無知?ケチ?婚約指輪お返しくれない彼女にガッカリ!結婚不安だぜ!

スポンサーリンク

結婚することを約束する“婚約指輪”を渡したのにお返しがない

ということに少し期待外れと感じた方、いますか?

 

私が結婚する際、婚約指輪のお返しには

ネクタイなどをお返しするというのが常識だったように感じます。

お互いの価値観が違ってくると、

結婚してから大丈夫か?と少し心配になりますよね。

 

しかしこの場合、もしかすると

「お返しをする」ということを知らない彼女…なのかもしれません。

 

一度彼女にも話をして聞いてみるというのもよいですね。

 

近頃ではお返しが無いということも聞きますから、それなのかもしれません。

 

男性からしてみると精いっぱいの気持ちの表れですから、

何か彼女からお返しをしてほしいなと思います。

 

 

スポンサーリンク

近頃は婚約指輪お返し無し カップルで決める形式は自由

時代の流とともに、結婚の際のセレモニーがどんどんと簡略化してきています。

 

それにより、指輪を贈らないというカップルまでいるようです。

そうなると必然的にお返しもなくなります。

 

また、お互いで話し合って物を贈りあうことは無しにするということを決めたり、指輪はありでも記念品は無しにするということもあるようです。

 

記念品に対しては頂いたものの半額を返すということが一般的ですが、

頂いた気持ちを汲んで何かお返しをするほうがよいでしょう。

 

それぞれのカップルの事情や価値観により、様々なパターンがあるようですが、

お互いの話し合いの中で、今後のことも含めしっかり決めていく必要がありますね。

 

 

婚約指輪に対しお返しはしないが結婚生活にお金まわすと二人で決めたなら幸せ

婚約指輪のお返ししないという場合、女性としては二人の結婚生活にお金を回したいと考える人も多いでしょう。

 

確かに、男性に記念品を贈ることがベターかもしれませんが、

懐の事情からそうできないカップルもいるでしょう。

 

その場合には、そのお金を新生活に充てるという考えは賢い選択ですよね。

 

結婚してみて分かるのは、生活していく上で欠かせないお金の重要さです。

 

独身の時には考えられない金額になります。

そういった場合、このお金を新生活のために使うというのは賢い考えでしょう。

 

この理由ならば、男性もお返しが無くても文句は言わないでしょうね。

 

なんて堅実な女性なのだろうかと感心するでしょう。

 

ケチなのではなくて、あくまでも節約のため

そのために記念品を贈らなかったということですからね。

 

思い出の品物よりも、お金を貯めて結婚生活に使うということは

大切なことだと思います。

 

結婚生活において、お金はいくらあっても困りません。

今すぐ必要のないお金であれば、貯めておくことも大事ですね。

 

確かに、昔からの習わしでお返しがあった方が男性も嬉しいと思いますが、

お互いの考えを聞きカップルでよく考えて決めていきましょう。

 

経済的な理由となれば、文句も言えませんから。

 

そのお金を有効的に使う方が賢いというのは言うまでもありませんね。

 

まとめ

今回は、婚約指輪 お返しくれないについて考えてみました。

 

最初に、このタイトルを見た時には時代の流れがすごく感じられました。

 

私たちの結婚を振り返ると、婚約指輪のお返しは常識的なものだったからです。

 

それに対し、現代の結婚のスタイルは簡略化が多く見られます。

 

記念品には使わず、そのお金を新生活に充てるという女性もいるようです。

お返しがないのも納得しました。

 

記念品がなくてもよいのかどうかは、お互いの価値観のすり合わせにもなるので

事前によく話し合いましょう。

 

時代とともに変わっていく様々な習慣。

中でも結婚は色々なパターンが生まれる時代になるのだろうなと感じました。

 

どのようになるのかは、そのカップル次第ですね。

タイトルとURLをコピーしました