お金がない家庭でも子育てを楽しめる!工夫とトクする知識3選!

スポンサーリンク

子育てをしていると、お金は大変かかるものですね。

私も、自分が実家にいたときには

全く気が付きませんでしたが

上の学校に進学するためには

本当に莫大な金額がかかってきますよね。

 

子育てをし始めてから、

子供を育てていくのにはお金がかかってくるのだな

ということがよくわかり始めました。

 

子供の為にも、知っておきたいのが

お金がない家庭でも子育てを楽しめる工夫

トクをする知識ですね。

 

これを知っておくのと知らないのとでは、大違いですね。

 

今回は、

・子育てにかかるお金の不安を克服!公的な支援・サポートは?

・お金を親に借りるは最終手段!デメリットも考えて!

についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

子育てにかかるお金の不安を克服!公的な支援・サポートは?

子育てをする際には、お金がかかりますね。

 

しかし、このお金に対する不安を克服する公的な支援やサポート

どのようなものがあるのでしょうか。

 

調べてみると、まずは出産手当金です。

 

出産で会社を休んだ際には、条件を満たしていると

給与の支払いが受けられなかった期間を対象に

出産手当金が支給されます。

 

このような、手当があると

働いているママには助かる手当ですね。

 

また、児童手当もあります。

 

これは、中学卒業までの期間支給されます。

 

0歳から3歳未満は15000

3歳から小学卒業までは、10000円(第三子は15000円)

中学生は一律10000

となっています。

 

児童手当を受けるのは、子供が生まれた後に手続きをする必要があります

忘れないように手続きをしましょう。

 

我が家も、この児童手当は大変助かっています。

 

子供の将来の為に大切に貯めたり、使っていきたいものですね。

 

乳幼児医療費助成

 

こちらも、我が家でもいつも助かるサポートです。

 

各自治体で、乳幼児の医療費を助成してくれるものです。

 

小児科にお世話になることが多い、

子供たちの医療費はいつも助かっています。

 

幼稚園や保育園の補助金

 

我が家も、この補助金で助かっています。

 

次男が小学3年生なので

保育園の学費が半額になるという補助です。

 

子供が、我が家は3人いるので

このような補助金があると本当に助かります。

 

以上が、公的な支援やサポートです。

 

これらのサポートや支援があると、

少し子育てにも安心できますね。

 

利用できるものは大いに使って、

上手に子育てしたいものですね。

 

 

お金を親に借りるは最終手段!デメリットも考えて!

子育てなどの理由で、

お金がかかるということの最終手段として

親にお金を借りるということが考えられますね。

 

しかし、親にお金を借りるということは

本当に最終手段にしましょう。

 

なぜならば、経済的にも余裕のある親ならば良いのですが

年金暮らしなどをしている親には負担をかけられないからです。

 

そして、親にお金を借りるということは

デメリットも含んでいることを忘れないようにしてください。

 

デメリットとしては、

親子であってもトラブルが無いようにしないといけません。

 

自分の子供が困っているのならば、

親としてはお金を貸してくれることが多いでしょう。

 

しかし、それだからこそお金を借りるときには

親の気持ちを裏切らないようにしましょう。

 

今まで通りの仲の良い親子でいられるためにも、

親子のお金の貸し借りでも

きちんとした礼儀を持ちましょう。

 

たとえ、親子でもお金の貸し借りをする時には

契約書を作るようにしましょう。

 

これがあると、親子でも安心ですね。

 

 

まとめ

 

今回は、

・子育てにかかるお金の不安を克服!公的な支援・サポートは?

・お金を親に借りるは最終手段!デメリットも考えて!

についてご紹介してきました。

 

子育ては、親になって初めて

お金がかかるものだということを実感しますね。

 

私もそうでした。

 

このような時には、普段の生活の中でも使える

公的な支援やサポートは強い味方です。

 

また、親といえどお金を借りるときには

きちんとした礼儀をもって接すること

大切なことが分かりました。

 

タイトルとURLをコピーしました