飼育は危険!カタツムリをペットにしてはいけない理由は寄生虫

スポンサーリンク

子どもがカタツムリを持ってきたらどうしますか?

虫が苦手でもカタツムリなら、体はヌルヌルしていますが、貝の部分なら触れるという方も多いのではないでしょうか。

カタツムリ 飼育 ケース

ゆっくりのんびりした動作に「かわいい、家で飼いたい」という子どももたくさんいるでしょう。

 

小さくて鳴かないしカタツムリなら室内で飼っても困らなそう。

餌もたくさん食べないだろうし特に手入れも必要なくて簡単そう。

カタツムリを飼うなら飼育ケースは小さなサイズでも良さそうね。ネットや100均でも買えるかな…。

 

カタツムリを家に連れて帰ろうとしていませんか?

ちょっと待ってください!

 

おとなしく無害だと思われがちですが、

実は、カタツムリを飼うのはとても危険な行為です。

 

なぜならカタツムリの体には

危険な寄生虫が潜んでいるかもしれないからです!

 

今回は、

・カタツムリをペットにしてはいけない理由。毒はないが、寄生虫が危険。触ったら手洗いを!

・カタツムリの寄生虫は日本にもいる!万一子供が食べたら?

について、お話したいと思います。

スポンサーリンク

カタツムリをペットにしてはいけない理由。毒はないが、寄生虫が危険。触ったら手洗いを!

カタツムリ 飼育 ケース

なぜ、カタツムリをペットにしてはいけないのか。

 

先ほども言いましたが、

カタツムリには毒はないものの、体には寄生虫が多く潜んでいます。

 

特に危険なのは、広東住血線虫という寄生虫です。

 

基本、ネズミに寄生しますが、そのネズミのフンを食べたカタツムリも

同様の寄生虫に感染してしまうのです。

 

人が感染すると、頭痛や神経麻痺、筋力低下などの症状がでます。

感染虫数が多いと、亡くなってしまうケースもあるほど

とても危険な寄生虫なのです。

 

直接カタツムリに触らなくても、

カタツムリが接触した生野菜を食べて感染した例もあります。

これは、カタツムリの体の粘着物にも寄生虫がいることがあるからです。

 

傷口や粘膜からも感染するので、

カタツムリを触った手で目をこすったり、傷を触ったりしても危険です。

同様に、カタツムリを触った手で、おやつや食事を食べても同じことが起こる危険性があります。

 

ですので、カタツムリをペットとして飼育することはおすすめできません。

 

特に小さい子供がいる場合は、ケースに入れて家で飼育してしまうと、

いつ触ってしまうかわかりません。

 

かわいいと思っても、家で飼育することは避け、

外でカタツムリを触ったときは、必ず手洗いをしっかりしましょう。

 

カタツムリの寄生虫は日本にもいる!万一子供が食べたら?

カタツムリ 飼育 ケース

カタツムリからの寄生虫感染が特に多いのは、

台湾やタイ、タヒチなどの暖かい地域です。

 

では、日本にいるカタツムリには寄生虫がいないのか。

 

答えは、います!

 

日本でも、沖縄を中心に感染が報告されています。

最近では温暖化の影響で、大阪や東京といった都心でも確認されているのです。

 

寄生虫は、意外と身近な存在なのです。

 

子供がいつ、カタツムリに出会うか、わかりません。

家の庭や公園で外遊びしているときなど、少し目を離したすきに、触ってしまうこともあるでしょう。

 

では、万が一、カタツムリを食べてしまったり、口に入れてしまった時はどうしたらいいでしょう。

 

少しの間、口に入れてしまっただけなら様子を見て、

嘔吐など、体調の変化が無いかに注意しましょう。

 

しかし、万が一飲み込んでしまうようなことがあった時は、

病院に連絡して受診をしましょう。

 

体調に変わりがなければ心配ないとされてはいますが、

飲み込んでしまった場合は、一度お医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、カタツムリを飼育することの危険性についてお話しました。

 

私にも5歳の子供がいますが、

先日、車に張り付いているカタツムリを見て喜んでいました。

 

保育園でも、お友達とカブトムシやダンゴムシなど、

いろいろな虫を捕まえては観察しています。

 

しかし、それを寄生虫がいて危険だからダメと止めるのはよくありません。

 

子供はいろいろなものに触れ、観察し、学んでいきます。

これはとても大切なことです。

 

それと同時に、潜んでいる危険性を説明してあげて、

適した形で学べるようにしてあげるといいかもしれませんね。

 

カタツムリも、毒はありませんので観察する分には何も問題ありません。

 

直接触ったりしないこと、

万が一触ってしまったら、すぐに手を洗うこと。

 

これを守って、親子で楽しく観察してみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました