飛行機の預け荷物「ビニール袋・紙袋」はOK?スーツケース以外でも大丈夫?

スポンサーリンク

飛行機に搭乗する際、預け荷物としてスーツケースを使う方が一般的ですが

ビニール袋紙袋・ダンボール箱では都合は悪いのでしょうか。バッグ以外でも大丈夫なのでしょうか。

飛行機,預け荷物,ビニール袋,紙袋

調べてみると、国内線の預け荷物ではビニール袋や紙袋でも大丈夫とのこと。

物によっては、強度不足やフニャフニャしている荷物ならトレーに入れて運んでもらえることも!

中身がこぼれないようにフタ・口はきちんと閉じておきましょうね。

また、サイズの大きな荷物であれば、大きなビニール袋に包んでもらうこともできます。

一方で、国際線の預け荷物ではこのような細やかな対応は期待できません。

むしろ、海外の航空会社では、荷物は投げ飛ばされたり潰れたまま運搬されるのが普通です。硬いスーツケースとごちゃ混ぜにされたら、ビニール袋なんか穴が空いたり破裂しちゃうでしょう。

お土産・荷物が増えてしまって、現地で強度のあるバッグやスーツケースが調達できなかったら

  • ビニール袋は二重で使う
  • 洋服やタオルなど柔らかいものだけ入れる
  • 口はテープでしっかり閉じる(カウンターでお願いする)

など、万一ダメになっても諦めがつくような使い方をしたいところですね!

スポンサーリンク

飛行機の預け荷物「バッグ・スーツケース以外」もOK!ダンボールも!

飛行機,預け荷物,スーツケース以外,ダンボール

「飛行機の預け荷物はバッグやスーツケース以外でも大丈夫」これ意外と知られていません。

空港のカウンターにダンボールで荷物を預ける人も多いのだとか。

ダンボールの用途としては、引っ越し帰省の荷物を詰めるにピッタリです。逆に、開け締めが多い旅行には向きませんね。

ダンボールはスーツケースよりも軽いので便利な点はありますが、強度も弱いので少し困る点もあります。

飛行機の預け荷物「ダンボール」の最適なサイズは?

実際に預け荷物にダンボールを使っている人の声では

特に、100~120サイズのダンボールが使い勝手が良いとのこと。

大きなサイズだと、重いものを詰め込む場合、重心が偏り底も抜けてしまうから。

持ち手がついていると、持ち運びに便利ですね!

用途に合わせてダンボールを上手に使って、手荷物を作っていきたいですね。

飛行機の荷物・バッグ「高級ブランド品!はビニールカバーの心遣い」

飛行機でも、ヴィトンやグッチなど高級ブランド品ではビニールカバーをかける心遣いが見られます。

調べてみると、確かに国内線ではスーツケースを除き、柔らかい素材のバッグでは、大きなビニールでカバーしてくれるのだとか。

国際線では、国によりそれぞれ対応が異なるようですね。

カバーをお願いできないか相談してみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、飛行機 預け荷物 ビニール袋について調べてみました。

私は、今まで飛行機に乗ったことは数回ありますが、スーツケース・バッグが常識と考えていたので、このような方法もあるのだなと驚きました。

今回調べてみて、ビニール袋や紙袋でも大丈夫なことが分かりました。

国内線の預け荷物は、まさに『おもてなし』日本らしいきめ細やかな対応ですね。

ビニール袋も紙袋もきちんと、口を閉じていくと預けられるのですね。

しかし、やはりこれらはバッグなどよりはやわですから扱いについてはきちんとしていたいですね。

また、高級ブランドのバッグではビニールカバーの心遣いがあるとのこと。

海外では、お願いしてみると対処してくれる国も多いようです。

これが、どのような国でも常識になるとうれしいですね。

ブランド品はやはり傷をつけてはいけないという、感覚が多いからでしょうね。

このようなサービスがあると、荷物を預ける身としても安心して預けられますね。

今回のテーマは、大変勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました