飛行機でトイレ我慢するの辛い!トイレ近くて心配な人の対策法4選!

スポンサーリンク

海外旅行や国内旅行、仕事などでも飛行機をよく利用される方の中には、

なぜか飛行機に乗るとトイレが近くなり我慢するのが辛いと感じる方は多いのではないでしょうか?

特に隣の座席が友達や家族ではなく、他人だと尚更気を遣うため辛い!と感じしまいますよね。

 

私も飛行機のフライト中にお腹の調子が悪くなり、何度もトイレに行くときはとても嫌だった経験があります。

 

しかしトイレに行くのを我慢するととても身体に悪いですし、誰にでもある生理現象であるため我慢はしてはいけません。

 

 

そこで今回は、飛行機に乗るとトイレが近くなって心配な人のための対策方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

飛行機内のトイレ行きづらい→「気持ち良い声掛け」で乗り切ろう

 

フライト中に何度もトイレに行く際に隣の人に対して、とても気を遣いますが我慢してはいけません。

 

ずっと座っているとエコノミー症候群にもなりやすくなるため、立ち上がって歩くことは大切なのです。

 

トイレに行く際に隣の人への声かけを気持ち良い声かえにすることでトイレにも行きやすくなります。

 

 

例えば、

「すみませんが、トイレに行きたいので前を失礼します。」

 

「すみません。トイレに行きたいのですが、通して頂けますか?」

などの声かけです。

 

無言で何度も前を通るのではなく、気持ちよい声かけを心がけて相手に伝えましょう!

 

 

また、客室乗務員に相談することもオススメです。

 

 

トイレを何度も行きたくなる旨を伝え、座席の配慮をして頂けないか相談してみてください。

 

 

それでは次に、飛行機の座席の選び方についてもお話しします。

 

 

飛行機は「トイレ近い場所」「通路側の席」を選んで安心フライトを~

 

 飛行機に乗ったらトイレが近くなり心配な方は、

座席のチケットを取るときに、トイレの近い場所や通路側の席を選ぶことをオススメします。

 

このような座席であれば、他人も気にすることなくトイレに行く心配も減ります。

 

また、トイレに何度も行くことがそれでも心配な人は

 

隣の人が座席から立つタイミングでトイレに行く事もオススメです。しかし、我慢しすぎは良くないため臨機応変に対応してください。

 

 

まとめ

飛行機のトイレが心配なときは

 

  • 隣の人への気持ちよい声かけ
  • 客室乗務員に相談する
  • トイレの近い場所や通路側の席を選ぶ
  • 隣の人が立つタイミングでトイレに行く

 

この4つを参考に、快適な空の旅を送ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました