新社会人こそ貯め時!1年で50万円貯金できる一人暮らし術!

スポンサーリンク

新社会人!いよいよ毎月

定額の給与が手に入りますね!

 

「頑張った自分にご褒美!」ということで

ついつい好きに使っていて貯金がない!

と焦ることありますよね。

一人暮らしで、貯金。

実際は難しいことも多いです。

 

でも、やっぱりしたい貯金。

同世代の人がどれくらい貯蓄を

しているのか気になりますよね。

 

また、どうしたら貯金が出来るのか?

一人暮らしの貯金について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

みんないくら貯めてる?新社会人の貯金平均公開!

家計の金融行動に関する世論調査

[単身世帯調査]平成29年調査結果

によると、

 

年収300万円以下の

20歳代の平均貯蓄の額は69万円。

 

毎月5万7500円を貯蓄していることになります。

 

もし一人暮らしをしているとしたら、

かなりの金額です。

 

ここまで貯められないとしても

どうしたら貯蓄できるのでしょうか?

 

新社会人!一人暮らしで貯金をするコツは?

まず、

自分の収入と支出をしっかりと把握する

これが大切です。

 

収入は毎月決まっているので

すぐわかると思います。

 

大事なのは支出。

 

まずは毎月決まった支出を把握します。

これを「固定費」といいます。

貯金のカギは「固定費の見直し」から!

家賃、光熱費、交通費、

車を持っていればローン額、

スマホなど通信料金、

習い事をしていれば月謝。

 

本当に必要なものか?削れないか?

安く押さえるプランはないか?

 

固定費は「たった1回見直す」だけで

長期的に支出を減らせるので

貯金しやすくなりますよ!

 

固定費を見直した後に

いま見直せば少し節約できる支出

「変動費」を見直します。

食費、交際費や娯楽費などですね。

固定費の支出「家賃の見直し例」

家賃は「手取り収入の30%まで」

と言われています。

 

手取りが20万ならば、6万円ぐらいまで。

 

車にかかる燃料費やローンも

結構な負担になっていませんか?

 

スマホ料金なども

オトクなSIMフリーなど常にチェックして、

安く抑えられるといいですね!

 

変動費はできるだけ

努力をしてみると意外に抑えられます。

  • コンビニへ行く回数を減らす
  • いらない電気はつけっぱなしにしない
  • 水も出しっぱなしなどに気をつける
  • 元栓をちょっと閉めてみる。

ちょっと主婦っぽくて、ケチっぽいですが、

小金持ちは金持ちだ!です。

 

これ、ホントだと思います。

結婚して実感です。

 

小金をためるのが上手な友達は

やっぱりやりくり上手!です。

 

これ、男性、女性を問いません!

 

私は一人暮らしの時、支出を把握はしていました。

 

でも、このように貯蓄に繋がるようには

把握していませんでした。

 

実際はボーナスの時ぐらいしか

好きなものを買わなかったのですが、

それも貯蓄にまわすべきだったのだろうなぁ

と今さら思ったりしています。

低額からスタート!お金を増やす道も研究する!

そして、

貯蓄をする工夫として

先取り貯金もありますね!

 

まだ金利がよかった時代の

私にとっては効果的でしたが

でも今は、超・低金利時代。

 

NISA・投資信託など

手持ちのお金を増やす方向も考えて

よく研究して貯蓄していくのが賢いです。

 

ぜひ、投資について学んでみてください!

 

私の友人は親の借金で苦労して

お金について深く研究していました。

 

今では外資や不動産などを

手堅い形で手掛けています!

 

節約にたけてゆく主婦たちも

最近は低額の投資について知識を深めています!

 

投資は人任せにしないのもコツだと思います。

 

「手数料で結局、損するから!」と

投資について知識を深めた友人が話していまいた!

新社会人必見!貯金は毎月手取りの20パーセントが理想!?

理想とされる貯蓄額。

実は「手取りの20パーセント」と言われています。

 

でも、手取りが20万だったら

貯蓄額は4万。

 

残り16万で生活するとして

家賃が6万だったら残りは10万円。

キツイですよね。

 

でも、これを3万、あるいは2万としたら

どうでしょうか?

 

貯蓄の額は、もっと低くても大丈夫。

続けることがコツです。

 

そして簡単におろせる普通口座に

貯蓄しないこともコツです。

 

一人暮らしだと、

ついつい使ってしまうこと、

ついついATMに走ることありました!

 

そんな私は

定期や定額などの貯蓄に入れました。

あとは財形貯蓄。

 

そして貯蓄も大事なのですが、

ローンについては、

計画的に考えることが重要だと思います。

 

とくに車。

地方生活だった私なので

車は必須アイテム。

でも維持費もかかりました。

 

燃費もかかったし、ローンはあるし、

車検もあるし、自動車税もあるし・・・

 

今はカーシェアリングなどもあるので、

必須でなければ、車は所持しなくていいかも、です。

 

車が必須の場合は

ローンと維持費が負担にならないように

賢く選んでください!

まとめ

私が貯蓄について真剣に後悔したのは、

実は結婚してからでした。

 

着実に貯蓄をしていた友達は

マイホーム購入時などに

負担が軽く済んでいました。

 

男性もやっぱり貯蓄上手な人は

結婚後も同様で、無駄づかいがありません。

なので、経済面は安定しています。

 

若いうちは

あまりケチケチせずに使えばいいわよ、

なんて独身時代に先輩に言われました。

確かにそういう面もあると思います。

 

でも、やっぱり

計画的にお金と付き合うスキルは

この後つづく30代、40代、50代と

ずっと活きていきます!

結婚後はとくに。

 

ぜひ、お金とステキなお付き合いをしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました