答えはNO 側溝はみ出し駐車は違反?通報される?道路交通法駐車違反

スポンサーリンク

アパートや賃貸住宅についている駐車場って、すごく駐車スペースが狭いところがありますよね?

ごく稀に「駐車場スペース2台分(1台分は無料)」などと謳って、1台分は極端に狭い駐車スペースをあてがわれたというケースも耳にします。

もし、この狭い駐車スペースに停めて、タイヤや車体が側溝にはみ出す場合、
駐車違反にあたるのでしょうか?警察に通報されたりするのでしょうか?

 

答えはNOです。

もしかしたら、迷惑がって警察に通報する人はいるかもしれません。

しかし、タイヤが側溝にはみ出していた程度で、警察が駐車違反の切符を切ることはまずないでしょう。

 

理由は、

・側溝は公道だが、駐車スペースは私有地であり、車体の半分以上が私有地内に入っていること。

・側溝にはみ出していても、残りの車道が3.5m以上確保されていること。

この2点です。

 

基本的に路上駐車違反で警察が介入できるのは公道に限られます。

車体の50%が公道にはみ出していなければ、駐車違反にはあたりません。

以下、もう少し詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

側溝はみ出し駐車は駐車違反?道路交通法45条「駐車禁止場所」47条「他の交通の妨害」

道路交通法で路上駐車違反とみなされるのは、基本的に以下のような場合です。

これは、道路交通法45条で指定されている「駐車禁止場所」にあたる場所ですので、今一度確認しておきましょう。

 

『駐車禁止場所』

  • 駐車禁止の標識があるところ
  • 交差点内・踏切内
  • 横断歩道や消火栓から5m以内の場所
  • バスの停留所から10m以内の場所
  • カーブや坂の頂上付近

 

加えて注意したいのが、

『駐車した車両の右側の道路上に3.5m以上の余地がない場所は駐車してはいけない』

という点です。

3.5mの幅といえば、大型車も通行できて、その脇に歩行者が通れるぐらいのスペースです。

つまり、他の車や人が通行できるスペースが確保できないほどの狭い道路には、駐車してはいけないということなんですね。

 

道路交通法第47条には、駐車方法に関しても記載があります。

『車両を駐車するときは、道路の左側端に沿い、かつ他の交通の妨害とならないようにしなければならない。』

 

つまり、道路の右側に寄せて停めたら違反。歩道に乗り上げて駐車しても違反。ということになるんですね。

 

では、側溝にはみ出して駐車したケースを、再度道路交通法に照らし合わせてみてみましょう。

その場所が、残りの道路に3.5m以上の余裕があって人や車の通行に差支えがなければ、交通違反にはあたりません。 

 

▼では私道(私有地)のはみ出し駐車違反になるでしょうか?2つのケースがあります。

私有地はみだし駐車の取り締まり!通報で警察対応する?路上駐車の基準
せまい駐車スペースしかない店舗、変形地の駐車スペースで、車がおさまりきれず、はみだして駐車しているのを見たことありませんか? せまい道路だったり、通学路だったりすると、邪魔だし危険ですよね。 私道のはみ出し駐車は路上駐車...

 

はみ出し駐車にぶつけたら過失割合は10対0!不適切駐車は過失相殺の判例も

今度は、駐車していた車に接触してしまった場合を考えてみましょう。

 

正しく駐車していた車にあなたがぶつけてしまった場合、

過失割合は10対0で、運転していたあなたの方に100%過失があります。

 

では、はみ出し駐車していた場合はどうなのでしょうか?

はみ出して駐車していた車にも過失があるのでしょうか?

動いている車と停まっている車が接触した場合、

基本的には、過失は100%動いていた車にあると決められているのです。

 

ですから、相手がはみ出し駐車していたとしても、過失はぶつけた側にあります。

 

しかし、これもケースバイケースで、

なかには駐車していた側の車にも過失が認められた判例もあります。

 

たとえば、駐車禁止エリアに車を駐車していたAさんの車。

その後ろを走行してきたBさんの車が、Aさんの車を避けるために反対車線にはみ出した際、対向車と接触しました。

そのときの過失割合が、Bさん8、Aさん2、となった事例があります。

多くは、はみ出し駐車であっても10対0なのですが、事故が起きた場所、駐車している場所が、駐車場なのか国道なのか高速道路なのかによっても、状況は大きく変わるそうです。

 

まとめ

 駐車スペースが狭くて、少し車体が側溝にはみ出して駐車していた場合、周辺条件にもよりますが、多くの場合は駐車違反にはなりません。

ひとまず安心してください。

しかし、法的に違反にはならなくても、度重なれば、迷惑だと言ってくる人や嫌な顔をする人は少なからずいるはずです。

持ち家の場合は、自分の車にあった十分な駐車スペースがないと車庫証明の許可がおりません。

しかし、アパートや賃貸の場合、大家さんや管理会社が車庫証明書類を代行することもあり、自分の車に比べてあてがわれる駐車スペースが狭いことも多々あります。

駐車場つきの賃貸物件は特に注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました