告白にはタイミングが大事?大学生ならではの告白エピソード!

スポンサーリンク

大学に入り、イベントやサークルで

好きな男性に巡り合った。

 

なんとか告白はできないものか……

 

緊張と不安もありますが、

誰かを好きになるのは嬉しさと楽しさもあり、

素敵な出来事だと思います。

 

好きになったからには

何も言わずにお別れとなってしまうより、

好きという想いを言葉にして

伝えておきたいですね。

 

告白はタイミングが命

 

それはどんなタイミングなのか、

また、大学生ぐらいの若い男性が言われて嬉しい

告白の言葉を紹介していきますので、

参考にしてみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

絶対成功する告白タイミング!女性からの告白成功例厳選4個!

告白を考える場合、

絶対に気にしなければならないのがタイミングです。

 

忙しい時に告白をされたり、

全くムードのない場所で告白をされたりしても

誰も気持ちがグッときませんね。

 

告白を成功しやすい・されやすいタイミングをまとめました。

 

 

シーズンが大事

バレンタインやホワイトデーなど

イベントをきっかけに告白する方もいるでしょう

 

周囲が盛り上がっているイベント時は

気持ちも盛り上がりやすいものです。

 

夏休みに恋人と一緒に海水浴や花火大会を楽しみたい

 

クリスマスには恋人と過ごしたいので

その前にお付き合いできたらしたい。

 

そう思う方も多いので、そういったシーズンの前だと

告白が成功しやすいとされています。

 

大学生の場合はテスト期間もあるので

そういった忙しい期間は避けることも重要です。

 

 

出会ってから3カ月未満が良い

好きになってからというもの、

気持ちがいつも好きな人の方を向いている……

 

良いことです。しかし、時間が経過するにつれて

気持ちが傾いていく場合がありますので、

出会ってから3カ月未満で

勝負を決める方が多いとのことです。

 

告白はタイミングも大事ですが

自分の気持ちが燃え上がっている時に行った方が、

ありのままの気持ちがストレートに伝わることでしょう

 

 

日が暮れてからの方が良い

告白をする時間帯に朝を選ぶ方は

あまりいないかと思いますが、

朝はやはり準備で忙しい方やゆっくりしたい方も多く、

告白のタイミングとしては

あまり好ましくはない傾向にあります

 

日が暮れてからの方が

一段落して落ち着くこともあり、

告白された場合に受け入れてくれやすいということです。

 

デートをした場合の告白は、

出会った日中よりも、一日を楽しんだ後に落ち着いた

二人だけの空間でする方がいいでしょう

 

 

メールではなく、直接会って

意外にもメールやラインで

告白する方が多いと思われましたが、

実は、告白は直接会ってする方が多いということです。

 

文章だけだとやはり伝わりづらく、

気持ちがこもっていないと思われるので

告白は直接本人を前にして伝えたいところですね。

 

緊張感も後押ししてくれるので

成功する確率が上がると言われています。

 

 

 

告白はタイミングが命!!男性がぐっとくるキラーワード3個!

告白を受ける男性にも、

女性に言ってほしい言葉があるとのこと。

 

定番ではありますが、男性はストレートに言ってくれないと

わからない場合があるので、

定番の言葉選びも大事なことです。

 

 

ずっと好きだった、付き合ってほしい

率直に自分の想いを伝えるのが男性には一番響きます。

 

自分を想ってくれていた、こんな自分と付き合ってほしいんだ

と思わせることで、男心をくすぐることができるでしょう。

 

告白は飾り過ぎないこともポイントです。

 

 

一緒にいたい、帰りたくない

女性からのわがままのようなお願いのような言葉ですが、

女性からのお願いに男性は弱いものです

 

自分といるために帰りたくないなんて

わがままを言われると、

男性としては受け入れてあげたくなってしまうようです。

 

 

好きでもいい?

かわいらしくたずねるような言葉も男性には響きます。

 

好きな女性からおねだりのように甘えられれば、

男性としては答えてあげたくなってしまうのです。

 

 

 

まとめ

 

告白を成功させる秘訣は、気持ちが最高潮の時

そしてお互いに忙しくない時

気持ちが落ち着いている夜に行うのがベストというところです。

 

タイミングを整えるのがなかなか難しいと思われますが、

自分の都合だけではなく、相手の都合を最優先して

告白のタイミングを見極めるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました