悲報!ボタン電池を燃えるゴミに出してしまった!どう行動すべき?

スポンサーリンク

ボタン電池を燃えるゴミに出してしまった‼

危険?ゴミ処理業者に連絡すべき?

ボタン電池には微量の水銀が含まれています。

有毒で環境汚染の観点から、埋め立てごみとして処分します。

 

誤って、1つ2つ少量のボタン電池を

燃えるゴミに入れてしまったとしても

汚染や火災・爆発の懸念はほぼ無いため、

ごみ処理業者に連絡する必要はありません。

次回から気をつけましょう。

 

もし、大量にボタン電池を

燃えるゴミに入れてしまった場合は

ごみ処理業者に連絡すると良いでしょう。

 

地域のごみ処理業者を管理するクリーンセンターの連絡先は

行政のホームページに記載されています。

ネット検索で『〇〇市 ゴミ 連絡先』など調べて

燃えるゴミにボタン電池を大量に入れてしまった件について

日時と回収場所など連絡しましょう。

 

ちなみに、乾電池と違ってボタン電池は

自治体では回収していないことが多いです。

 

『一般社団法人電池工業会』でボタン電池のリサイクル(回収と処理)を行っています。

家電屋やホームセンターなどの協力店に回収ボックスが置かれています。

くわしくは、『一般社団法人電池工業会』

http://www.botankaishu.jp/m/top.php

をご覧ください。

 

ここでは、ボタン電池の処分の仕方について詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

ボタン電池の仕組みを解説。新品でも絶縁のため全体に保管テープを巻く。

ボタン電池も一般的な乾電池と同様に、

プラス極とマイナス極があります。

その両方を電気回路でつなぐと、電気が流れる仕組みになっています。

 

そのため、ボタン電池は新品でも絶縁のために、

全体に保管テープを巻くことが重要です。

電極同士が接触して、電気が流れると大変危険です。

電気が流れ続け、電池が爆発(ショート)してしまいます。

 

ボタン電池を処分するときも、必ず、絶縁のために

保管テープを巻きましょう。

使えなくなった電池でも、電圧がひくくなっただけで、

電気が流れることもあります。

短時間の電流で、ボタン電池が爆発した例もあります。

忘れずに保管テープを貼りましょう。

テープは特別なものでなくてもOKです。

セロテープやガムテープ、ビニールテープで絶縁できます。

電極を完全にふさぐことが大切です。

 

ボタン電池の電極は、表も裏も全面です。

乾電池のように、上下の部分だけではありません。

完全に面をふさぐように、テープを貼りましょう

 

ボタン電池はリサイクルへ。安全に処分するには。近くの収集場所を把握。

使えなくなったボタン電池でも、

処分する時はテープを貼って、

絶縁させることを忘れないようにしましょう。

 

ボタン電池の処分方法は、住んでいる自治体によって異なります。

ゴミに出せる場合でも、他のゴミとは区別して、

ビニール袋に入れて出しましょう。

とても濡れると、電気が漏れたり腐食したりしてとても危険です。

 

ボタン電池でも、型番が「CR」「BR」以外のものは、

ゴミに出せません。

ボタン電池回収協力店にある「ボタン電池回収缶」に入れます。

 

型番「CR」「BR」のボタン電池は、

水銀を含まないため、回収の対象外になっています。

回収の対象となるのは、

型番「SR」「PR」「LR」の電池です。

これらのボタン電池は、

腕時計や補聴器、電子体温計などに使われることが多いです。

 

微量の水銀を含むボタン電池の回収は

一般社団法人電池工業会が行っています。

水銀から人の健康と環境を守る取り組みの一環の活動です。

ボタン電池は性能面や品質面の理由から、

ごく微量の水銀が使われています。

そのため、電池工業会がボタン電池の回収と処理を行っているのです。

大手家電量販店など協力してもらい、

ボタン電池回収缶を店内に設置してもらっているのです。

 

ボタン電池回収協力店はネット検索でわかります。

自分の家の近くにあるか、調べておきましょう。

回収されたボタン電池は、リサイクルに回されます。

 

まとめ

ボタン電池の電極は、表も裏も含めた全面です。

開封したボタン電池は自然放電してしまうため、

両方の前面にテープを貼って、

絶縁しておきましょう。

 

ボタン電池を処分する時も、

絶縁しておく必要があります。

使い終わった電池でも、

電極同士が接触すると電気が流れ、

発火する恐れがあります。

テープで絶縁処理をして、ゴミに出しましょう。

 

ゴミに出せないボタン電池は、

家電量販店などにあるボタン電池回収缶に入れます。

ボタン電池回収缶を置いている協力店は、

ネット検索で調べられます。

近所にボタン電池回収協力店があるか、調べておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました