【ママ友との付き合い方】 苦手な人をうまく交わすコツ3つ紹介!

スポンサーリンク

ママ友づきあい。

私はものすごーくものすごーく苦手です。

ママ友,付き合い,苦手

もともと、女子グループで動くことすらしてこなかった自分。

 

出産し、育児をする中で

何が一番難しかったか?と聞かれたら

私は迷わず「ママ友づきあい」と答えます!

 

いったいどうしたらうまくやってゆけるのか?

 

これについては

苦手な分、研究に研究を重ねてきました。

 

そこで、今日は、

苦手なママ友づきあいをうまく交わすコツ3つ!

についてお話します!

スポンサーリンク

その1。ママ友付き合いは「異国に来た」と思うべし!

ママ友。

子どもの為につながる友達?

いや友達ではないかも。

知り合いかも、です。

 

友達でありながら、友達でない。

仲間でありながら、仲間でない。

 

ここにママ友の難しさがあるのだと考えたりします。

 

素晴らしい出会いに恵まれたこともあります。

しかし

かなり傷つく出会いに恵まれたりもしました!(苦笑)

 

1番始めに、大切なポイントをお伝えすると

「異国へ来たと思ってお付き合いする」ということ。

 

信じられないような価値観、考え方、付き合い方から、

ずっとずっと付き合えるなぁ…という出会いまで振り幅が大きいのです。

 

これがすぐ分ればいいのですが、

意外なところでわかってきたりと、

中途半端な距離感になる分、見えにくい場合も多い。

 

そしてトラブルにつながったりしやすいです。

 

とはいえ、

「しまった…」と気づいてから

急に距離をとるわけにもいかないのが

お母さんづきあいの難しいところ。

 

子どもの為にも、

よけいな面倒を増やさないためにも

異文化には出来るだけ穏やかに、うまくシフトしていくことが肝心。

 

住めば都、地獄も住処、

虎穴に入らずんば虎子を得ず‥?!です!

あなたはあなた。私はわたし。

組織だったママ友世界もあるでしょう。

普通の幼稚園における派閥的ママ友づきあいもあるでしょう。

 

そこには様々な思い、感情、考え、行動がひしめきあっています。

 

でも、イチイチ闘って

正しい間違っている合戦を

やり始めたらキリがないでしょう?

 

賢くママ友世界を渡っていくには

「あなたが、どんな考え・価値観を持っていても、ご自由にどうぞ。

私にも、自分の好きなもの・大切にしている考えがある。

お互い、自分の思うように生きればいいのよ。」

 

相手に振り回されるのではなく

自立した1人の個、1人の自分でいられるかどうか?

 

ここがカギになってきますね。

 

これは、ママ友づきあいに限らず

子育てにも通じるところがありますね。

 

子供や旦那、義母の

一挙手一投足に振り回されていては、

あなたの身が持たないでしょう?

 

相手は相手。自分は自分。

 

ここを肝に命じてください。

その2。めんどくさいママ友とのランチは場所選びを一工夫!

ママ友,苦手,ランチ,場所

「ママ友とランチ、めんどくさいなぁ…」

 

ということは、おそらく

自ら誘ったわけではなく

 

相手側から誘われたのではないでしょうか?

断りきれなかったのではないでしょうか?

 

断れれば、苦労しないのがママ友づきあい。

 

とはいえ、これまた

断るのが難しい場面も多いわけです。

 

基本的には面倒なママ友とのランチは

断るを第一選択にしていいと思います。

 

でも、やんわり断っても通じなかったり、

繰り返し断り続けているし、これ以上は…

致し方ない場面も多いと思います。

 

そこで、

ママ友ランチの店選びがコツになってきます!

 

まず、じっくり話し込めるような

空気が流れている場所は、絶対避ける!

 

「うちの自宅でランチしない?」もできるだけ避けます。

 

「次はお宅で」

なんて言われたら大変ですからね(^^;

 

言われても構わない相手ならいいのですが、今回は違います。

なにせ相手は「めんどくさいママ友」なのですから。

 

それでも、どうにもこうにも自宅ランチパーティーに行かねばならない状況になってしまったのなら

 

誘われた際、または当日に

「今日◯時から用事がある」ことを伝え、

早目においとますることをおススメします!

