タイツにパンプスって変?タイツに合うパンプスの色と垢抜けコーデ例

スポンサーリンク
AD

寒い季節になると、

パンプスにストッキングでは

足首が冷えてしまいませんか?

でも、タイツにパンプスって変か気になりますよね。

 

タイツではカジュアルな雰囲気になり、

オフィスファッションとしておかしいかもと

心配になる人もいるようです。

 

しかし、結論から書いてしまうと問題ありません。

 

タイツにパンプスでもおかしくありません。

変に見えないようにするには、

パンプスやタイツの色の組み合わせが重要です。

 

ここでは、タイツとパンプスの色の組み合わせ方や

垢抜けコーデを紹介します。

タイツにパンプスを合わせたいけれど、

悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

【タイツに合うパンプスの色の選び方】黒やベージュの定番カラー・カラータイツで遊び心

タイツに合うパンプスの色の選び方として、

基本は同じ色にそろえることです。

 

大人が履くタイツといえば、

一番の定番は黒のタイツではないでしょうか。

黒のタイツに、黒のパンプスを合わせたコーデも悪くありません。

 

しかし、黒タイツに黒パンプスは、

足元が少し重く見えがちです。

できれば、厚手のタイツは避け、

透け感のある黒タイツを選びましょう。

 

 

裏起毛で透け感もあるタイツも売っているので、

寒い季節でも温かく過ごせますよ。

 

タイツの厚さはデニールという単位で表示されています。

 

20デニール以下はストッキングといい、

それ以上の厚さのものをタイツと言います。

 

厚手のタイツは透け感がなくなり、

黒のタイツなら漆黒になります。

透け感があったほうが軽やかで、

おしゃれな雰囲気が出るでしょう。

 

黒パンプスに合わせるタイツの色選びで垢抜けコーデ

 

最近では、黒のパンプスには、

あえて黒タイツを合わせないのが主流です。

 

例えば、チャコール(ダークグレー)やネイビー、

ダークブラウンのタイツを合わせると、

黒パンプスの垢抜けタイツコーデになります。

 

 

パンプスとタイツの色を同じにしない場合は、

パンツやスカートなどボトムスの色と合わせましょう。

大人のシックなパンプスコーデも、

カラータイツで遊び心をプラスします。

 

しかし、カラータイツといっても、

パンプスに合わせるタイツのカラーは、

グレーやネイビー、ブラウンなどの定番色が無難です。

特にビジネスシーンではビビットなカラーは避けましょう。

 

ボトムスがグレー系、ネイビー系、ブラウン系でない場合は、

タイツは黒かチャコールを選びます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coin(@coin__301)がシェアした投稿

 

コーデのルールが分かれば、

タイツコーデを垢抜けさせるのも簡単です。

冬のファッションを大いに楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

 

タイツでパンプスが滑る…バックストラップカバーソックスを履けばパンプスでタイツも滑らない

タイツとパンプスのコーデで、

悩むのは色のことだけではありませんよね。

タイツでパンプスが滑ってしまうことがありませんか?

 

タイツでパンプスが滑る人は、

タイツの上にバックストラップカバーソックス

履いてみましょう。

 

 

カバーソックスはパンプスを履いてしまえば、

見えなくなるので、コーデに影響しません。

タイツと同じ色のカバーソックスを履いてみてくださいね。

 

まとめ

パンプスコーデにタイツを合わせると、

野暮ったくなりそうで悩んでしまいますよね。

 

垢抜けさせるには、色合わせが大切です。

グレーやネイビー、ブラウンのパンプスの場合は、

同系色のタイツにすることで、足長効果も狙えます。

 

黒のパンプスの場合は、

あえて黒タイツにしないほうがおしゃれです。

ボトムスと色を合わせて、

グレーやネイビー、ブラウンのタイツを選んでみましょう。

ファッション・ブランド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
メモっとこ
タイトルとURLをコピーしました