簡単?おトクに?引っ越しのダンボールの処分方法3選!

スポンサーリンク

新生活にむけて、新しい街へと引っ越し。

部屋が大体片付いて来て、ホッとしたのもつかの間。

 

気になるのは、大量のダンボール!

 

「ダンボールってどうやって捨てたら良いの?」

「燃えるゴミ?それとも粗大ゴミ?」

なんて疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなダンボールの処分方法を3つご紹介します!

スポンサーリンク

引っ越しのダンボール処分方法3選!

自治体のゴミ回収に出す

一番簡単な処分方法で、しかも無料なのは

自治体のゴミ回収を利用することです。

 

お住まいの地域にもよりますが、

ダンボールは「資源ゴミ」に分類されます。

 

ビニール紐やガムテープで数枚ずつまとめ、回収してもらいます。

ダンボールの梱包方法・ゴミ回収日などは

自治体によるので、必ず確認してください。

 

持ち運びの手間がかかったり、

一度に大量に出すと近隣の方に迷惑がかかるなど、

トラブルが起きることもあるので、マナーを守って捨てましょう!

引っ越し業者に回収してもらう

もし、自分で捨てられないくらい大量にダンボールが出てしまったら、

引っ越しをお願いした業者が引き取ってくれるサービスもあります。

 

こちらは有料サービスであることが多いですが、

一気にまとめて片付けることができるので

仕事やスケジュールが詰まっている方は引越し業者さんにお願いしましょう。

回収専門業者・リサイクル会社に回収してもらう

古紙やリサイクルの出張回収会社にお願いすることもできます。

 

こちらも通常は有料であることが多いものの、

時期や枚数によっては無料だったり、

逆に買取としてお金をいただけることも!

 

また最近は、中国で日本製のダンボールが人気で

価格が上昇傾向にあるため需要と供給のバランスが変わってきています。

 

ダンボールの買い取り業者は

何社か見積もりを取って比較するのがオススメです!

 

コレならお得!引っ越しのダンボールは購入不要!

引っ越し業者によっては、

使用するダンボールが有料となっていることも多いですが

 

できれば、なるべくお金をかけずに引っ越ししたいですよね。

 

そんな時に利用できる

こんな便利なサービスもありますよ!

賢く「エコボックス」でリサイクルダンボールを活用!

スーパーの敷地内に、ダンボールが積まれた大きなボックスを見たことはありませんか?

 

その名も「エコボックス」

 

こちらはスーパーで出たダンボールだけでなく、

地域や家庭内で出たダンボールをリサイクルする回収ボックスなんです。

 

自分で持ち込めば簡単に回収してもらえたり、

誰かが投入したダンボールを自由に使用することも出来ます。

同様のサービスの中には、勝手に持ち出し禁止のボックスもありますので、注意書きをよく読んで活用してくださいね!

 

ちなみにダンボールはとても丈夫に出来ているため、

一度や二度の使用では綺麗なままであることが多いです。

エコボックスを利用して、賢く引っ越ししてみてはいかがでしょうか。

引っ越しっていくらくらいかかる!?単身一人暮らしの相場は?

ダンボールのことはわかったけれど、

実際の引っ越し料金てどれくらいなんだろう?

 

友達に聞いてもバラバラだったり、相場がわかり辛いですよね。

しかも忙しい合間をぬって、自力で何社も問い合わせるのはなかなか面倒です。

 

そんな時にオススメなのが、

引っ越し業社比較サイト!

 

住所と大体の荷物の量を入力するだけで、数社以上の見積もりをまとめて出してくれます。

最安値や空き状況などもすべてメールでわかるので、忙しい方にピッタリ。

 

例えばこんなHPがオススメです!→引っ越し侍

まとめ

いかがでしたか?

今回は引っ越し時のダンボールについてご紹介しました。

 

新生活のための引っ越しは、まさに一大イベント。

できるだけ費用を抑えて、賢くお願いできればベストですよね。

 

お住いの地域によっても値段やルールが違うので、

いろいろ調べてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました