車のエンジンかけっぱなし【30分・2時間ガソリン代】バッテリー

スポンサーリンク

車のエンジンをかけっぱなしにすることってありますよね。

しかし、その場合気になるのが「バッテリー」です。

 

車のエンジンをかけっぱなしにした場合

バッテリーは何時間持つのでしょうか?

 

結論から言うと

1時間とか2時間くらいなら十分持ちます。

 

正確に言うと、

バッテリーは関係なくて

むしろガソリンの残量(燃料切れ)に注意が必要です。

では、車のエンジンかけっぱなしで

ガソリン代はいくらくらいかかるでしょうか。

 

ガソリン代を「1L 165円」と考えると、

計算上は

30分なら78円

1時間だと155円

2時間だと310円くらいガソリン代がかかる

ということになります。

 

どのように計算したかは、後ほど紹介しますね。

 

長時間アイドリングをすることは

車体や環境にも負担を掛けますし、

トラブルや死亡事故が起きるリスクもあります。

 

ここからは、車のエンジンかけっぱなししたときの

時間あたりのガソリン代や、長時間アイドリングする際の注意点について解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

車のエンジンかけっぱなしバッテリーは何時間もつ?

車のエンジンをかけっぱなしにすると

気になるのが「バッテリー」ですよね。

 

車はエンジンをかけることで、発電機がまわり発電をします。

 

その電力がバッテリーに充電され、

エンジンの始動やエアコン、車内灯に使われる仕組みです。

 

エンジンが動いている間は発電しているので、バッテリーの電力は使いません。

 

つまり、車のエンジンをかけっぱなしなら

バッテリーは何時間でも持つ、ということになりますし、

 

むしろ、エンジンをかけたままのときは

ガソリンの残量(燃料切れ)に注意が必要です。

 

▼詳しくはこちらをどうぞ。

車のエンジンかけっぱなし何時間もつ?ガソリン・バッテリー大丈夫?
車のエンジンは、かけっぱなしだと何時間持つのでしょうか? 車の状態にもよりますが 「ガソリンが切れない限りもつ」 というのが答えとなります。 まず、車のエンジンかけっぱなしで どれくらいガソリン...

 

車のエンジンかけっぱなし【30分・2時間ガソリン代】いくらかかる?

エンジンをかけてエアコンを使っていたら、車はガソリンを消費します。

 

気になるのはガソリン代ですね。

 

車でエアコンをつけっぱなしにすると

1時間で0.92リットル

30分では470ml

2時間だと1.8Lほどガソリンを使います。

 

ガソリン代を「1L 165円」だと考えると、

 

1時間155円

30分なら78円

2時間だと大体310円ほどになる、ということです。

 

▼詳しい計算式はこちらをどうぞ。

車のアイドリング、エアコン1時間バッテリー大丈夫?1時間いくら?
車を停車中にエアコンをかける場合、 「アイドリング」させますよね。 アイドリングとは 車のエンジンをかけっぱなしにすることで、 バッテリーが上がるのを防ぐ事ができます。 では、アイドリング中にエ...

 

車中泊で一晩中カーエアコンを使ったらガソリン代はいくらになる?

また、車でエアコンを使う場合には

「車中泊で一晩中エアコンを使いたい」ということもあるかもしれません。

 

仮に、車で10時間エアコンを使うとなると

ガソリン代は「1550円」となります。

 

結構なお値段がしますね。

 

このように車のエンジンのかけっぱなしは時間が経つほど、

車体にも経済的にも負担がかかるので注意をしましょう。

 

車のエンジンをかけたまま休憩のデメリットと注意点。エアコンはアイドリング必要

 

車のエンジンをかけたままの休憩をすると以下のようなデメリットがあります。

 

・ガソリンを消費する

・バッテリーが上がる

・トラブルに巻き込まれる可能性がある

・事故につながる恐れがある

 

気をつけたいのが、車のエンジンをかけたままのトラブルです。

 

特に車中泊をする場合、エンジンをかけたままにしていると、

騒音や排気ガスによってトラブルになってしまうことがあります。

 

その結果、道の駅などの施設でも「車中泊が禁止」になっている場所も多くなっていますね。

 

また冬には、排気ガス口が雪などで埋まってしまって、ガスが逆流し、

車内で一酸化炭素中毒になる死亡事故も発生した事例もあります。

 

車のエンジンをかけたままの休憩はできるだけ短くして、

安全に車を使うようにしてくださいね。

 

まとめ

車のエンジンですがかけっぱなしにするとバッテリーは10時間ほどで切れる事があります。

ただこれらはバッテリーの状況や車内設備の環境によって変わります。

もしエンジンをかけないでACC電源のみで使った場合には、

バッテリーは3時間も持つことはないでしょう。

車のエンジンをかけたまま休憩することも様々なデメリットがあります。

事故につながる恐れもありますので、こちらもできるだけ避けるようにしましょう。

そしてうまく車を使って、安全に乗るようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました