長持ちの秘訣!ブーツのお手入れ大丈夫?知っておくべき2つの方法!

スポンサーリンク

冬場の女性のおしゃれと言うと、

真っ先に思い浮かべるのが

ブーツという人も多いでしょう。

 

足元を温かくできる上に

おしゃれなものが沢山店頭に並びますね。

ショートブーツが流行る年もあれば

ロングブーツが流行る年もあります。

 

ちなみに、私は

ロングブーツにも挑戦してみましたが、

あまり相性が良くないので

根っからショートブーツ派です。

 

しかし、お気に入りのブーツを

履いているときには

ブーツのお手入れが大切になります。

 

そこで、今回は

お手入れの方法で2つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ブーツを長持ちさせるお手入れなら、ワックスは絶対必要!

ブーツを長持ちさせるお手入れなら

ワックスは絶対に必要になってきます。

 

ブーツをピカピカに磨き上げるコツはこちら

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

 

ブーツになぜ、

お手入れが必要なのかというと

外を歩き回ったブーツには

汚れや傷などがついています。

 

その時に、目立っていなくても

その汚れや傷が積み重なると

カビが生えたりひび割れしたりします。

 

特に、ロングブーツの場合には

形が崩れてしまったりトラブルを起こしてしまうのです。

 

そうならない為にも、お手入れが必要なのです。

 

お気に入りのブーツを

できるだけ長い間使いたいですものね。

 

ブーツの主な素材は

革や、ムートン、スエードと言われるものです。

 

革素材のものは、型崩れしないように

ブーツキーパーに入れるようにしましょう。

 

柔らかい布にクリーナーをつけて、

ブーツに伸ばして汚れを取りましょう。

 

本革は、オイルやワックスを使い

乾拭きすると艶が出ます。

 

このように、きちんと

お手入れをしておくと

カビが生えたりひび割れは起こりません。

 

私は、ブーツのお手入れは

このようにきちんとあまりしたことはありませんでした。

 

確かに、型崩れしてしまったことが何回かありました。

 

今回調べて、ブーツの素材にあった

お手入れ法があることが理解できました。

 

ブーツのお手入れの大切さを改めて感じました。

 

べロア?革?種類別ブーツのお手入れ!

ブーツには

ベロア本革・スエードなど

種類がいろいろありますよね。

 

その種類によっても、

ブーツの手入れ方法が色々とあるのです。

ブーツの素材、スエードとベロアの違いは?

スエード

皮革の裏側を傷つけてけば立たせる方法でできた素材

 

ベロア

1本糸で編まれた、なめらかな生地

 

一般的には

毛足が短いものをスエード

毛足が長いものをベロアと呼んだりします。

 

では、種類別ブーツの手入れ方法について

いくつか挙げてみます。

 

ブーツのお手入れ、おすすめはミンクオイル!

手入れ方法は、2ステップです。

 

1.ブラシでブラッシングをします。

 

2.保革と防水をして完了です。

 

革の場合は、まずは、

ほこりなどをとる掃除をしましょう。

 

ほこりや汚れがついていると

そこにクリームなどを塗ると傷ついてしまいます。

 

また、汚れが残っているとカビの原因にもなります。

 

その時に、塗るオイルとしては

ミンクオイルがおすすめです。

 

皮革に、適量の油を補給します。

 

つけすぎると、カビの原因になりますので気を付けてください。

 

その後

しみこみ切らなかったオイルをふき取り

防水スプレーをかけたら完了です。

 

以上のような方法で

種類によってお手入れを変えてみてくださいね。

 

まとめ

 

今回は、

ブーツを長持ちさせるお手入れなら、ワックスは絶対必要!

べロア?革?種類別ブーツの手入れ方法!

についてご紹介してきました。

 

私は、ブーツは履きますが

本革などのものはあまり

履く機会がなかったので

知らないことばかりでした。

 

やはり、お気に入りの

ブーツを長く履くためには

お手入れは大切なことだなと感じました。

タイトルとURLをコピーしました