ジモティー友達募集トラブル事例は?【出会い系・マルチ取引】に注意!

スポンサーリンク

ジモティーは、テレビなどでも紹介されている、地元の人とのつながりのサイトですね。

ジモティーは、無料なだけに友達募集のトラブルも多いです。

詐欺事件のうわさも聞き、心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

ジモティーは、投稿してすぐ募集できる仕組みのため

住所の確認や本人確認の甘さなどから、

友達募集で危ない目に遭うトラブルが発生しやすいのです。

 

運営会社もトラブル情報受付・監視などはしていますが

ジモティに、トラブルの仲裁・アフターフォローなどはありません。

すべて「自己責任」になってきます

 

まともな出会い・友人を求めるなら

ハッピーメールのように運営がしっかりしているサービスを使いましょう。

ハッピーメール

スポンサーリンク

ジモティーの友達募集が危険な理由は「仲介のみで個人責任」だから!

ジモティーの友達募集が危ない理由は、

仲介のみで個人責任だからなのです。

 

ずばり言うと、ジモティーの友達募集は、

友達を作るには適していないと言えます。

 

その理由として

友達募集に投稿されているのが

  • アダルトなものばかり
  • 年齢や性別も書かれていない
  • 宗教やマルチ商法の勧誘にあった
  • 怪しいメッセージが来て怖い思いをした等

このようなサイトでは、特に未成年が巻き込まれないか心配です。

 

ジモティーは、友達募集掲示板としては

危険性が高いのです。

 

また、ジモティーの運営サイトは、

掲示板の監視を充分にしていないという点が非常に気になります。

 

会社のサイトを見ても、

「当社は投稿などが規則にきちんと沿って行われているかを

積極的に責任を負うものでない」

という感じで書かれています。

 

なんだか、無責任な感じがしてしまいますよね。

 

このような対応では

ジモティで友達を作るべきではないと言えますね。

 

逆に、先ほどご紹介したハッピーメールでは

逆に「18才未満の利用は禁止」されています。

 

未成年を巻き込んだ不祥事も

「知らなかったでは済まされない」時代です。

 

しっかり本人確認を行っているサービスを選ぶことは

自分自身を守るためにも必要なことです。

ハッピーメール

出会い系・マルチ取引の相談・事例は「国民生活センター」

 

もしも、なにかのサイトなどで

出会い系や・マルチ系の相談や事例がある場合には、

国民生活センターに相談してみましょう。

 

国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/

 

 

マルチ取引は、

  • 健康器具
  • 化粧品
  • エステ
  • 学習教材

などで、よくトラブルが発生しています。

 

このような件で困った場合には、

国民生活センターに相談してみることで解決の糸口が見つかります。

 

働いている方でも相談しやすいように

平日バックアップ相談休日相談なども用意されています

 

何か困っていて、一人で思い悩んでしまうこともあるでしょう。

 

どのように解決していけばよいのかは、

専門・プロのチカラを借りて対応するのがベストです。

 

特に、若い世代に多いのは

出会い系のトラブルでしょう。

 

国民生活センターのホームページを見てみても、

やはりこのような事例がたくさん載せられています。

 

多くの人が悩んでいることですから、

心配せず、思い切って相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、「ジモティーの友達募集トラブル事例」について考えてみました。

 

ネットでの友達募集は多様なサービスがありますが

本当に友達を作りたいと思っている人には、

迷惑なものですね。

 

ジモティーでは、

本当の友達ができた事例も少ない様子

 

完全に無いとは言えませんが

変な人に引っかからないようにすることは大切ですね。

 

また、怪しいトラブルに巻き込まれた場合には、

国民生活センターが相談に乗ってくれます。

 

困っていることをよく聞いてもらい

どんな対策が取れるか確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました