ランドセルお下がりを修理するには?保証が切れていても大丈夫?

スポンサーリンク

一般的にランドセルは6年間の使用することを前提に作られているので、

ランドセルの保証は6年間のところばかりです。

 

最近では安いランドセルも出てきているので、お下がりを使う子は少なくなってきていると思います。

また地域や学校によって、低学年しかランドセルを使わない所もあるようです。

 

なので思っていたよりも綺麗に使えたなー

 

となると下の子にまわせるかも!なんて思いますよね。

 

でも壊れてしまった時の事が気になりますよね。

メーカーに問い合わせると、6年間の保証期限は切れているので有償になるが、修理はできるそうです。

 

でも必ずしも全てのメーカーが修理を受けてくれるわけではないので、まずは確認するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

ランドセルの傷は修理できる?保証が切れても受け付ける店はある?

ランドセルの状態にもよりますが、修理箇所が全体的に及ぶようなら新品を購入した方が安く済むのではないのかなと思います。

 

でも一部分だけの修理の場合。

 

メーカーに問い合わせる事をお勧めします!

 

なぜかと言うと、メーカーによって

希望する箇所の修理を受け付けているのかどうか

金額の確認

修理期間の確認

修理が長引いた時の代替品はあるのか

 

などその対応はメーカーによって様々です。

 

またメーカーや購入店が不明の場合、かばん・靴の修理屋さんや、

ネットで調べてみても、主にランドセルを修理をしているお店もあるので、

時間が許せばいくつか問い合わせてみてもよいかと思います。

 

例えばですが、こんな工房を見つけました。コチラ

 

お下がりランドセルの修理【料金・納期】の目安は?

上記でも述べましたが、一概には言い切れません。

ここではあくまでも一般的な相場として記載します。

 

修理の箇所にもよりますが、2千円〜1万円くらいでしょうか。

一箇所ずつの金額は数千円でも、何箇所も修理となると…

 

また修理の期間ですが、だいたい1ヶ月は見たほうが良いと思います。

 

ランドセルは職人さんが手作業で行なっていますので、時間がかかります。

そして時期によってランドセル製作のピークになる秋冬には納品時期は確認した方がよいでしょう。

 

まとめ

 

ランドセルのお下がりはいいと思いますが、最近では1年前の型落ち(未使用品)なら1〜2万円で購入できます。

 

万が一壊れて修理代金と修理期間に悩まされたりメーカーや地域によっては配送料がかかってしまったり…

 

など余計に手間やお金がかかることもあるので、なるべくならお下がりは避けた方が良いのではないかな。

 

と私は思います。

 

余談ですがランドセルをリメイクすることもできます!

6年間使ったランドセルの処分に困ったら、財布やキーケースなどにリメイクできるそうですよ。

 

もちろんお金はかかりますが…

タイトルとURLをコピーしました