メルカリ ニックネーム変更【注意点&デメリット】ニックネーム検索

スポンサーリンク

メルカリで使っているニックネームを変更すると、どんなメリット・デメリットがあるでしょう。

まず、あなたが
どのようにメルカリを使っているか?
によってメリット・デメリットが変わってきます。

たとえば、

メルカリは購入専用。ほぼ出品は使いません

メルカリ初心者さん(ライトユーザー)なのか

 

メルカリ出品歴3年!評価も3桁!ガッツリ稼いでいます!

メルカリの出品回数が多い、商売で使っている人(ヘビーユーザー)なのかによって、ニックネームを変更するメリット・デメリットは変わってきます。

 

そこで今回は、

メルカリのニックネームを変更する際の注意点・デメリット

トラブルや仕返しを避けるためのニックネーム変更は有効?

メルカリのニックネーム名で商品一覧を検索する方法&特定ユーザーの除外検索

について記事にまとめます。

 

スポンサーリンク

【メルカリ初心者・購入専用】ニックネーム変更のメリット・デメリット

メルカリ初心者 ニックネーム変更 メリット・デメリット

まず、メルカリ初心者さん・ほぼ購入専用の方がニックネームを変更するメリット・デメリットからお話します。

例えば、

メルカリを始めるときテキトーに名前をつけてしまった。
SNSと同じニックネームをメルカリでも使っている。
友達や知り合いにバレそう(バレた)ので名前を変えたい。

などのケース。

特に、身バレにつながる恐れがあるなら、すぐ変えてしまいましょう。

メルカリのニックネーム(HN、ハンドルネーム、プロフィール名)変更は何度でもカンタンにできます。

メルカリ初心者さんの場合、ニックネーム変更によるデメリットは特にありません。

あなたの好きな名前に変えてOKです。

 

【メルカリ出品多い・商売】ニックネーム変更のメリット・デメリット

メルカリ出品が多い,ニックネーム変更,メリット・デメリット

次に、メルカリで出品回数が多い人、商売で使っている方がニックネームを変更するメリット・デメリットについてお話します。

例えば、

メルカリでハンドメイド作品を売っている。
レア品・限定アイテム・趣味グッズをたくさん出品している。

などのケース。

コアなファンがいたり、リピーター・固定客が多い場合
ニックネームを変更すると別人と思われてしまう可能性があります。

メルカリには「フォロー機能」があるため、基本的に、気になる出品者はフォローすることが多いです。

一方で、フォローはしていないけれど、
なんとなく名前で覚えていたり見知っている場合

出品者がニックネームを変えることで別アカウントと思われ機会損失につながる懸念があります。

逆に、出品者においてニックネームを変更するメリットもあります。

SNSや他のネットショップなどと連携するためにニックネームを変更する場合は、統一感を出せたり販売力の向上につながるメリットが挙げられます。

SNSとメルカリのニックネームを同一にするのであれば、以下のコツを確認してみてください。

SNSとメルカリのニックネームを同一にするコツ(新旧ニックネーム)

メルカリ ニックネーム SNSと同じ

SNSや他のネットショップと、メルカリのニックネームを同一にしたいとき。

例えば、

メルカリでハンドメイド作品を販売してたらリピーターさんが増えてきた。せっかくだからSNSと同じニックネームに変えて統一感を出してみようかな。

などのケース。

ニックネームは変えたいけれど「別人と思われたくない」時は

「新ニックネーム(+旧名)」

しばらくの間、新しいニックネームに旧名(前のニックネーム)を添えることで、同一人物と認識してもらいやすくなりますよ。

メルカリニックネーム変更【新商品・セール情報】お知らせ代わりに使う注意点

メルカリ ニックネーム セール情報 お知らせ 注意点

また、ニックネーム変更の応用として
「新商品・セール情報・連絡事項」など、
プロフィール名をお知らせ代わりに使うこともできます。

たとえば

めもこ★週末50%OFFセール中!
めもこ【コメント返信遅れます】

など。

ただし、ニックネームに書いてある言葉を
すべての人が見るとは限りません。

また、ニックネームは変更履歴も残らないため
「見てない・知らない」などトラブルが起きないとも言えません。

重要なお知らせは、必ず「商品説明ページに記載」しましょう。

【トラブル・仕返しを避けたい】ニックネームを変更するデメリット・注意点

メルカリ トラブル ニックネーム変更

「この先また面倒な目に遭いたくない」

「トラブルで仕返し・報復などされないか怖い」などの理由で

メルカリのニックネームを変更して解決したい

と思う人もいるかもしれません。

メルカリは誰でも簡単に利用する事ができるため
様々な用途・目的を持ったユーザーがメルカリに集まっています。

フリマアプリを初めて使う「メルカリ初心者さん」を始め
「プロフ必読さん」のような独自ルールを押し付ける出品者
転売ヤーや買付業者、個人輸入や代理購入を引き受ける中国人など。

