山芋が変色!紫色でも食べられる?酸化を防止。変色山芋アレンジ料理

スポンサーリンク

すりおろした山芋が変色してしまうことありませんか?

見た目が悪く、本当にがっかりですよね。

山芋は、紫色に変色しても食べられます。

山芋が紫色に変色するのは、空気が触れたことに寄る『アク』が原因です。

 

山芋の変色を防ぐには、すりおろす前に酢や塩水に浸けておくこと。

これで山芋の変色を防げます。

 

陶器製のおろし器を使うのも、変色を防ぐのに有効ですよ。

 

ここからは、

すりおろした山芋の酸化と腐敗を見分ける方法

山芋の作り置きレシピをご紹介します!

 

スポンサーリンク

山芋の変色を防止するには?変色しても食べられる。酸化と腐敗の見分け方

すりおろした山芋は真っ白で、ふわふわとろとろ!

しかし、いざ、食べる時になると、もう茶色っぽくなってしまっていませんか?

茶色だけでなく、時には赤やピンク、

紫色、黒っぽくといろんな色になることがあります。

 

実は、山芋に含まれるポリフェノールオキシダーゼという酵素が

酸化したことが原因です。

特に、すりおろすという工程は、

山芋に含まれるポリフェノールが一斉に空気にさらされ、

あっという間に酸化が始まってしまうのです。

 

また、金属に触れることによっても、

変色が始まることがあります。

そのため、おろし器は金属製のものより、

陶器製やプラスチック製のものを使用するのがおすすめです。

山芋の変色対策になります。

 

また、酢水や塩水に山芋を浸けて、

変色を抑制する方法もあります。

皮むきした山芋を5~10分浸してから、すりおろします。

酢水や塩水に浸けると、ポリフェノールの酸化を抑え、

変色しにくくなります。

レモン汁をたらした水でも、変色防止対策ができます。

 

実は、一度変色した山芋は加熱などをしても、

もう元通りの色に戻ることはできません。

面倒でも、山芋を料理に使う時は

必ず、変色防止対策をしておくのがおすすめです。

 

でも、もし、変色した時は腐っていないか確認してみましょう。

臭いに違和感があったり、ドロドロに溶けたりしている時は

腐っている可能性が高いです。

腐っているものは加熱しても殺菌にはならず、もう食べられません。

潔くあきらめて、処分してくださいね。

 

変色しても、腐っていない場合は食べられます。

しかし、見た目が気になりますよね。

そんな時にも便利なレシピを、次では紹介します!

 

山芋の作り置きレシピ3選!変色してもカモフラージュで美味しく!

変色してしまった山芋のすりおろしは、混ぜて使うのがおすすめです。

混ぜてしまえば、変色には気づかれませんよ!

そんな便利なレシピを3つ、紹介します。

 

山芋の作り置きレシピ①山芋の梅おかか和え

1つ目のレシピは、山芋の梅おかか和えです。

鰹だしに、ペースト状にした梅干しを混ぜて、タレを作ります。

それを、すりおろした山芋に和えたら完成です。

ほんのり変色した山芋でも、梅肉の色でごまかせます。

白いご飯の上にかけたら、美味しい朝食メニューになりますね。

仕上げに、細切りにした海苔や青じそを添えるのもおすすめです。

 

山芋の作り置きレシピ②明太とろろのしらす丼

2つ目のレシピは、明太とろろのシラス丼です。

すりおろした山芋に、中身をしごき出した明太子を混ぜます。

さらに、マヨネーズと醤油で味付けをします。

丼ぶりにご飯をよそい、刻みのりを散らした上に、

明太とろろをのせます。

最後に、シラスと貝割れ菜を散らしたら、完成です。

明太とろろを冷凍保存で作りおきしておくと、

いつでも手軽に食べられる1品です。

 

山芋の作り置きレシピ③納豆とろろ蕎麦

3つ目のレシピは、納豆とろろ蕎麦です。

冷たい蕎麦の上に、すりおろした山芋を広げます。

さらに、納豆をかけます。

納豆の中央をへこませて、そこに卵黄をのせます。

刻みネギや刻みのり、練りわさび、麺つゆを添えたらできあがりです。

暑い季節でものど越しが良く、ツルっと食べられるメニューです。

すりおろした山芋は数滴の酢をたらして冷凍保存しておくと、

変色を防げます。

 

また、変色がひどく、ごまかしにくいときは、

お好み焼きや鶏つくね、ハンバーグなどに混ぜるのもおすすめです。

すりおろした山芋を混ぜると、ふわふわとした食感に仕上がります

いつもの料理もワンランクアップの出来栄えになります。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

まとめ

栄養価の高い山芋。

山芋をすりおろして、いろいろな料理にトッピングしている人も多いでしょう。

とろろそばに、とろろごはん。マグロの山かけも、美味しいですよね。

 

すりおろした山芋が変色するのは、酸化が原因です。

酸化を防止するには、酢水や塩水に浸けるのが効果的!

金属製のおろし器を使わないことも大切です。

変な臭いがしたり、溶けたりしている時は要注意です!!

腐っている可能性があるので、処分しましょう。

 

変色した山芋でも、混ぜて使えば、見た目は気になりません。

でも、変色しない方法をマスターして、

気軽に山芋を使った料理を作れるといいですよね。

タイトルとURLをコピーしました