パンダ笹だけ食べて太るのなぜ?元は肉食?涙ぐましい進化の理由!

スポンサーリンク

白黒のふわふわの毛並みと、ゆったりした動きが愛らしい、パンダ。

こどもからおとなまで大人気の動物です。

パンダ,笹,太る

そんなパンダのごはんといえば、ですよね。

ヘルシーなイメージの笹ですが、パンダって意外と太っているような…。

 

生まれて間もない赤ちゃんパンダは100g程度だったのが、

大人のパンダになると、なんと100kg近くにもなるそうです。

笹しか食べていないのに、どうしてこんなに大きくなれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

野生のパンダは肉食!虫や小動物を食べてた記録も

大人のパンダは、1日14時間以上を食事の時間とし、

12~16kgもの竹・笹を食べます。

野生のパンダ,肉食

しかしパンダは実は食肉目クマ科という分類で、

本当はとても肉食性の高い動物!

 

野生のパンダは、笹だけでなくタケノコや若芽も食べ、

ときには虫や小動物を捕まえて食べたという記録もあります。

 

しかしパンダの故郷である中国山岳地帯では、

厳しい環境や外敵から身を守るため奥地でしか過ごせず、

そこで冬でも枯れない食料となったのが、「竹」だったようです。

そのため、肉食から草食へ進化したというわけです。

 

パンダは笹の栄養を20%以下しか摂取できない

上記のように、パンダはもともと肉食の動物なので、

消化器官が肉食用の構造になっているのですが、

そのせいで笹を消化するのにとても効率が悪いのです。

 

シマウマやキリンのような草食動物なら

食べた草の80%が栄養分として吸収されるのに対して、

パンダの場合は、約17%ほどしか栄養分して吸収されません。

 

大人のパンダのカロリーは1日に約4000kcalと言われており、

このエネルギーを摂取するためには、たくさんの量の笹を食べないといけないというわけです。

パンダの動きがゆっくりなのも、消費カロリーを抑えているからなんですね。

 

パンダは笹による体調不良や月1の腸粘膜排泄に耐えてる

実はパンダは時々腹痛に悩まされているようです。

これは、やはり餌となる笹の影響です。

 

決して毒ではないのですが、繊維質が多くて硬い竹や笹を消化するためには

自らの腸を保護する腸粘膜が傷ついてしまうこともあります。

この腸粘膜はよくできていて、傷つくと再生する機能があるのですが

この排泄・再生する際に時々腹痛が起きてしまいます。

 

ふつうは2~3日で回復するとのことですが、

なんだか心配になってしまいます…。

 

まとめ

ゆったりした動きが可愛いらしく、

いつもゴロゴロしているイメージのパンダですが、

実はこんな理由があったとは驚きです。

 

ちなみに動物園では、栄養の偏りや腹痛を防ぐために

笹以外にもとうもろこしやフルーツを混ぜてあげているようです。

動物園に行ったら要チェックですね♪

タイトルとURLをコピーしました