コメント欄に理不尽なことを書かれたり、取引に置いて一方的なキャンセルや返品を要求されたなど

後味の悪いトラブルに巻き込まれるケースもあります。

起きてしまったトラブルや仕返し(報復)を避けるために、ニックネームを変えるのはどうでしょう。

メルカリ ニックネーム検索はできない!但し、フォロー・取引履歴からたどることは可能

メルカリの取引やコメントなどのトラブルが起きた時。

ニックネームを変更することがどの程度効果的か、どんな注意点があるか、くわしく確認してみましょう。

まず、メルカリでは特定の相手のニックネームを検索する機能はありません

フォローしていない限り、ニックネームで相手の情報をたどることは難しくなります。

ニックネームを変えることで「自分の情報を簡単に隠せる、書き換えられる」のはメリットですね。

 

しかし、ニックネームを変更したとしても、

相手をフォローしていたり、売買した履歴やコメント欄でのやりとりがあれば、

その取引履歴から相手のプロフィールページに飛ぶ事ができます

メルカリに固定客・ファンがいる出品者の場合、ニックネームの変更をすることで、フォローや購入履歴の無い方との「ご縁が切れてしまう」のはデメリットです。

 

このため、「トラブル履歴を消したい、トラブル相手を避けたい」などの目的でニックネームを変更したとしても

過去に取引した相手同士は、お互いのプロフィールへアクセスすることができてしまう。

「トラブル履歴を消したい」「トラブルの起きた相手を避けたい」目的でニックネーム変更を考えている方にとっては大きなデメリットです。

 

よって、トラブル相手との関係を完全に断ち切りたい目的あれば

ブロック機能を使う
または
一旦メルカリを退会する

 

ブロック機能がもっとも簡単で効果的ですが、

事態がひどい場合はメルカリを退会する必要もあるかもしれません。

メルカリを退会するデメリットとしては、今まで行ってきたその他の売買のデータや評価等が全て消去される点にあります。

 

なお、メルカリでは、

2つのアカウント(複数アカウント)を持つことは規約違反でペナルティを受ける

可能性があるため、注意が必要です。

 

▼こちらも合わせてどうぞ。

メルカリアカウント2つ作ってしまった。規約違反は垢BANどうすれば?
フリマアプリとして人気のメルカリですが、複数のアカウントを取得することは規約で禁止されています。 しかし、このことを知らずにアカウントを2つ作ってしまったというあなた。 メルカリの規約では、「個人のユーザーは、複数のユー...

 

それでは次に、

メルカリのニックネーム名から商品一覧を検索する方法

メルカリ特定ユーザーを除外検索する方法

についてお話しします。

 

メルカリ ニックネームで商品一覧検索は「Google検索」!ユーザー除外検索は?

先ほど、

メルカリには特定の出品者のニックネームで検索する機能がありません。

とお話ししました。

このため、ニックネームから「出品商品一覧」を検索することもできません。

メルカリ ニックネーム 商品一覧 検索

もし、何らかの事情でメルカリのニックネームから商品一覧を検索したいときは、

Google検索で調べる方法があります

 

Google検索を使って「メルカリ 〇〇(ニックネーム)」で検索してみましょう。

ニックネームが短かったり単純な場合や、他にも同じニックネームを使っているユーザーがいる場合など、Google検索にうまく出てこないこともあります。

 

Google検索を使って「出品者のプロフィールページ」に行く事さえできれば、

その人の出品している商品一覧を閲覧することができます。

 

逆に、メルカリで特定のユーザーを除外して検索したいときは以下の方法を使いましょう。

簡単!メルカリ検索除外【ユーザー・業者・転売ヤー】除外する方法
今日はメルカリ検索除外のコツとして 特定のユーザー・業者・転売ヤーだけ除外する方法をお伝えします。 通常、メルカリで除外検索するときは「絞り込み」→「除外キーワード」を使いますよね。 でも、メルカリの除外キーワードに「...

参考にしてみてください。

 

まとめ

メルカリのニックネームは簡単に変更可能です。

メルカリのニックネームを変更するデメリットは、トラブル履歴を隠したり、トラブル相手を避ける用途には不向きなところ。

もし、「トラブルの起きた相手と二度と関わりたくない」場合は

ブロック機能を使う、または、メルカリを退会する。

メルカリは複数アカウントを持てないため、一旦退会してから、新規に登録し直す必要があるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました