)

最近では資格取得のためにハロートレーニングという職業訓練校へ通い、資格を取得するママもいます。

職業訓練校に通所となると、職業訓練終了から三か月以内に再就職できれば保育園に継続して通園が可能です。

職業訓練校へ通っている際は、求職活動中ということで保育園の利用も認められますし、託児施設を併設している学校も存在します。

転職を希望していることを担当課に伝えると、猶予期間がどれくらい与えられるか等、説明を受けることができます。

自治体によって猶予期間をはじめとした保育園入所の要件等が違うので、必ず担当課で情報収集を行ってくださいね。

まとめ

保育園に退職を内緒にしておくことは、けして保育園に通園させることのプラスにはなりません。

毎年提出する就労証明書で転職したことが分かってしまうためです。

退職時にきちんと届け出をしていないと、場合によっては退園扱いということもあります。

保育園を退園することなく、転職活動ができるように、できるところから調整してみてください。

仕事にイキイキと頑張る一人の女性であり、母である後ろ姿はきっと将来、子供たちにステキな大人像として残ること間違いなしです!

タイトルとURLをコピーしました