 

ママ友づきあいには

「心理的な距離」が必要不可欠です。

 

「心理的な距離」が不自然に近くなってしまうような

不安定な場所は避けることをおススメします。

城下町ではタクシーを自宅前につけない

だいたい、あまり親しくない人を

自宅に招くのはちょっぴり抵抗がありませんか?

 

私は武士文化が根強く残る

城下町文化のもとで育ちました。

 

「タクシーも自宅前につけない」という文化でした。

不思議じゃないですか?面白いですよね。

 

自分を「丸見え」にしないのです。

つまり丸腰にはしないのです。

 

ある一定の距離を置き、

よく相手を見ながらお付き合いする。

 

素性の知らないタクシー運転手にも

自宅は曖昧なままにする、そんな文化でした。

 

「昨日の味方は今日の敵」だった武士世界。

 

控えめに控えめに、しかし

けして礼儀を怠らずお付き合いする文化だったわけです。

 

礼儀を怠ることは、武士にとって

自らの弱点を見せることにつながるし、関係を壊すためです。

 

なにか計算高くて、イヤな感じもしますが…

 

逆をいえば

お互いが守られる距離感で付き合うことが、大事なわけです。

 

侍が切り合いにならないように

守られた一定の距離感が必要なわけです。

 

ママ友と外食するなら、出入り自由なファミレスで!

話が少しそれましたが・・・

 

外食であれば

いつでも抜け出れるような気軽さがある

そんな空気感があるカフェやファミレスなどがいいでしょう。

 

特に、ファミレスなら

個別会計も普通にお願いできますから気持ちも楽ですね。

 

そして、出来れば

「ママ友と二人きり」は避けます。

 

他に誘えるメンバーがいないか、考えるわけです。

日程の約束などに少し時間をかけ、メンバーを探すのです。

 

値段設定も相手に合わせるのが無難です。

いくつかお店をあげてもらい

こちらもお店を考えてみる、という感じ。

 

相手の選択が、あんまり高価であれば、

他の選択肢をあげてもらうのもいいかもしれません。

その3。距離を置きたいママ友とのランチ、おすすめの選び方は?

ママ友,苦手,ランチ,おすすめ

メニュー選びも大切ですよ!

 

「彼女とは距離をおきたい」と考えているわけなので

ダラダラ食べ続けなくてはならないメニューや

コース料理なども避けると良いでしょう。

 

サンドイッチなどの軽食だけ

時間もかからずに済むランチメニューが無難です。

 

パン系のセットやパスタなどで済ましてしまうのがおススメですね。

 

ある程度「2時間くらい」など

目途をもって過ごすといいと思います。

 

ついつい長居になってしまうのはキツイです。

ママ友会話のコツ「聞き役に徹する。批判は同意しない」

また、食事中も

相手の話の聞き役に徹するイメージで会話をするのが無難です。

 

特に注意が必要なのは、

その場にいない他人の批判・文句などになったら

「そうなんだ」「あんまり付き合いがないからわからなくて」など

やんわりと、でも、同意がない返事がいいでしょう。

 

決して同意しないこと。

相手が物足りなさを感じても仕方ないと割り切って。

 

今はSNSなどで、

すぐにいろんな話が広まってしまいます。

 

ママ友ネットワークで広がる話の速さは恐ろしいほど。

 

批判・文句には

決して同意しないこと。

 

ぜひ心にとめておいてください。

まとめ

以上、苦手なママ友との付き合いをうまく交わすポイントなどを紹介しました。

 

ママ友。

大変な一方で、私は貴重な出会いも経験しました。

 

今でも変わらず友人としても

ママ友としても仲良しです。

 

そんなママ友とはやっぱり価値観も似ているし、

もともと話しやすかったりしています。

なので悪い面ばかりではありません。

 

でも、難しいのは本当でした。

 

ママ友で苦手な人をかわす3つのポイントとしては

 

ママ友世界は異国文化と思って、慎重に距離をおいてお付き合いをする。

 

心理的な距離を保ちながら相手の理解を深め、不自然に近づくような「場」の設定などに参加は控えて付き合う。

 

苦手なママ友とのランチは長居につながらないような場とメニューを選ぶ。できれば二人きりランチは避ける。

 

以上の3つです。

 

ぜひ、苦手なママ友はうまく交わして

お互い気持ちよい距離で付き合えるように工夫してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました