新しいバスタオルの使い道6選!リメイクや保温調理に

スポンサーリンク

冠婚葬祭のお返しや、粗品や景品などで

よくいただくバスタオル。

うれしいものの、使い切れないことがありますよね。

バスタオルは乾きにくいから使わないと言う人もいます。

かと言って、リサイクルショップで、

新品のバスタオルを買い取ってもらっても二束三文。

よほどのブランド物でも無い限り

メルカリで売れるようなものでもありません。

 

せっかくのバスタオル、何か良い使い方はないでしょうか?

 

新しいバスタオルはリメイクしたり、

保温調理に活用するのがおすすめです!

新しいバスタオルの使い道を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

新しいバスタオルのリメイクおすすめは?手縫い・縫わない

子育て中のママなら、

新しいバスタオルをリメイクして活用しましょう!

タオル生地は、子供のデリケートな肌にダメージを与えないので、

子供用品にリメイクするのがおすすめです。

 

例えば、よだれかけや食事用エプロンにリメイクするのは

いかがでしょうか?

タオルをカットして、端をバイヤステープでくるむだけ。

手縫いでもOKです。

タオルだから、よだれも食べこぼしも見事にキャッチします。

 

幼稚園や小学生の子供がいるなら、

ゴム付きのタオルにリメイクするのがおすすめです。

長いバスタオルが輪っかになるように手縫いしたら、

一辺を三つ折りで縫い、ゴムを通します。

水泳の後の着替えに便利なゴム付きタオルになります。

 

家のお風呂上りの後でも、ゴム付きタオルは便利ですよ。

親子でお風呂に入っても、

兄弟がいたら、すぐには着替えさせてあげられないもの。

そんな時にとりあえず、ゴム付きタオルを羽織らせておくと、

湯冷めしにくくなるでしょう。

着替えさせるママこそ、

自分の着替えが一番最後になりがちですよね。

ママ用のゴム付きタオルも、バスタオルで作れます。

 

縫わなくてもできるバスタオルのリメイク方法

 

枕カバー

バスタオルで枕を包むだけ!

簡単にできます。

タオル生地だから肌にふれてもやさしく、

吸水性もあるから寝汗も吸い取ってくれます。

頻繁に洗濯もできるから、いつも清潔に使えます。

 

バスマット

バスマットを折り畳むだけで、バスマットとして使えます。

 

ストレッチポール

バスタオルを3枚重ねて固めに丸めたら、両端をヘアゴムで止めます。

腹ばいになって、背中や腰にストレッチボールを当てて転がすだけで、

しっかりと筋肉をほぐせます。

 

せっかくのバスタオル、家でしっかりと活用しましょう。

ネット検索すると、

さまざまなサイトでバスタオルのリメイク方法が紹介されています。

 

https://hartwell.co.jp/blogs/hartwell_voice/0008

https://www.o-uccino.jp/article/posts/43915

 

一石三鳥!保温調理にバスタオル!エコで節約おいしい

実はバスタオルが保温調理に役立つって、知っていましたか?

保温調理とは、ガス代が節約できるエコな調理方法です。

 

私は結婚祝いで保温調理鍋をプレゼントされて、

すごく重宝しています。

鍋に具材や調味料を入れて、しばらく煮込んだら、

保温調理鍋にセットして、

ほっておくだけで簡単に煮込み料理ができてしまいます。

 

でも、保温調理鍋がなくても、

バスタオルで保温料理ができてしまうのです。

具材と調味料を入れて、ぐつぐつと煮込んだら、

あとはバスタオルでしっかりと鍋をくるみます。

そして、ほったらかしで大丈夫!

しばらくすれば、味が染み込んだ煮込み料理が完成します。

 

しかも、煮込んだときにありがちな焦げ付きはありません。

ガス代も節約できます。

これはやってみたくなりませんか?

 

保温調理を成功させるコツは、

鍋のふたは穴のないタイプを使うことです。

熱を逃がさないように、鍋敷きを使うのも大切です。

隙間なくピシッとバスタオルを巻きましょう。

おいしい煮込み料理を作って、

さらに料理の腕を上げてくださいね。

 

まとめ

溜まりがちな新しいバスタオルは、

リメイクして家で活用しましょう。

 

子育て中なら、よだれかけや食事用エプロン、

ゴム付きタオルにリメイクするのがおすすめです。

手縫いで作れます。

 

縫わなくても、枕カバーやバスマット、

ストレッチポールにリメイクもできます。

バスタオルで鍋を包めば、保温調理もできちゃいますよ。

 

わがやは保温調理鍋を使っていますが

バスタオルで包んでも同様の効果が得られますよ。

おでんや豚汁、ビーフシチューなど朝のうちに仕込んで、

帰ってきたら料理ができ上がっている!

忙しいワーキングママの救世主的存在です。

使っていないバスタオルがありましたら、

ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました